Tags » デザイン

クリエイターたちのロンドンの家 - 4

『クリエイターたちのロンドンの家』シリーズ4人目は②サルベージ系のアーティストカップルJames RussellとHannah Plumbの南ロンドンのお家。
JamesPlumbという名で創作活動をしており、使われなくなった古いオブジェクトを新しい目的を持ったものにクリエイトする”repurpose”(再度目的を持たせる)、”upcycle”(リサイクルではなくアップサイクル、もっと付加価値の高いものに作り替える)と呼ばれるデザイントレンドの先駆者です。 作品はDezeenの記事(→こちら)でも見ることができます。
彼らのマイホームは1840年代ヴィクトリア時代に建てられた小さなコテージ、買った当時はあまりにもひどい状態だったものを少しずつお金がたまるたびに壁や床をはがして改装してきたそう。 イギリス人は、家が古ければ古いほど、状態が悪ければ悪いほど燃える人が多いのですが(→『古いほど人気なマイホーム』)、まさにそういうタイプ。 部屋の中は小説ディケンズの時代にタイムスリップしたような錯覚が起きるほどムードたっぷり。
同じサルベージ系でも廃材の加工などにお金がたっぷりかかってそうな前回のRetrouviusのインテリアに対し、本当にお金がかかってなさそうなところがいいです(笑)。
(写真のソース:Simon KennedyLiza CorbettThe Independent

2. ビジネス・キャリア

クリエイターたちのロンドンの家 - 3

好評『クリエイターたちのロンドンの家』シリーズ、①色の祭典系(1, 2)に続いて、②サルベージ系の登場です。
“salvage”とは「救出する」「復古させる」という意味ですが、取り壊され捨てられる寸前の建築材・廃材をその名の通り救って再利用すること。 ここ10年くらいイギリスのみならず欧米で大トレンドになっています。 普段インテリアデザインのトレンドなど触れることがないThe Economistでも2012年に記事になっていました(→The Economist: Back to future)。
古い建物から救出した床材やタイル・石材などを使用したデザインでこの分野の先駆者となり熱狂的なファンがいるショップ・デザインスタジオRetrouvius、MariaとAdamという夫婦が創業者です。 建築廃材や古いトイレ・バスタブなどが二束三文で売られるreclamation yard(再生場)をお洒落な若者が闊歩する場所に変えたのは彼らの功績が大きいでしょう。
サルベージ系の人気の理由は、新品を買うのと異なり、使い込まれすでに年輪が刻まれ味が出た建築材を使ってオリジナルな自分のインテリアをつくりあげるプロセスそのものを楽しめること、「この壁材は北イングランドの学校の体育館で使われていたんだよ」などとストーリーを語れること。 格好いいけど自分でやるのがすごく難しい彼らのスタイルは著書『Reclaiming Style』で余すところなく堪能できるので、気になった方はそちらもどうぞ。
(写真のソース: 13 more words

2. ビジネス・キャリア

10年前の私

懐かしい写真を見つけた。

当時マイスペースというソーシャルコミュニティサイトが流行っていた。

それ用に用意した、自分の写真。

服は弟の自作によるもの。

ライフ

クリエイターたちのロンドンの家 - 2

『クリエイターたちのロンドンの家』シリーズ2人目はファッションデザイナーZandra Rhodes(Zandra Rhodes)。 ファッション業界で40年に渡るキャリアを持ち、南ロンドンBermondseyにファッション&テキスタイル博物館を創設した彼女は博物館のあるビルの屋上に住居兼スタジオを構えています。
私が勝手にカテゴライズした「①色の祭典系」と呼ぶのにふさわしいぶっ飛んだインテリア。 ご本人もピンクの髪でビジュアル的にぶっ飛んでいて、ちょっと草間彌生さんを思い出しました。
元倉庫だったビルを5年かけてミュージアム&住居に改装したという大プロジェクト。 産業革命発祥の地で世界の工場と呼ばれたイギリス、「モノ」の生産地が中国など人件費が安い国に流れる中で工業用途だった建物を住居にコンバージョン(用途変更)することが非常に盛んです(参考:『The Restoration Man』『廃墟に2万人が並んだ日』)。 壊さずに新たな息吹を吹き込むのが哲学。
(写真のソースはThe GuardianThe Selby… 8 more words

2. ビジネス・キャリア

クリエイターたちのロンドンの家 - 1

『21世紀の英国デザイン』では、一見すると英国っぽく見えない今のデザインを紹介しましたが、「ロンドンっぽい」デザインは存在します。 今回から数回にかけてロンドンを拠点に活躍するクリエイターのインテリアを見ながらビジュアル(視覚)でロンドンっぽさを感じて頂きたいと思います。 共通するキーワードは”quirky”(風変わりな)、”eccentric”(奇抜な)、”edgy”(先端をいく)、”eclectic”(折衷的な)です。 「ああ、何か(この人たち)自由でいいなー」と自分も殻を破ってみたくなりますよ。
そして今まで何度か書いていますが「伝統と革新の融合」はこの国に根付いているバリューなので、ほぼ全ての家で古いもの(価値のあるアンティーク品あり、ガラクタ市やeBayで見つけた二束三文の掘り出し物あり)と新しいものがミックスされているので、そこにも注目!(→『そこにしかないもの』『あなただけの家 – 2』)。
ロンドンのインテリアと言えば2009年に出版された『New London Style』が秀逸でしたが、最近出版された『Creative Living London』もとても良かったので、この2冊に出てきたインテリアが中心です。 17 more words

2. ビジネス・キャリア

まだ生きてるよ!

10年越しに使っているミニマウス。かなり小ぶりで、デザインも丸っこくて気に入っている。

おととい、一瞬、壊れたか

と思いきや、翌日捨てる前に試してみたら、普通に動いた。

まだまだ、愛着でいっぱいのマウス君。

これからも、頑張ってね!

ドイツ

地下鉄:Subway

ストックホルムにある地下鉄の青い路線は、

面白いデザインのところがいっぱい。

写真はRådhuset駅

T-bana blå linjen “Rådhuset”  station.


にほんブログ村


にほんブログ村

ストックホルム