Tags » Branzino

Grilled Branzino with Corn, Zucchini and Onion

Grilled Branzino with Corn, Zucchini and Onion |

Grilled Branzino |
Serves 2

Ingredients:
1 lb Branzino, whole
1/2 lemon sliced thin
thyme (fresh), handful… 316 more words

Recipe

Stephanie & Tony's Table: Branzino With Fennel And Grapefruit

Summer Branzino

Ingredients:

1/4 lb. branzino filet, skin on

1 fennel bulb, sliced

2 tbsp. fennel leaves

1 grapefruit

2 oz. olive oil

Sea salt and pepper. 52 more words

Best Of

Grilled Branzino

Grilled Branzino

Branzino/Branzini is a type of sea bass primarily eaten in Europe. I first learned of this silver skinned beauty while on a shopping trip to a farmer’s market here in Atlanta. 438 more words

Intuitive Cooking

Seabass and silverbeet

More fish.

Seabass this weekend.

I’m trying to diversify my fish buying as much as possible, which basically means going into the supermarket and pointing at funny looking, strange sounding in Swedish, fresh fish at the counter. 298 more words

Dinner

Salt-Roasted Whole Fish Encore: Dorade Royale

After salt-roasting our first whole fish the other week and enjoying the resulting flavorful and tender branzino, we decided to try another fish this way, this time… 517 more words

Dinner

2014AW Trunk Show at Dries Van Noten Aoyama

先週末はドリス・ヴァン・ノッテンのトランクコレクションにお邪魔してきました。本国の方がはるばる日本までいらっしゃって、丁寧に今季のインスピレーション源や制作背景を1ピースごとに説明してくれてまるで美術史の講義を聞いているよう。笑。留学時代を思い出した大満足の一日でした!さて今日はそこで聞いた内容をおさらいしたいと思います。

今季は16世紀のルネッサンスがメインテーマ。イタリアのメディチ家が着ていたものからインスピレーションを受け、歴史的な絵画や文献などを頼りに今回の制作に至ったそう。普通絵画って作品自体の意味やそれにまつわる歴史的背景がわかってこそ面白いという感じがするけれど、「絵画で着ている洋服からインスピレーションを得る」という着眼点もあるんだなと面白い発見でした!

これはBranzinoという画家が描いた作品なのですが、この立ち上がっている襟が今回ドリス的な視点でデザインに落とし込まれていて、今回のシグニチャーピースの一つはこれだと思う。このタイプのシャツはメンズからも出ていました。

その他テキスタイルや幾何学的なデザインが鮮やかで印象だったのですが、それらは画家のBridget Riley, Vitor Vazarelliから着想したそうです。これらの幾何学的な絵画のジャンルを「オプ・アート」と言うそうで、これも今季のドリスのキーワードな気がしました。

メンズは割とストリート感がある仕上がりで、上記2つのテーマをクロスさせながらも、タイダイを使用したりとレイヴ感というか、遊び心が感じられるラインナップでした。

その他工房での制作秘話も聞いたり、どんな素材を使って作っているかなど、私自身インスピレーションを受けまくり!自分の作品にも是非盛り込んでみたいと思った。。

今回初めて参加させてもらいましたが、ビッグメゾンのお洋服はたしかに高いけれど、そこにはこだわりや膨大な研究量、トライ&エラーと色んな行程があるからストーリーが生まれるのだと思うし、その軌跡が商品対価なのだと思う。もう洋服という枠を超えて、作品(アート)という方が正しいのかもしれない。ストイックに追求し続けることも大変だけど、すごく勉強になりました。

丁寧なプレゼンテーションをどうもありがとうございました!

Fashion

Ole Italian

Chef and co-owner Pietro Migliaccio of Cas Antica on North Palm brings nearly five decades of culinary experience, from Florida to the Big Apple, and in talking with him, it’s intriguing to hear his wealth of insight on Italy’s regionality and context of dishes. 121 more words

Good Bite