Tags » Better Life

I Wish I Was as Good As My Writing

It seems as if you could write the masterpiece of a lifetime and it still wouldn’t work out in relationships. Perhaps your hear is poured into the writing that you want it to succeed, but there is an ingredient missing and that is your life may not even portray what your writing is. 398 more words

Joseph Evaldi

The Door-Mat...

“Stop Crying about being a doormat, and get the hell off the floor…”

Hey guys, I’m back! (Wondering how many times I have said that!!) I know what you are thinking, I though ST was dead and you were right to think so, because I last posted in October.

1,269 more words
Life Advices

1001:分からなかった事が分かるという事

学習の結果と、想像していた世界感とのギャップたるや、もう嬉しいやら、悲しいやら・・・。

同じ場所、同じ時を過ごしているならば、その両者の違いは、原則的になんら変わらないのだろうけれども、その個々人の感覚的な違いや、心理的なあれこれは、実に過激に働いているのかも知れない。

首都を訪れた事がある人と、そうでない人。
この両者の違いは、大きいとするか、何とするか。幾ら映像等で確認しても、実際にその場に行くのとでは、決定的な何かが異なるというのが定説なのだろう。

人が生きるという営みの中で、知的好奇心というか、多様性への柔軟な対応準備というかは、日常生活を送る最中に、実に盛んにやりとりされているのだろうけれども、”目からうろこが落ちた”という経験は、やはり重要なことなのだろうとは思う。

思い込んでいるとか、知っているというのは、先へ進む為の手段になってしまったりすると、せっかくの機会を黙殺してしまい兼ねない。

何でもかんでも、ゆとりを持って理解するっていうのは、いささか言い過ぎなのかも知れないけれども、あまり頑固に固定してしまうと、激しい変化に不必要に抵抗し続けなれればならない事態に陥ってしまうのかも知れない。

Better Life?

1000:裸の王様の危険性がある

一度造り上げた物は、それらが崩壊しない限り、目の前に君臨し続けるのだろうか・・・。

悠久の歴史を経ての現代社会の様相は、人類史の最先端なのだけれども、これまで幾多の困難を乗り越え、破壊しては、造り直し、維持をして来た最終結果(進行中だけれども)という事なのかも知れない。

しかし、これだけ文明が進んでも、壊れない物、無くならない物、風化しない物が無いとするのは、いったいどういう意味なのだろうかと。
人間の歴史には、移り変わらない物は無いという意味なのだろうか。それは、紛れも無い不可侵の証明みたいな物なのだろうか。

かつての栄華を誇った大国は、何らかのきっかけにより、驚くほど早く崩壊している史実もある。これらの史実は、文明・哲学・倫理・工業・化学・・・などなどが未発達だったから、避けられなかったのだろうか。それとも、人間である以上、その流れは不可避なのだろうか。

今日の各国の体制のそれぞれが、歴史教科書に載っている様な、あからさまな崩壊を迎えるとは、あまり想像が難しいけれども、かつての帝国の構成と、現代社会の国家の有様を比べても、両者の間に、国家の崩壊を免れる様な妙薬があるとは思えず、国家はどれだけ文明が進んでも、何らかのきっかけで見事に崩壊する事もあるのだろう。

情報の制御は、見識を見事に狭める事が可能であって、その影響を受けるのは常識は普遍であるといった迷信?を疑いも無く信じ込まされている傾向の人だったりもする。といっても、大抵の人は、自らの意思で自由に何でも感じたり、考えたりする事が出来るのだろうけれども、実際は、それらの範囲というのは、個人差が大きく影響している。

かつての経済大国は、未来永劫経済大国である訳も無く、後進国がいつまでも後進国である筈も無い。

ある時点から、爆発的に増えた情報とやらを、うまく活用して、目の前にある物と、随分先にある物とを見渡す事が出来たのならば、ようやって、裸の王様とは言われなくなるのかも知れない。

Better Life?

0999:不毛な喧嘩をしている暇は無い・・・

さも流行の様なのだけれども、事態は実に深刻・・・。

熟年離婚・ハラスメント・ヘイト・DV・超少子高齢化・医療事故・自然災害・インフラ整備・・・などなど。

人災、天災、様々な時代の趨勢とか、実に複雑怪奇に進行している”今”

尊重とかの話はあるけれども、あまり些細な事に注力していると、気が付いた時には、出航時刻を過ぎていたっていう事に成りかねないぞっと。

(激しく自戒・・・)

Better Life?