Tags » 日本語 » Page 2

North west lands end of 48 states アメリカの北西の果て

ワシントン州のオリンピックナショナルパークを満喫した我々はその後しばしアメリカの地図を見て「アメリカの48州の一番角っこに行ってみたくない?」と思い、そのまま車を走らせて一番角を目指すことにしました。

もちろん何があるのか知りませんが道はどうやら続いているようです。

そのままズンズン進み続けて、

恐らくここが角の様です。

そこにはちゃんと駐車場があり、トレッキング用の道もあります。

海に近づくにつれ辺りは湿っぽくなって、いつの間にか雨がふっていました。

ここはまぎれも無くレインフォレストです。

「車を止めて、歩いて行けるとこまで行ってみよう!」と嫁が言ったと思ったらトレッキングコースを走り始めました。

時間にして20分くらいあるいたでしょうか、そこには断崖絶壁の景色が現れました。

恐らく年中雨が降っているのか緑がうっそうと生い茂り、まるで熱帯のアジアの国のどこかにいるような感覚になりました。

断崖絶壁の端っこに海を見張らせるデッキがあるのでそこまで行って海をみてると向かいに小さな島が有るのが分かります。

すると、いつから居たのか隣に立っていた犬を連れたおじさんが

「昔、あの島には一家族だけ住んでいたんだよ。」

僕「へえーいつぐらいまで住んでたの?」

おじさん「ほんの数十年前まで居たんだよ、お父さん、お母さんとその子供達がね。」

僕「どうやって生活してたの?」

おじさん「家畜を飼って生活してたのさ。緑は沢山あるからね。」

僕「なるほど。でもどうして住むのを止めたんだろう?」

おじさん「子供達が島を出て行って、最後はお父さんもお母さんも出て行って誰も残らなかったのさ。」

僕「そうか。でもあの島での生活は退屈だろうな〜。」

おじさん「そうだな〜。」

僕「。。。。」

おじさん「。。。。。」

おじさん「子供達の一人がわしだよ。」

僕「えっ!?」

日本語

Sydney Harbor at sunset - 夕暮れ時のシドニーハーバー

I would like to share some photos I photographed Sydney Harbor from Bradleys Head.

My photography often choose the position I stand against the sun light and this time was also like that.  53 more words

Australia

Malice Mizer SHOCKWAVE '96 Bonus English Translation

I usually don’t translate anything but songs, but I have some much needed free time, and this was something I wanted to do. I usually don’t do translations by ear, but I can understand what the band’s saying and hear them all clearly, so I’m not taking a huge risk here. 237 more words

Visual Kei

affectation

Once I realized that posting my sappy poems on Facebook was too obtrusive, I stopped. I used to post every anniversary of my husband’s death. It was a cry of “Listen to me.” I now wait until someone reaches out to me. 301 more words

Blah Blah Blah -- 独り言

9.必見!イギリスの美女インスタグラマー6選

HI 皆さんお元気ですか?リリー&エリオットです。今回もブログをご覧いただきありがとうございます。今日はインスタグラムシリーズ第二弾です☻

今回も少し日本ではマイナーなところから発掘してきた...今回は6名の美女(プラス数名)をご紹介します!

1. Demi Rose @demirosemawby

バーミンガム出身の157 cm小柄でセクシーなモデルです。現在は22歳。いつもセクシーで過激な写真が多いですが笑った時のあどけない笑顔が本当にかわいいです。

2. Charli Howard @charlihoward

第二のカーラのように美しくて強い目力が特徴です。2015年10月に、自身のサイズによって解雇した英国の代理店に立ち向かい、世界的なニュースになりました。

現在彼女は、女性の体や健康に対するプロジェクトを立ち上げており、精神や身体の問題を教育する学校でチャリテイーを行ったりしています。こちらは彼女のサイトです。こういった活動をする女性には多くの女性たちが元気づけられますね。 35 more words

UK

Fish Dashi (stock) 魚出汁

海外に住んでいる日本人の多くの方が飢えているであろう出汁ですが、我が家ではおろした後の魚を日干しにして魚出汁をとってます。

日系のスーパーで手に入るものの多くは化学調味料がふんだんに使用されてますので敬遠していまいますし、日本と違って取り扱っている種類も多くは有りません。なので、おろした後の鯛、ヒラメ、鯵などの中骨をトースターで焼いてからカリフォルニアの太陽に当てて乾かしてます。日差しが強いせいか数日でカラカラになります。

いい感じに仕上がったら鍋に放り込んで、その上から最後に鰹節で香りをつけて完成です。

ちなみに本枯節はこっちでは手に入りません(手段を知りません)ので日本から買ってます。

いや〜出汁っていいですよね〜!

