Tags » Cultural Shock

Bumpy train ride from Weligama to Negombo

Today we took off to Colombo and then to Negombo for a house sit that starts on Thursday/Friday.
After two weeks in Weligama, last night was party night at “our” Sri Lankan family’s house! 274 more words

Inspiration
Let´s fly again!

On the 22nd of  December I was happy and excited when about to fly from Maputo to Johannesburg, and from Joburg to my final destination Cape Town. 1,456 more words

These Strange Chinese Habits...

   After you arrive in China, it will take you few seconds to realize that some things are different and no matter how hard you try, you just can’t find any reasonable explanation. 247 more words

Au Pairs

Culture shock - A practical guide

Author: H. E. Rybol

Language: English

Summary: A book for inquisitive travelers interested in making the most of challenging cultural transitions. Culture shock can leave anyone feeling disoriented and overwhelmed. 62 more words

English

Cultural Shock

I smell curry, chapati and the dust from the streets. I see the huge traffic jam right in front of me – a man with his wife and their daughter on a scooter, a horse carriage loaded with a dozen gas containers and a lorry crammed with rice bags. 1,149 more words

Personal

A Summary Of The Kite Runner by Khaled Hosseini

The Kite Runner is the story of Amir, a Sunni Muslim, who struggles to find his place in the world because of the aftereffects and fallout from a series of traumatic childhood events. 487 more words

Book Reviews

バングラデシュの季節感

バングラデシュにも季節は一応ある。

暑いか、ちょっと涼しいか、雨か、の3パターンだけど。

私は暑いのが苦手。だから天気で季節を感じると絶望的になるのでそこで季節感を感じる事を期待しないようにしている。

どこで季節感を感じるか。農作物、特に果物だ。

バングラデシュは果物がめっちゃおいしい。

バングラデシュに来た当初は、目から見えるもの、耳から聞こえる音、鼻からはいる匂い、肌から感じる不快感、五感、いや六感全てがバングラデシュを拒否していた。

いや、今でもゴミの匂いとか、埃とか、暑さとか嫌いですよ。人ごみも渋滞も大嫌い。

だからこの国の果物の美味しさとのギャップがすごすぎるのだ。

しょぼい台に乗っていても、きれいに陳列されていなくても、果物は果物。

産地直送の果物の味は格別。そして激安。

農作物を一年中出荷する技術はない。だから季節がすぎるとその果物は来年までお目にかかることができない。

だからあたらしい果物が出てくると、「お、この季節がきた!」とウキウキするのだ。

旬の果物で季節を食べて、季節を感じるのだ。

私は個人的に、「今はマンゴーの季節」とか「グァバの季節」とか、果物の旬で季節を区切った方がいいと思っている。

10月も終わりになる今、マーケットで見るのはパイナップルだ。もうパイナップルだらけ。パイナップル!!!!!

2つで80タカ。約100円!激安!

パイナップルを切って、半分は一口大にしてそのまま食べる。もう半分は棒状に切ってサランラップに包んで冷凍庫へ。

仕事が終わって家に帰ってこのパイナップルアイスキャンディーを食べるのが幸せ。

自然の恵みと共に生きる楽しみ、それが私のバングラデシュ生活。

Bangladesh