Tags » Electronica

Looping, doodling and digital noodling...

After the nasty Crunch! sensation coming from my wrist at work on Tuesday announced the arrival of an attack of carpal tunnel syndrome, (effectively rendering me one-handed and no bloody use to anyone) 458 more words

Blogging

Finishers / Confusion Ends


Noah Nicholsさんのソロプロジェクト。5年ぶりの新作、そしてConfusion Endsとして最後のアルバム。

離婚などここ数年で起きた出来事が反映されていて、本人が語っているようにこれまでで最もパーソナルな作品。うすいノイズや電子音、フラジャイルなギター、ささやくような声。土台になる音が大きく変わることはないけど、シンプルな弾き語りの曲があったり、時には感情を吐露するよううにひねり出すシャウトもしていたり、表現としてこれまでとの違いが伝わってくる。それだけに、歌詞の内容やサンプリングで使われている会話(おそらく奥さんやお子さんのものも)の端々から受け取れるメッセージを読み取れたらもっと深く聴けるんだろうなってくやしさすこし。

それまでは雑誌やお店で音楽を知るのが普通だったのが、2000年すぎからネットを通して新しい音楽を知るようになった頃の初期に出会った、印象深いアーティストの一人。活動期間の12年。mp3.comからはじまって、myspaceの時代を経て、いっしょに歳をとってきたような感覚すらある。いろんなことがあって、それでもまた作品をこうして届けてくれたことにありがとう。

このアルバムに合わせて、過去作品もFREE DLで公開。
* Left Lo-Fi (2006)
* Telluride Motivation (2009)

soundcloud / bandcamp / facebook

++++++++++

「ベルンの奇蹟」
第二次大戦後、母子でなんとかやってきた家族。ソビエト抑留から帰ってきた父親の苦しみと衝突。雪解けしていく父と子の関係とか炭鉱の町であることとか、「リトル・ダンサー」思い出したり。マティアスもお父さんも、浦沢直樹のマンガに出てきそうなお顔。じゃがいもをむくシーンが良かったな。あのむきかた、いい。時代背景や当時のサッカーまわりの状況が見られるたのしみと、放送日の翌日にドイツが優勝っていうちいさな奇蹟。

あとは「ギルバート・グレイプ」と「悪人」を観た。ギルバート・グレイプはマイライフ・アズ・ア・ドッグの監督さんなんだね。

++++++++++ 11 more words

News

Transistor

Transistor is an alternative pop/rock band from Athens (Greece), formed back in March 2004. Their first ever song “Living” was released on 2004, into “Blessed and Cursed” compilation album, in a “Last chance” remix by Dimitris Papaspyropoulos.

More info Transistor

Music

Zhu pt. 2

Picture source: theyallhateus.com

I wrote about the super cool producer Zhu a little while back. Here are a couple of other tracks by him that I absolutely love. 43 more words

New Music