Tags » [CCD]

Context Driven Development: Part 1

Oliver here, from Influx Engineering.

I’d like to talk to you today about the origins of a software development paradigm that I call Context Driven Development here at NF, by taking you back a decade and a half to where I began software development, because to me, context is everything. 466 more words

UMD Class Visit (HIST 483)

On April 19, 2016, the Prange Collection welcomed a class of over 30 students from HIST483, “Modern Japan”, taught by Dr. C.R. Lilley of the UMD History Department.  187 more words

News

メリーランド大学のクラス訪問 (HIST 483)

2016年4月19日、メリーランド大学のC.R. リリー教授(歴史学部)が受け持つ、”Modern Japan”クラス (HIST483)の学生たちが授業の一環としてプランゲ文庫を訪問しました。このクラスは明治維新から現代までの日本史を学ぶクラスです。訪問にあたり学生たちは、”Embracing Defeat: Japan in the Wake of World War II” (by John Dower, 1999)をあらかじめ課題図書として読むように指導されました。

まずプランゲ文庫室長が、検閲の基礎骨組みとなったプレスコードを詳しくたどりながら民間検閲局(CCD)による検閲のプロセスを説明し、どのような出版指標が日本の出版社に与えられたのかを説明しました。そしてCCDが「タブー」として特に注目していた話題の例を挙げ、具体的な資料を見せました。ここで取り上げた「タブー」の話題とは、「検閲の事実を知らせるもの」、「原子爆弾」そして「軍事的宣伝」の3点です。

次に当文庫マネージャーが、日本国憲法についてのプレゼンテーションを行いました。プランゲ文庫は、SCAPの民生局次長として日本国憲法制定に大きく関わったチャールズ・ケーディス(Charles Kades)の個人所蔵文書を、Charles L. Kades Papersとして保存しています。また同じく憲法構築に大きく関わったベアテ・シロタ・ゴードン(Beate Sirota Gordon)のインタビューも、マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズの一部として所蔵しています。

検閲

Class #23, April 27, 2016 The Finish Line

Last night was the last class of the 2015-16 CCD year. (Last September seems like last century.) We had pizza and fruit punch, and Monsignor Costigan visited. 50 more words

Religious Education

Sincere Sivamani

Dedicated to Sabu Paul… Who lost his coffee after three or four sips. 

 I was PMSing. It’s just then, I crave for some cheese. I finally ordered some food. 723 more words

Funny And Light

"What Your Teens Don't Want You To Know"

Below is a note and video links passed along by Jen Moser, Coordinator of Youth Ministry for the Archdiocese of Omaha, for parents of tweens and teens.  177 more words

YM Opportunities

A Taste of Silence By Conchitina S. Bernardo

A Taste of Silence
By Conchitina S. Bernardo

A letter was sent to me by Nanise Gonewai, a native of the island of Fiji, now an active parishioner and member of Contemplative Outreach Philippines. 415 more words

Articles