Tags » Cyber Attack

「IoT時代、サイバー攻撃が人の生死を左右する」―セキュリティ専門家たちが警告 [ #cloud ]

IoT(Internet of Things)で利用されるセンサーネットワークを通じてサイバー空間と現実社会を緊密に結びつけるサイバーフィジカルシステム(CPS)が注目されている。そうした中、ソフトウェア脆弱性に起因するセキュリティインシデントの脅威がさらに増している。

http://it.impressbm.co.jp/articles/-/13833

Security

クラウドはセキュリティ対策の切り札にもなる [ #cloud ]

セキュリティ対策には終わりがない。どんなに対策をとっても、悪意のあるハッカーは新たな攻撃を繰り出してくる。自社で最新のセキュリティ対策を採り続けるのは現実的なのだろうか。米国のシンクタンクRAND研究所は「防御者のジレンマ」という調査レポートを発表し、企業におけるインターネット・セキュリティの実態を読み解いた。セキュリティ関連支出は毎年、全世界で700億ドルを数え、10~15%の増加を示している。

https://www.business-on-it.com/cloud-shall-levelup-security-20160822/

Security

Twitter takes a stand against terrorists!

SAN FRANCISCO —  We all love, use and need the internet but you know who else loves the internet? Terrorists!

These cold, cyber criminals use the internet as a battlefield to spread propaganda, coordinate attacks and even recruit fresh meat but one social media website simply isn’t having it. 123 more words

NewsFix

あなたのIoT機器をボットネットの奴隷にしてはならない [ #cloud ]

デラウェア州に本社を置く実店舗を持つある宝石店は、最近起きた多段DDoS攻撃(サーバーに大量のリクエストを送りつけダウンさせる攻撃)をしのいだ後、オンラインリソースへのアクセスができなくなった。DDoS攻撃は目新しいものではないが、 このDDoS攻撃はIoTデバイスだけが使われたことに特徴がある。この特定の攻撃の背後に控えた元凶は、感染した25000台のCCTVカメラで構成されるボットネットだった 、これらは高帯域接続で武装し世界に散らばっていた。

http://jp.techcrunch.com/2016/08/18/20160816how-to-prevent-your-iot-devices-from-being-forced-into-botnet-slavery/

Topic

「敵への“あざむき”などセキュリティ対策には発想転換が必要だ」─米ガートナー [ #cloud ]

ひっきりなしのサイバー攻撃に企業は手を焼いている。「攻撃者が圧倒的に有利」とされる構図に抗う手立てはないものか。米ガートナーでセキュリティ領域を担当してるニール・マクドナルド(Neil MacDonald)氏<リサーチ部門 バイスプレジデント 兼 最上級アナリスト>に昨今の状況と、注目しているテクノロジーについて話を聞いた。

http://it.impressbm.co.jp/articles/-/13811

Security

Linuxサーバをビットコイン採掘機にするトロイの木馬に注意 [ #cloud ]

fossBytesに8月12日(米国時間)に掲載された記事「Linux.lady — This Trojan Converts Linux Servers Into Bitcoin Mining Monsters」が、「Linux.lady」と呼ばれる新しいトロイの木馬が報告されたことを伝えた。このマルウェアは誤った設定をされたRedisサーバ経由で感染し、感染したサーバを攻撃者のビットコイン採掘機として悪用するとされている。

http://news.mynavi.jp/news/2016/08/16/090/

Server

リクルートテクノロジーズの事例に学ぶ 「インシデントの可視化」と「キャリアパスの描き方」 [ #cloud ]

リクルートテクノロジーズは、サイバーセキュリティ対策として、2014年秋より「RSA Security Analytics(RSA SA)」を導入している。巧妙化するサイバー攻撃と対峙(たいじ)するためには、セキュリティ脅威を可視化し、「どこで」「何が起きているのか」を知る必要があるとの判断からだ。

http://japan.zdnet.com/article/35087325/

Topic