日本語

難しいスタート

新学年の開始は、想像していたより大変でした。学部二年生として三週目に入って、前の二週間を振り返るともうすでにいろいろある一年間になっているそうです。

とりあえず、通学する方、かなり疲れるんじゃないですか?!2週間経てもうどんどん気付いています。実家から大学への旅は、結構時間かかるんですよ。まず、実家から地元の駅に運転して、それからビクトリア行きの電車に乗って、降りたらすぐに地下鉄に乗ります。それで、北行のビクトリア線をキングスクロス駅まで乗って、それから東行のピカデリー線をラッセルスクエア駅まで、ものすごい暑くて、汗をいっぱいかく地下鉄で我慢しながら乗ります。

合計で、一日に4時間くらいかかります。授業が始まるまえに、もう今日はいろいろあったなぁと思うほど長い旅です。

でもしょうがないですね。不平するわけもないでしょう。疲れるのに、おそらく学年の終わりまでに過労死するかもしれないのに、将来のためによく貯金できます。実は、大学時代を超える長期的なプランがあります。そのプランを果たすのはまだまだ春かな将来のことなんですけど、いま我慢して経済的に気を付ければ、後は為になるはずです。

そういえば、「いま我慢して将来有益が現れる」という考え方が、実はこの学年のテーマになっているそうです。数学のコースを受ければ、一番大事の4年目で自分の才能に合うコースを選べる。いま略歴のために色々な活動をすれば、卒業したらプロフェッショナルとしても、社会人としても、いい仕事をできて社会にいい影響を与える。でも何より、いま重要な二年目を乗り越えば、来年日本で最高の留学年を楽しめるでしょう。留学年という言葉でさえ、やる気が満々となります。

全部が、いま頑張れば、将来がもっともっと良くなっていくしかない、という理想です。

大学の最終成績で4年目と共に2年目が含まれているので、第一日から努力していこうと決めて、来年の春の試験に向けてもう復習用の資料を作ろうとしています。

周りの友達も今年の大事さをわかっているようです。じょーちゃんはね、この間入院しちゃいました。低い血圧で気を失ったらしいけどあいつはもう、頑張りすぎているんじゃない?でも自分もうっかりしてほとんど同じ状態になったんですね。先週引いたウィルスのせいで一週間ずっとベッドにいるままで過ごして、食欲がなかったので体重が減ってしまいました。やっぱり、どれほど学年の障害を準備しておいても、期待していないことが深々突き刺さってくるんでしょう。

みんな倒れるほど頑張っている姿って確かに心配になるんですけど、同時にモチベーションじゃないですかね!まだ生きているなら、頑張り続ける理由があるんでしょう。でも、転んで今までのできたことが全部崩れてしまうのはあるある。先週みたいに病気になったら、または何かあったら、時々ゼロからもう一度始めなければいけないですね。今週はそうなります。無理しないで、マイペースにこの学年に慣れて挑戦していきたいと思います。

その間、結局どうなるかを運命に任せます。できるだけ頑張れるしかないでしょう?今と去年のこの頃の心境を比べると、やっぱり今年の方が安心な気持ちがあります。もう大学で一年間を体験したので、大学の要領をちゃんとわかっているわけです。なので、合格できるか、友達ができるか、一般的にやっていけるか、また心配しなくていいでしょう。1年目の不安なことを乗り越えたので、これからは毎日落ち着いていてしっかりと過ごせます。そしてもちろん、大学がただ授業だけじゃくて、いいこともありますよ。日本語のクラスでもう優しい人たちに出会えて、そして日本協会に行った時に、いい人に会えそうなと思いました。たぶん、この学年は一人で頑張って過ごした1年目と違うんですね。どうなるかっていつも言っているんですけど、今度は楽観的な意味で。

つまり、最初の二週間からもう、いろいろある1年になるとわかりますね。やっぱり、学期が過ぎていくと、戸惑って薄暗いところに滑り込む時がいつかあるんでしょう。何回もあるんですね。でもそれは実は当たり前のこと。そしてその後どうするかっていうのは何より大事だと思います。乗り越える力、順応性、我慢力。大学って、学力が半分、メンタル力が二倍だと思います。

いま頑張れば、あとでいいことがきっと現れてくると思います。

ということで、いつやるか?

いまでしょう!

日本語