Tags » The Crow

Unable to Hang On

In response to The Daily Post’s writing prompt: “The Language of Things

A stained box with cheap hinges
and a broken latch
coming unglued from reckless use… 52 more words

Poetry

The Mysterious Crow

It’s a cold and dreary day in the middle of December, following a warm rainy day. A flock of gigantic, fat crows swarm my apartment parking lot this morning. 368 more words

My Life

What is Goth?

For those who maybe unfamiliar with gothic subculture….

Here is a question that has circulated around the internet and around the club scene for decades. And to be honest, there are many answers to this question that I would say are absolutely viable responses. 490 more words

Cemetaries

Diurnal Forms*

Something on the way,

Over the old,

Into the fresh,

*squeezing the lemons.

Drawing

From the Vaults - The Crow

Looking back, it was a pleasure to write this one. This is in part because I genuinely love this movie, as well as the original graphic novel. 1,186 more words

Reviews

Remembering Brandon Lee movie "The Crow"(1994)

1990年代後半のアメリカでカリスマ的な人気を博した映画「The Crow」。主人公のブランドン・リーが撮影中に不慮の事故で死んでしまったことでも有名になった。原作はジェームズ・オバーの「The Crow」というコミックで、オバー自身の体験が創作のきっかけとなっている。

オバーは18歳の時、飲酒運転をしていたドライバーによる交通事故で恋人を亡くし、その傷を乗り越えるため海軍に入隊しドイツに駐在した。海軍の戦闘マニュアルのイラストなどを描きながら、私生活では恋人を亡くした悲しみと向き合うため「The Crow」を描き始めたそう。そして、この頃目に止まった地元デトロイト新聞のある記事によって、制作の意思がより強固になったという。それは、若いカップルが20ドルの婚約指輪を盗んだ強盗に無惨に殺害されたというニュースだった。

1994年にコミック「The Crow」の実写版として公開されたこの映画は、ちょうど2000年を迎えようとする時代に呼応する世紀末の様相を呈した映像となっている。荒廃した街デトロイト、結婚式を翌日に控えた主人公エリック(Brandon Lee)と婚約者シェリー(Sofia Shinas)はギャンクたちによる暴行の末、惨殺される。一年後、エリックは復讐のためカラスに導かれ復活。要はゴーストとなって蘇り、無念の思いを晴らすというのが主な内容だ。

恋人の「シェリー」という名前から、あの「フランケンシュタイン」の作家メアリー・シェリーを思い出した。創造主である人間フランケンシュタインに絶望し、憎悪の念を抱き復讐にかられる怪物の物語は、18世紀末から19世紀初頭に流行したゴシック小説としてかなり有名な作品である。元々ゴシックとはルネサンス前の中世を野蛮なものとして表現する際に使われた言葉で、「ドイツ風の」というような意味があるそう。ゴシック建築を少し知っている人ならば、あのフランボワイアンという炎のような装飾が教会の窓や飾り格子に彫刻されているのを見たことがあると思う。

現実では許されない復讐を架空の世界で昇華させる。人が何かを創作し続けることの意味はここにある。到底癒されることのない傷であっても、映画というファンタジーの中で人はその思いを果たし、魂を新たな世界へと飛翔させるのだ。

The monster to Robert Walton:
I shall die, and what I now feel be no longer felt.
112 more words

1990s

Amanda Blue On...The Crow

Each week, one of Biff Bam Pop’s illustrious writers will delve into one of their favourite things. Perhaps it’s a movie or album they’ve carried with them for years. 635 more words

General