Tags » Commentary » Page 2

貴重書展示 マンデヴィル『蜂の寓話』仏語版初版(1740)

滋賀大学付属図書館では、年に2-3回、経済学の古典の展示をしています。展示図書の選定と解説は、私が担当しています。現在展示しているのは、マンデヴィル『蜂の寓話』(仏語版初版1740)です。

 マンデヴィルといえば「私悪は公益」という言葉があまりにも有名で、その主張は、アダム・スミスの「見えざる手」とともに、自由主義経済思想の起源として位置づけられています。マンデヴィルとスミスの考え方は似ていると考えている人たちもいますが、実際にはそれほど単純ではないようです。以下、私の解説文を抜粋します。

17世紀のオランダに生まれ、後にイギリスに移住した開業医マンデヴィル(Bernard de Mandeville, 1670-1733)は、1705年ロンドンで『蜂の寓話』を発表した。それは、最初匿名で出版されたが、瞬く間に人気を博し、多くの版を重ねた。本書の副題は、当初「悪漢化して正直ものとなる」であったが、1714年以降は「私悪は公益」となった。マンデヴィルは、個人のレベルでは悪徳とされるものが結果として社会的な利益に結びつくことを主張し、当時のイギリス社会を風刺したのであるが、これがセンセーションを引き起こし、一時は危険思想ともみなされた。本書は、18世紀のイギリスだけでなくヨーロッパの多くの思想家たちに影響を与え、フランスではモンテスキューやヴォルテールなどが刺激を受け、活発な論争が繰り広げられた。ぜいたくを追い求める人々の欲望が労働需要を生み出し、社会的な効用を生み出すというマンデヴィルの示したパラドックスは、利己的な個人の経済活動に基づく自由主義経済を、先駆的に表現したものとして現代では評価されている。利己心が意図せざる結果として公益に結びつくことを主張した、スミスの「見えざる手」への影響を強調する解釈もある。ただし、スミス自身は『道徳感情論』の中で、悪徳と徳の区別を問題にしないマンデヴィルの主張を「危険な傾向をもつ」ものとして批判している。

展示の詳しい様子は、滋賀大学図書館のお知らせページをご覧ください。本書は来年の3月まで展示予定です。滋賀大学図書館に来られる機会があれば、展示コーナーをぜひのぞいてみてください。

なお、この本の選定と解説にあたっては、米田昇平氏の『経済学の起源-フランス 欲望の思想』(2016)に大いに啓発されました。この本の書評を『経済学史研究』(2017年1月号)に寄稿しましたので、書評が公刊され次第、本サイトでも、この本についても詳しくご紹介します。

滋賀大学

The twits at Twitter threaten to ban Donald Trump — Jon Rappoport's Blog

The twits at Twitter threaten to ban Donald Trump By Jon Rappoport Twitter has released a statement about Donald Trump. The Independent (UK) reports: “The social network has said that if the President-elect breaks its rules with his tweets then they will shut down the account… “Twitter said that if Mr Trump explicitly makes threats […]

14 more words
Blog

Writing the struggle

In just over a month I will be done with my MA in African Literature and Gender Studies. It has been a whirlwind. The process has been a tough one. 140 more words

Commentary

Time Capsule: CNN Attack on Syria's First Lady

A CNN interview of several years ago with Asma Assad, the wife of Syrian President Bashar Assad, offers us a fascinating look at how the media score propaganda points against foreign leaders the US has slated for regime change. 448 more words

Commentary

“These are a few of my favorite things.”

You’ll notice that there is no gender mentioned.  Or thing.  Or any identification. Methinks a picture says it best.  Apropos.  Yes?  

******

How Do I Love Thee? 137 more words

Commentary

Jerk

Jerk is a word that shows contempt.
We don’t talk with jerks, we ridicule them,
push them away, and call them names.
So when I read an article online about an… 135 more words

Gilmore Girls - Season Two

Welcome to Season Two of Gilmore Girls through my eyes. I’m sure by now most of you have watched the revival season. I’m watching it with my best friend, who introduced me to the show in the first place, so we’re still working on it – we both work full-time jobs. 4,594 more words

Blogger