Tags » Better Life

Lying Under Precarious Conditions


Let’s say you just stepped off a 13-hour flight from New York. You don’t sleep on planes. Throughout the flight, you’d been going back and forth between bourbon and black coffee. 1,446 more words

Better Life

Same road

Am I your exclusive desire?
Let go of yourself, your inhibitions, your dreams,
Then pick up that splintered lumber
That makes you stagger and breaks your back… 11 more words

Better Life

7 Things I Never Thought I’d Say But I’m Kinda Glad I Have.

Last Thursday night I dragged my tired self ‘round to the boyfie’s place at about ten. As I waited for a break in traffic I thought “People! 718 more words

Lifestyle

7 ways to make yourself a better person today

We ,as humans strive everyday to be a better person,our ultimate goals at Rayoonline is to bring to our readers useful information that will enhance them morally,socially,financially,academically and Economically.So relax and absolve the following tips on how to  be a better person today 235 more words

Latest News

12 Ways You’re Making Life More Difficult Than It Has To Be

vantinike1. You’re afraid of failing or looking like a fool. You don’t try new things often, you take very calculated risks and you care too much about what people may think of your actions. 26 more words

0936:子育てが男女である必要性ってあるの?

(詳細は、よく知らないのだけれども・・・)

生物学的上?子孫繁栄は、雄雌という性別?の異なる二者が担って来たのだけれども、種によっては、どちらかが便宜的に変化する事もあるみたいだし、人間界にしたって、伝統的に?男女間での子育てっていうのが主流なのだろうけれども、実際には、シングルペアレントの場合もあるし、必ずしも両親が居る場合ばかりでも無いし、同姓の場合もあるのだし、また、子供の側にしたって、親の側にしたって、セクシャルマイノリティーとかの場合もあったりして、もはや、これまでのステレオタイプ的な?ルールばかりを優先して事が済む時代では無い様な、しかし、やはり王道+α的な多様性の認知っていう事になるのだろうかと。

どうなのだろうかと・・・とはいえ、どの様な形でも、過去の一時代より、様々な環境が改善されている筈なので、より豊かに育つ事が出来ている筈のなのだけれども・・・。どうなのだろう。

Better Life?

0934:遠い親戚より、近くの他人(感情対立)

恐ろしい事に、人生に於ける最重要な部分の一つである”生と死”とかの節目?ライフイベント?などの際に、より添っているのが、血縁、婚姻等の繋がりではなく、心理的な繋がりのある他人である場合があったりもする・・・。

人生、そうそう上手に進む訳では無いのは、歴史にも明らかなのかも知れないけれども、でも、些細な個人的な部分では、どうか少しは望み通りになって欲しいと思うのが人の常なのでは無かろうかと。

人は何故生き、何故に死ぬのか?
これらは、未だに明快な答えが曖昧のままだったりするのかも知れない。第一、貴重な命を蔑ろにする事例が後を絶たず、その他、死ななくても良い命が失われたり、信仰心に乏しい人が、神に祈ったりの事実があったりするのだから、これだけ貴重な命に関して、どうして平穏無事に過ごす事が出来ないのかっていう部分が、ものすごく理不尽?的な思いと重なって来たりする。

多様な人生ドラマ(実際は、もう逃れ様も無い様に感じる強烈な圧力だったりするのだけれども)の中で、命が誕生したり、その命を閉じたりするという場面に於いて、想像だにしていなかった事態が、次々に起きたりするのかも知れない。

とはいっても、何れにしても、誰しもが、そうそう慣れた場面では無いのだから、その時々で、何が起こるかなんて物は、素人としては、想定が限られているし、当該事態は怒涛の如く変化し続けるので、大概はそれらに一つ一つ対応するのが精一杯であって、それらの選択や対応の正誤を検証出来るのは、随分後になってからなのかも知れない。


まあ、そんな事だから、また、内容があまりにも個人的な事だから、人生の過程に、誰しもが遭遇する事になる様々な貴重な事態に関しての第三者への継承は行われずに、いつの時代も、当事者はあたふたしてしまうっていう事になっている。

そんな中で、人間誰しもに備わっている感情に関するよしなしごとは、それこそ枚挙に暇が無い程の多様な実態があるのかも知れない。
そして感情、されど感情ってな具合で、例えば、金銭的な問題であれば、それは納得の明らかさなのかも知れないけれども、では、概念に等しく、実体の無いかと思われる感情対立っていう場合は、その様相はどうなるのか?という事なのだけれども、これとて不思議と、金銭対立と同じ様な結果を招く事になっていなくも無い。

人間同士の繋がりとは、家族だったり、地域だったり、国だったり、信仰?だったりの様々な形があるのかも知れないけれども、それぞれに様々な繋がりの浅深があって、重要な場面での反応によって、それらの実態が明らかになったりもする。

表向きと裏向きというか、その様な普段気がつかない様な振りをしているのは、確かに快適なのかも知れないけれども、必ず向き合わなければならない事態になるのは間違い無く、その際に、どうか温かな支援が集まると良いのに・・・って思ったりもする。

Better Life?