Tags » Connectivity

You need to check out this incredibly cool map of every Internet-connected device in the world

The Internet has been such a staple of life in the United States for so many years that we may now take it for granted. However, a new map showing the density of Internet-connected devices… 212 more words

Internet

作業記憶研究-2

ここ数年の作業記憶研究の主なものをレビューしてみよう.

“Bump attractor dynamics in prefrontal cortex explains behavioral precision in spatial working memory”, Wimmer et al., 2014, Nat Neurosci

まず,Bump attractor dynamicsに関して,

Such network models can display a bell-shaped pattern of activity (

96 more words

作業記憶研究-1

作業記憶には一定の容量限界があると考えられてきた.1950年代にMillerはマジックナンバー7を提唱した.近年では,Cowanが4±1が容量限界であることを提案し,多くの神経科学研究でコンセンサスとして支持されているという現状がある.つまり,ヒトが一時的に記憶できる(注意を向けることができる)対象は高々5つで,この限界が我々の文明を形成する上での制約となっている.「どのようにして,このような生物学的な限界が決定されているのだろうか = How is the biological limit determined?」が私の主要な関心事の一つである.そして,それが解明されたとすれば,その限界は果たして克服できるものであるのか,克服されるべきものなのかという大きな問題が生じてくるだろう.脳トレは効くのか効かないのかといった論争も,この問題を前にしては生ぬるい印象を与える.

2000年代から,電気生理,神経画像研究が徐々に進展し,作業記憶容量限界の神経表象の証拠と考えられる指標がいくつか提案されてきた.しかし,「作業記憶容量限界と相関がある」,「作業記憶容量限界の増加と相関がある」というような相関関係のみが論じられ,因果関係に迫るような革新的な証拠は未だに見つかっていない.神経細胞を模倣したコンピュータの開発や,全脳規模のシミュレーションといった神経科学の応用と拡大が本格化したここ数年の状況からすると,いつまでもこのような相関関係の理解で満足していてはならないだろう.確かに,脳は少なくとも地球上で最も複雑な物体であり,その膨大な説明変数から作業記憶容量という単一の従属変数を見つけるというのは,この広い宇宙から生物を発見することにも似ている.

神経科学研究も解析手法が急速に高度化しつつある.例えば,NatureやScienceといったhigh impact factor誌に載る論文ではかなり高い確率でdimensionality-reductionを用いて,新たな発見を行っている.例えば,先週のNatureに掲載された”Neural Constraints on Learning”という論文では,因子分析を使ってpopulation coding analysisにおける神経活動空間を縮小し,その縮小した空間の内部に分布する信号からBCIを制御する学習は容易だが,その外の空間に分布する信号からはBCIを制御することは非常に難しいということが明らかとなった.このように,いくら優れたアイデアで実験を行ったとしても,それを適切な方法で解析できなければ,説得力のあるストーリーで論文を書くことはできない.少なくとも,古典的なGLM解析を使った論文がNatureやScienceに載ることは無いだろう.

作業記憶における困難の一つは,現象の複雑さとそれに対応する脳領域の多さ,その脳領域間の関係性の複雑さである.作業記憶と一口にいっても,記憶は言語,視覚,聴覚,数字,触覚,運動など感覚表象によって対応する脳領域が異なるわけであり,それが脳の情報処理にも影響する.また,作業記憶の処理は,encoding,maintenance,update,attentional source allocationなどの下位処理に分類できる.しかし,それらを分類したところで,最終的に課題の成績は正しい反応ができたかできなかったか,反応時間はいくらであったかで評価するのが普通である.したがって,ある人はmaintenanceが苦手かもしれないし,ある人はupdateが苦手かもしれない.つまり,成績を形成する要素はいくつかの因子に分類できる可能性が高く,その因子ごとに対応する神経表象があるという可能性もある.

その証拠に,作業記憶の課題成績に関連する神経表象は非常に多くの脳領域に分散して存在することが知られる.ざっと上げると,DLPFC,IPS,IFJ,basal ganglia,dACC,insula,default network,FEF.これらの脳領域は微妙に異なる機能を担っており,それぞれに成績に関与していると考えられる.そして瞑想で成績が高まるという説があるように,訓練に異なる戦略が存在しうると推測される.

Welcome to Green Bank, where cellphones are banned

Only four hours west of Washington, there is a town where cell phones and wireless internet are outlawed. Commercial radios are banned, and microwaves aren’t welcome either. 915 more words

14.0831

Paralyzed with fear.

Come to bed my dear.

She didn’t have a care.

She just laid there bare.

 

What are you to me?

I can’t even see. 111 more words

Poster Inspiration

The Case for Home Theater Ethernet

Most middle class homes have multiple mobile devices floating around. From iPod Touches to smartphones, tablets, and laptops, the average family has quite a few gadgets relying on its wi-fi wireless connectivity to get to the internet and consume social media and streaming content like video and music. 1,839 more words

Hometheater

Li-Fi   (Data through Illumination)

It’s common to experience unreliable, low level signals when you are competing for bandwidth at a conference, using wireless internet in a hotel or institute or probably hacking into your neighbor’s network. 1,231 more words

Connectivity