Tags » Better Life

AWAKE

Its been a couple of weeks since the last time we talked. The last time i saw you. The time that i wonder to be my nightmare. 350 more words

ACCEPTANCE

JESUS PROMISED YOU THESE

Don’t tell me you’ve never heard someone – a friend or a family member tells you, “Promises are meant to be broken, and there’s no one I would believe in anymore.” But this, I promise you that God’s promises will never be broken nor has failed me yet. 482 more words

BETTER LIFE

East Coast - The Carolinas, Cary, NC

The plan to write more often has not been achieved.  I’m still battling bedbugs and visits from the exterminator which means packing up stuff before he comes, then unpacking stuff and doing lots of laundry after he leaves.   428 more words

About Diana

Equality!

What a happy day this is for all of my LGBT friends. It is about damn time!!! Hopefully this will be the harbinger of more much needed change for our country.  Blessings and love to everyone!

Better Life

0589:Anger Management(素人日常偏)

「ムカッ!」(この件は、なんとしてでも対処・解決してみせる!)

その時、不快の裏側には、ちょっとした快感があるのは間違い無い。そして、本人なりの正当性があるのは間違い無い。(ドサッと脳内分泌物質が出ている筈だから)

でも、快感なんて一切無くて、全力で不快感しか無いんだけど・・・。

劇的な怒りの感情は、命の危険を回避する場面(結構あるのかも知れないけれども)以外は、意外といい加減な物。例えば、それは、毎夜見ている夢の様なものなのかも知れない。これといって、筋の通ったものでも無い時も多いのかも知れない。

もし、爆発的に怒りそうな、そのコンマ何秒前に、本人なりの思考変更(例:イメージを呼び起こす。本人が好きな何かしらの映像でも良い。海とか、山とか、森とか、猫とか・・・)が出来れば、全力で怒る前に、ちょっとはその突き上げる様な衝撃を和らげる事が出来るのかも知れない。

もし、幸運にも怒りを表に出さなくて済んだ場合。その件に対して反応するのを、後回しにする。(時間を置く=数時間後なのか、後日なのか、数年後なのか、寿命を待つのか・・・。)そして、怒り表出以外の対処方法を考える。

もし、爆発的に怒ってしまった場合は、怒りをその一瞬(一秒ぐらい)でおしまいにして、その後は、平静を装う事に努める。今、猛烈に怒ってしまったと自身に確認する。

とかとか・・・。

誰しもが常に抱いている何かしらの不満。
大体に於いて、不満の表現方法に”怒り”を選択する事は、理に適っている。そして、それらは、経験値・正当性を背景に大腕を振るっている。
成長過程で様々な場面で目にし、耳にする数々の怒りの表現。それらは、その件数・状況・習慣に比例して、認知をしている自身に対して、危うい手段としての抵抗感を薄れさせる。この様にして、怒りは標準化されてゆくのかも知れない。

怒りを、どの様に処理しているかで、その人の特徴が現れているのかも知れない。
よほどの人格者で無い限り、一度現れた怒りを、例え、後に、明らかに不必要だったと思われたとしても、器用に抑える事は出来ない。そして、怒りの表現方法が結果的に良い効果を産み出せば良いのだけれど、大体は、悲惨な結果をもたらす。
「ああ、やっちゃったな・・・」って。

人の感情っていうのは、本当にいい加減なもので、本人的にも、周辺的にも納得の本当に必要な感情的情動は、結構少なかったりするのが実態なのかも知れない。そして、何かしらの問題解決する為の手段として”怒り”を選ぶというのは、実は、数ある選択し得る手段の一つにしか過ぎない。
感情が高ぶった時は、基本的には何をしても無駄の様な気がする。
第一、普段平静にしている人が、何かの切っ掛けで怒った時は、よほどの正当性があるからだ。人は正当性があると感じた時には、その勢いを止める必要性を感じない物だと思う。故に、怒った時は基本的には止められない。

しかし、問題解決の手段は、怒り以外にもたくさんある。怒りは、そのうちのひとつにしか過ぎない。そして、その手段は、必ずしも最善の手段でない事もある。
怒りが最善の手段なのか。問題解決の最短の手段なのか。無駄なエネルギーを消費する非効率の手段なのでは無いか。そんな事を、いくつかの事例を思い出して、再考してみても損は無い様な気がする。

カウンセリング的な

So you want a better life?

Let me just start by saying I’m not here to promote some kind of fad. This site isn’t going to change your life just by your visit. 85 more words

Advice