Tags » 健康

「健康にいい」ものばかり食べると早死にします(左巻 健男)

フードファディズムへの対策本。本のタイトルと中身が若干合ってないが、科学的なスタンスで食の問題を客観的に解説している。

  • 日本人の寿命が伸びたのは、肉を食べ脳卒中が減ったから。
  • 天然物が安全とは限らない。天然の毒や、アレルギー源がある。虫の食害により「天然農薬」が増え、その中には発ガン性のものも多い。
  • 有機農法は無農薬ではない。「有機JAS」は公的認証があるが、「無農薬野菜」は認証なし。農薬を過剰に怖れる必要はない。
  • 食品添加物も過剰に怖れる必要はない。むしろ、無添加によって食中毒のリスクが高まる。
  • 玄米は消化が悪く、メリットばかりではない。
  • 遺伝子組み換え作物は安全性が評価され、すでに広く普及しているが、こぼれ種による環境汚染が懸念される。そして、商品に正しく表示されていないという疑念もある。
  • デトックスには効果はない。そして、病気を見過ごすリスクがある。
  • がん予防には、①禁煙、②飲酒するなら少し、③食塩を控える、④野菜や果物をとる、⑤熱いものを避ける、⑥運動、⑦痩せすぎない、⑧肝炎ウィルスやピロリ菌の検査。
  • 喫煙が減って肺がんが増えたので、喫煙とがんは関係ない、という説が流れたが、肺がんにかかるまでに数十年かかるタイムラグを無視していた。
  • がんは標準治療(三大療法)で治すのが基本であり、代替療法に手を出すべきではない。また、がんに効く健康食品・サプリは存在しない。
  • 活性酸素はマイナスの面もあるが、免疫機構上、必要なものである。したがって、必要以上に減らす良くない。
  • 太めが長生きし、痩せすぎは早死にする。ダイエットは体に負担をかけ、死亡率が上がる。水分による体重の増減は大きく、目先の体重を減らすと、脱水になる危険がある。
  • ダイエットに効果のあるサプリは存在しない。体重を測るだけで痩せる場合があり、行動修正療法と呼ぶ。脂肪細胞は揉んでも叩いても減らない。セルライトという言葉が出てきたら、即インチキである。
  • 糖質制限食は確かに減量の効果があるが、長続きしにくく、やり過ぎによりケトン体が増えることの安全性の検証は十分ではない。
  • 米国にて、健康にいいもの(緑黄色野菜、全穀物、低脂肪、木の実など)をスコアリングして死亡率との相関が数十年にわたって調査されたが、死亡率に有意な差はなかった。したがって、日本人が特別な健康食にこだわることには意味がないと思われる。
  • グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを経口摂取しても代謝され、患部に集中的に届くわけではないので、あまり意味がない。
  • 油について、植物油や不飽和脂肪酸が良いと言われるが、摂りすぎると動脈硬化を起こすことには変わりはない。DHAやEPAも不足が問題なのであって、過剰に摂っても健康に良いわけではない。
  • 大豆イソフラボンはホルモン様物質であり、サプリによる過剰摂取は危険である。
  • 腸内細菌叢は善玉菌、悪玉菌、というほど単純ではなく、複雑であまり良くわかっていない。
  • 野菜ジュースは製品化の工程で難溶性食物繊維やカルシウム、ビタミン等が減ってしまう。また、野菜よりかぼちゃ、さつまいも、とうもろこし等、糖分の多いものが多く使われている可能性がある。
  • 水素は腸内で作られるため、微量を経口摂取しても意味がない。
  • トクホ(特定保健用食品)は認証を取るのに数千万の経費がかかるが、認証後の調査は十分ではなく、企業側が勝手に成分を減らしたりするケースがある。いっぽう「機能性表示食品」は数百万の費用と届出だけで済み(審査されない)、その食品に特定の効果がある保証はない。また「栄養機能食品」は、ビタミンなど従来から「栄養」と認められたものが添加されていれば称することができ、安全ではあるが、効果があるとは言い難い。いずれにせよ消費者の自己責任で摂取すべきである。
  • 健康食品やサプリは、誇大広告で人を引きつけ、過剰摂取で健康被害が出ることに注意すべき。「好転反応」という言葉はインチキである。体調が悪くなったら使用を中止するのが鉄則。
読書

Kobe Bryant Slams Kanye West's Controversial Slavery Comments: 'What The Hell Are You Talking About?'

Kanye West’s off-the-cuff comments about slavery continue to generate controversy, with Kobe Bryant becoming the latest celebrity to denounce the bizarre remarks.

