Tags » Official Charts Company

U.K. Vinyl Sales To Cross Million

音楽聴くのなんかどんなカタチで聴いてもいいようなものですが、ヴァイナルが1番! と想ってしまうのは、ヤッパ年くっているからでしょうか? でもそうとばかりはいえないようで。どうも、英国内のヴァイナルの売上数が年1,000,000セットをクリアしそうだとかいう話。

BPI/Official Charts Companyのしらべによると、2014年の第3クォーター終了時で 800,000セット近く売り上げているらしく。すでに2013年の年間総売上780,674セットを上まわったとか。最重要なホリデイシーズンを残してのそれはもう、1,000,000マークを射程内にいれたとみられるとの事。

いずれにしろ、2011年337,000セット>>>2012年389,000セット>>>2013年780,674セットとアップしてのそれですから、ヴァイナルが来ているってのは隠しようのない流れといえるでしょう。尚、英国内で1,000,000セットをクリアするのはなんと1996年以来の事。つまり、18年ぶりのアクションとなります。アナログなんかレガシー・メディアだからもうすぐ消えるとかいっていたやつ、一歩前へ! (否、出てくれなくていいです(^.^;)

因みにそんな2014年英国ヴァイナル・マーケットをリードしたのはまず、アークティック・モンキーズの”AM”(2013年のトップセラーですが、そのままずっと高売上をキープ)、ついでジャック・ホワイトの”Lazaretto”、そしてロイヤル・ブラッドのデビュー・アルバム”Royal Blood”等のニューアルバム群。リイシュー再発盤として、レッド・ゼッペリンを始め、オアシス、ザ・ストーン・ローゼズ、ピンク・フロイド等の作品群、そしてアークティック・モンキーズのデビュー・アルバム”Whatever People Say I Am That’s What I’m Not”などのヒットが際だったとか。

むろん、決してそれらヒット作品”依存の”結果という事じゃなくて。1,000セット以上売れたものが、100種以上も数えられ。全体的傾向とみられます。

しかも、すでに年中行事然としている春のイヴェント”Record Store Day”の流れから、”祭”にのっかってまとめて売れたわけでもなく。売上数が最も高かったのも、秋の始め9月(月間総売上110,000セット)だったりします。ほんものですね、コレハ。

んでもって、突然嵐の如くクイズ!

前回英国内で総売上1,000,000マークを果たした1996年、ヴァイナルディスクの作品中、最も売れたものって一体何だったのでしょうか?

<答はあす>

Viewpoint

The U.K. Biggest Selling Albums Of 2014 (quarter 1 - 3)

2014年の夏、正しくはクォーター3までの…つまり1 – 9月の間、どんな作品群が英国内でヒットを果たしたのか、アルバム・セールスのランキングがまとめられたので、それを。

The U.K. Biggest Selling Albums Of 2014 (quarter 1 – 3)

1  X | ED SHEERAN
2  IN THE LONELY HOUR | SAM SMITH… 123 more words

HIT

The U.K. Biggest Selling Singles Of 2014 (quarter 3)

2014年の夏(正しくはクォーター3…つまり7・8・9月の第3四半期となりますが)、英国内で何がヒットしたか、売上数がまとめられたので、それを。

The U.K. Official Top 10 Biggest Selling Singles Of 2014 (quarter 3)

1  RUDE | MAGIC!
2  GHOST | ELLA HENDERSON
3  PROBLEM | ARIANA GRANDE featuring IGGY AZALEA… 166 more words

HIT

The Million-Selling Songs That Never Climbed To The U.K. No.1

英ヒットチャートNo.1を獲れなかった英国内ミリオンセラー・ヒットのパート2。

“Love The Way You Lie” Eminem featuring Rihanna

コチラなんか、2010年の年間総合売上第1位! ですからね。発売年のみで854,000コピーを売り、現在計1,200,000程というビッグ・ヒット。にもかかわらず、最高第2位と、もやもやするようなカタチに収まってしまいました。

“Angels” Robbie Williams

国民的スーパースターの国民的な愛唱歌。1997年の暮れからずっと年をまたがって1,160,000コピーを売る彼最大のベストセラーとなっています。けれど、トップ3にすら上れなかったという。なんと、最高第4位! 計7曲も英No.1ヒットをつくっているってのに、十八番で獲れなかったってのが、またね。

“Chasing Cars” Snow Patrol 

ウィークリー最高第6位。まァ、それはどうでもいいのですが(どうでもよくないか)、2006年の年間総合第14位というポジションを獲る程の曲となったのに、トップ5にすら上れなかったってのが、なんともね。尚同曲、それからもずるずる売れ、2007年(第34位)、2008年(第95位)、2009年(第153位)、2012年(第168位)と、計5回、英国年間総合ランキングいりするというロングセラーとなっています。

“Blue Monday” New Order  12 more words

Q

The Million-Selling Songs That Never Climbed To The U.K. No.1

当ブログ2014.9.12号のクイズの答。(速報等で相当遅れてしまいましたけれど)

英ヒットチャートNo.1を獲れなかった英国内ミリオンセラー・ヒット、それは……

マルーン5・フィーチャリング・クリスティーナ・アギレラの”Moves Like Jagger”でした。ミックがジャマしたのでしょうか? ミックジャマー……(^.^;

けれど、同作品は2011年の曲と比較的近年の曲ですが、ダウンロード・エイジとなる前からずっと辿っていくと、結構、意外な楽曲がミリオンセラーとなったのに、No.1をマークしていないケースがみられます。

というわけで、そんながっかりな英ビッグ・ヒット曲をサラッとながめてみましょう。

“Moves Like Jagger” Maroon 5 featuring Christina Aguilera

まずは、クイズの答ですね。ダウンロード数でオールタイム・トップ3へ後一歩の第4位。1,283,972コピーを売ったものの、ウィークリー最高第2位に甘んじています。しかも2011年、年間総合売上ランキングも第2位だったというオマケ付(トップはアデルの”Someone Like You”)。

“Last Christmas” Wham

今やクリスマスシーズン中、1回も聴く事なくいられたら逆に凄い程、クラシックな曲。しかし、1,680,000コピーを売り乍ら、1回もNo.1を奪っていません。ただしまだトップを獲る可能性が無いともいえず。なんせ不死鳥かってくらい、くりかえし蘇っているため。1984年の発売時、最高第2位に止まったものの、翌’85年、再エントリーし、最高第6位へ。それからというもの、トップ40エントリーのみたどってみても、1992年、2007年、2008年、2009年、2011年とマークしていますから。

“Wonderwall” Oasis

1995年発売、’90sブリティッシュ・ロックの国民的な愛唱歌ともいわれる曲。8曲も英No.1ヒットをもっている彼ら……なのに、なぜか1,320,000コピーを売り、最も当たった1番のベストセラーがトップを獲れなかったという。

なんかまだいろいろ見つかりそうですよね。というわけで、残りはまたあす。

Q