テキストの要約を作るためのAPI TextTeaserは、昨年10月に本誌TechCrunchも紹介したが、これからはオープンソースになってGitHubで入手できる。作者のJolo Balbinによると、オープンソースにすることを決めたのは、とくにAPIのスケーラビリティの問題にぶつかったからだ、という。そこで彼はAPIを取り下げ、TextTeaserを書きなおして、その自動要約プロセスの高速化を図った。そしてデベロッパには二つのプランを提供する。ひとつは、記事1000件の要約につき12ドル。もうひとつは企業向けに、記事を保存する専用のサーバを提供して月額料金250ドルだ。

http://jp.techcrunch.com/2014/06/18/20140618auto-summarization-tool-textteaser-relaunches-as-open-source-code/