Tags » Blade Runner » Page 2

Aspiring to the King of Cups: Or, I Am Not a Replicant

I am not, by nature, a compassionate person. This is not to say that I’m not capable of treating others kindly, because of course I am, but compassion for me is a learned behavior. 1,311 more words

Tarot

Dear number six: Stay on the path

While in Hong Kong, I was reminded of one of my favorite shows ever. That being BattleStar Galactica (the new one).  So well written, acted and just overall grand intensity. 730 more words

Psychology

日本人のAI対応力と文化的素養

先日、某団体の勉強会に出席してAI/IoT/Big Dataの講義を聞いてきた。

政府機関の顧問をつとめるという講師の方のレクチャーは、日本の官民一体の取り組みを丁寧に説明していて、興味深かったが、レクチャー後の懇親会で「HBOのヒットシリーズ、『Westworld』みてますか?」と聞いたら、「それなんですか?」とのお答え。

最近のアメリカのエンタメ界ではAIのテーマが花盛り。「Westworld」のリメイクはその一つの頂点だが、今年の後半にはこの分野の草分け的「Blade Runner」の続編が公開される。スカジョが少佐を演じる「攻殻機動隊」の実写版もこの流行りにのったものという一面があるとおもう。

勉強会の講師氏も言っていたが、こうしたAIやロボットの話になると、「日本人には鉄腕アトム以来の伝統で、こうした技術の進歩を受け入れやすい土壌がある。」というが、本当にそうだろうか。

日本の映像エンタメ文化の流れでは、アトム以降、「マジンガーZ」あたりで、機械に主人公が乗り込むというパターンが定着し、ロボットは「乗り物」と化した。なぜ「乗り物」が擬人化されたロボットの形をしていなければならないのかという問題点は「ガンダム」のバックストーリーが語られるまで解決を見なかったが、「ガンダム」はマシーンの進歩の話ではなく、そのパイロットが「ニュータイプ」として覚醒していくという「ヒトの超人化」という話にすり替えられてしまった。

実際のところ、日本人のロボットやAI(人工知能)に対する感情は、「銀河鉄道999」の星野鉄郎が機械伯爵に対して抱く「復讐心」のままなのだろう。それは都会のエリートが勝手に推し進める、人間の「素朴な価値観」に対する冒涜であるという考えだ。

日本のエンタメ界もアメリカに負けず、こうしたテーマをもっと推し進めた作品を発表してもいいと思うのだが、あいかわらず薄っぺらな恋愛ドラマにあけくれるテレビを斜めから眺めるに、絶望的な気持ちにしかなれない。

未分類

Tears in the rain.

We have reached the point in history where the iconic movie Blade Runner was set. In case you happen to have been living under a rock all your life Blade Runner a movie masterpiece created by the holy trinity of director Ridley Scott, science fiction writer Philip K Dick and artist Jean Giraud (aka Moebius). 1,137 more words

Life

5. The Role of the Amateur/Individual – New Challenges in Screen Media

The time of the passive consumer has now passed as the Internet and communities online have become ever so present in our lives. What was once media that one was to use the sense of sight, such as television, newspapers and magazines, nowadays the consumer actively engages with the media produced and as a result the individual can become the producer and the amateur. 564 more words

Opinion Piece

That time I interviewed character actor Brion James, the guy you love to hate

By Steve Newton

Back in 1991 I covered the Vancouver filming of a B-movie called Silhouette for Fangoria, and the best thing about that, by far, was that I got to interview character actor Brion James. 101 more words

Vancouver