In a recent interview with TMZ Live… 235 more words

Celebs

如何透過設計來促進心智健康

2017/2018 史丹佛長壽中心設計競賽的主題是透過設計來讓我們養成好習慣,其實這幾年來,隨著設計風潮的興起,大家都在思考要怎麼用設計來改變人類的行為。去年諾貝爾經濟學獎得主塞勒博士雖然感覺和設計搭不上邊,但是他的推力 (nudge) 理論,在英國被廣泛應用在公共政策的設計,Mindspace就是他們焠鍊後的產物。

MINDSPACE 作為改變的核心

所謂的Mindspace並不是心智空間,而是 messenger, incentives, norms, defaults, salience, priming, affect, commitment & ego 這九個字的第一個字母所組合成的字。 他們認為要推動行為的改變,可以透過這九個不同的環節,如果能夠涉及越多部份,就越有機會造成行為的改變。那麼這九個環節分別關注哪些要素呢?

  • Messenger:到底是誰來傳遞訊息的,也就是代言人的重要性。
  • Incentives:有什麼樣的好處,必須是要能夠吸引使用者的
  • Norms:提供多數人的做法來供參考,利用了人類順從多數的天性
  • Defaults:透過預設值的設置來改變行為
  • 8 more words
"featured"

[新聞]4種簡易紅糖料理 活絡氣血、找回好氣色

很多人或許都曾聽聞吃紅糖可以溫經補血,甚至還有抗氧化、養顏美容等功效。其實這樣的說法並非空穴來風,有別於現代工業精煉的食用糖產品,以傳統方式製作的紅糖,的確有著許多保健功效。

新聞 健康 醫療 心得推薦

Healthy drink☆健康ドリンク

Hi, this is Shire. Thank you very much for coming to my room again♬

Since I started (consciously) living in Shamballa, I’ve been having the supplemental drink which people call “healthy drink.” It sounds like a sports drink such as  207 more words

Diary

我在以色列看牙医

和很多西方国家一样,以色列的牙科医院也是独立于综合医院外的专科医院,它的组织形式更像是诊所。以色列最大的牙科诊所叫maccabi, 在各个社区都有分支连锁。 12 more words

以色列漫谈

十個困擾媽咪嘅醫美問題(上)

母親的確係偉大,懷胎十月期間嘅辛苦、過五關斬六將嘅測試,無論生理同心理都面對好大嘅衝擊;以為小朋友出咗世可以鬆一口氣,誰不知「養兒一百歲,長憂九十九」之餘,仲要面對身體上嘅「突變」。

產後媽媽所面對嘅醫美問題太多,而其中十個我認為絕大部份媽媽都會經歷過,但礙於怕醜唔敢睇醫生,希望幫到你哋:

1)懷孕開始出斑
荷爾蒙斑係懷孕期嘅常見現象,有「孕婦面罩」之稱,外觀呈片狀啡褐色斑塊,對稱分佈喺臉頰,好似一隻飛舞嘅彩蝶,所以又稱蝴蝶斑,又叫做黃褐斑或肝斑。好彩嘅話,蝴蝶斑喺產後會有所減退。

2)懷孕鼻變大

又係體內荷爾蒙嘅影響,懷孕期間鼻會變大,故此陀仔有機會令鼻明顯變大,但媽媽們可以放心,生完BB個鼻會慢慢還原靚靚。

3)妊娠紋
當 BB 喺肚入面慢慢成長,羊水亦會增加,令腹部快速膨脹,當皮膚彈性纖維同膠原蛋白嘅伸張度達到極限,皮下嘅纖維組織就會斷裂形成妊娠紋。一般喺懷孕六至七個月出現,多數為紫紅色,常見於腹部、胸部、腹股溝、大腿等位置。呢啲條紋係荷爾蒙變化同物理性壓力所造成,一般會隨時間變成白色嘅紋理。現時仲未有好有效嘅醫美技術去除妊娠紋,所以預防勝於治療!懷孕後可以頻密啲用潤膚產品,例如純淨嘅橄欖油滋潤身體部位,減少妊娠紋形成。

4)媽媽手
準媽媽喺懷孕後期,體內會分泌一種荷爾蒙,鬆弛骨盆腔周圍嘅關節韌帶肌腱,等 BB 可以順利出世,但同時會影響到其他部位嘅關節,令肌腱容易受傷,形成媽媽手;產後媽媽手亦因為重複多次同樣嘅手腕動作,而姿勢又唔啱形成。預防勝於治療,抱 BB 嘅時候,應該儘量用前臂嘅力,每隔一段時間就要休息下,以免重複做太耐相同嘅動作。

5)胸部鬆弛
喺整個懷孕過程中,女性荷爾蒙會刺激乳腺令胸部增生脹大,為往後餵哺母乳做好準備。而無論係餵哺母乳定奶粉,懷孕時乳房長時間嘅膨脹,會破壞產後媽媽嘅胸部皮膚組織,失去彈性,出現鬆弛及下垂嘅現象。而且當授乳期後,乳腺會慢慢收縮,乳房嘅體積因而變小。坊間嘅乳房按摩,醫學上應該起不了長久作用。

今次講住上半 part 先,下次再同大家講下其餘 5 個大家應該更關心嘅醫美問題,記得留意!

健康