Tags » Ines

Things Done at GW (so far)

Saturday afternoon. I was just coming back to do kayak, I really tired not only to work hard navigating on the Potomac, also because I had slept less than 6 hours to finish a paper before to go to a event organized with the International Committee of the GW Class Council. 1,982 more words

#002 INES×uniqloと運命の出会い!

わたくし、正直に言うとユニクロとはそれほど親しくない関係でした。

伊勢丹至上主義(これは今もかわらないけど)で、明日着るものがない!というときにユニクロみたいな感じでした。

だからイネスコラボの発売日も把握していなかったのです〜(これは本当に後悔)

あれは先週、何か服が欲しくて銀座に行ったとき。

どこに行っても琴線にふれるものもなく、藁をもつかむ思いでプランタンへいきました。

私は基本的に商業施設は上から降りながら見るので、ユニクロ階まで上がったとき。

フロア1/3くらいに広がるイネスコラボのコーナー!

まず手前にあったこのワンピース↓にひとめぼれ!

ベルトマークとかをしないとだいたい膝丈くらい。

白スキニーと合わせればソレっぽいかな〜なんて(身長とか体型はおいといて。。。)

ここで問題なのが白スキニー。わたくしcaolucoは結構体型コンプがございまして、足はずばり太い短足!

これが本当に嫌で、オフィスでは濃色ボトムにMIHARAYASUHIROの10cmヒールを履いて巨女になっています。

(ちなみに行き帰りはフラットシューズ。歩けますよ。)

なので膨張色のボトムズ(特にパンツ)は抵抗があり、今まで納得いったのはBrooks Brothersの白チノのみ。

余談ですがBrooks白チノ。これは丸の内店でフィッティングしたとき、本当に感嘆の声が漏れました。しっかりした下半身でお悩みの方は是非一度お試しあれ。

なのですが今回…買ってしまいましたイネスのヴィンテージチノ。

白を買ったあとあまりに履きごこちがよく、ベージュも買い足しました。

丈は長いのですが、足首までロールアップをすると雰囲気があるような気がします

しかし私淡色パンツの扱いの繊細さをなめており、購入からしばらくしたあと、とんだ悲劇を巻き起こしてしまうのです。。。

(これはまた今度かきますね。)

あとこの日買ったのは角丸襟のコットンローンシャツ(白・紺)、リネンシャツ(白)、タンクトップ(ピンク)、リネンブレンドチノ(ネイビー)。帰宅後購入商品確認のために試着していると、これまた形のよさに感動し、翌日終業後またプランタンへ走ったのですが…。なんだかんだでセットアップとワンピース(上記のものは除いて)以外はほぼ買ったんじゃないかって感じです。

エスプリ香るお洋服にはやはりフランスのお靴ですよね。ということでマルジェラさんです。

さすがに癖がありすぎてすべてのお洋服に合わせることはできませんでしたが…

んでんで話は戻りまして、このイネスコラボのお洋服、なぜこんな形がいいのかって

Postcard About a Great Friend

-“Who is the guy that is with you in all your Pictures? What’s it going on with him that you seem to be all the time with him?” 512 more words

Contrasting experiences and constructing new horizons

April 6, Sunday Afternoon. Healy Lawn at Georgetown University, the ground. I can feel the sun on my skin. Finally the weather has permitted me to not use a coat. 866 more words

{Inês} Review: O Jogo do Anjo (PT)

O Jogo do Anjo

Título Original: El Juego del Ángel
Autor: Carlos Ruiz Zafón
Tradutor: Isabel Fraga
Data: 2008 (originalmente 13 de Maio de 2008) 808 more words

Review

Spring Break: the end. The end?

March 30, 10.52 pm It’s been two weeks since my spring break but I still need to talk about it. Not only because I had moments to reflect on, but also because it has been hard to be more “academically concentrated”, in other words, to accept the fact that the spring break is done. 503 more words