JAWS-UG Advent Calenderの18日目のエントリーです。すっかりこのブログからはご無沙汰していましたが2014年もAWSにはさまざまなアップデートがありました。このブログではAWSのWindows関連の話題について取り上げていますが、今年もそろそろ終わりということで、2014年のアップデートをAWSブログの記事からふりかえってみたいと思います。

2014年のはじめはそれほどおおきなアップデートはありませんでしたが、CloudFrontがMicrosoftのスムーズストリーミングをサポートするようになりました。

【AWS発表】Amazon CloudFrontがMicrosoft スムーズストリーミングをサポート(2/24) http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/02/amazon-cloudfront-now-supports-microsoft-smooth-streaming.html

3月にはいると、VM Import/ExportがWindows Server 2012をサポートするなどの機能アップデートがあり、仮想マシンイメージのAWS移行がより簡単にできるようになりました。VM Import/Exportはその後Windows Server 2012 R2にも対応しています。

【AWS発表】VM Import/ExportがWindows Server 2012をサポート(3/9)

http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/vm-importexport-now-supports-windows-2012.html

また、Amazon AppStreamとAmazon WorkSpacesが利用できるようになりましたが、どちらのサービスもこの時点では東京リージョンには対応していませんでした。WorkSpacesはもちろんですが、AppStreamは内部の仕組みとしてEC2 Windowsインスタンスを利用しているため、ここではWindowsに関連するサービスとしてふくめています。 320 more words