インテルは12月2日(米国時間)、スティーヴン・ホーキング博士専用につくられた新しい意思伝達システムを発表した。このシステムはオープンソースであるため、世界で300万人にのぼる四肢麻痺や運動ニューロン病の患者に応用できる。ACAT(Assistive Context Aware Toolkit:援助型コンテクスト認識ツールキット)と呼ばれるこのシステムは、インテルとホーキング博士の長年にわたる協力の賜物だ。

http://wired.jp/2014/12/03/hawking-intel-system/