Tags » Economy » Page 2

Real Estate Market Alerts: Downtown Brooklyn’s Next Luxury Tower

Gary Barnett, the developer behind Manhattan’s most expensive tower, is starting his first project in Downtown Brooklyn, complete with rooftop pool.. via NYT Real Estate http://ift.tt/2HHMVpZ

PAP govt: Win some, lose some

Rio Tinto, a global mining co, is planning another restructuring that will see support staff moved to one of three global hubs or here.

But Google said it was stopping booking most of its New Zealand advertising revenues in Singapore, a low-tax jurisdiction. 11 more words

Economy

WELCOME TO THE EXPERIENCE ECONOMY PINE AND GILMORE PDF

Customer-Experience-Management (CEM) bzw. Kundenerfahrungsmanagement bezeichnet die Schaffung positiver Kundenerfahrungen zum Read the latest Life & Style News and Reviews from Daily Life, including Fashion, Celebrity, Beauty, Wellbeing and Home & Style. 173 more words

Pdf

Crypto Mining news

ok now imagine a country with lots of sun, some cold desert, toundra, lots of Solar panels, underground facility, an ocean of rigs. If you are King or really really rich, that's a good option.

128 more words
Economy

Turkey Will Be Ground Zero in the Next Global Debt Crisis, by Jim Rickards

The headline conveys too much certainty. Turkey could be ground zero in the next global debt crisis, but there are so many candidates for that honor. 377 more words

Government

B.C. budget's housing, child care measures good for business: premier

VANCOUVER — British Columbia’s premier says his government’s focus on housing and child care in this week’s budget is good for the province’s businesses.

John Horgan told the Greater Vancouver Board of Trade on Friday that the financial plan will help attract workers to the province and retain them. 513 more words

PMN News

デマ、偏見、盲点 24: 何がバブル崩壊と戦争勃発を引き起こすのか? 3

 

*1

 

前回に続き、怪しい戦争予防策を採り上げ、次いでバブル崩壊と戦争勃発に共通する要因を考えます。

これが今、社会に蔓延り、放置すれば取返しのつかいないことになる。

 

 

 

*2

 

* 危なげな戦争予防策

 

前回見た日独の事例だけでなく経済封鎖は往々にして逆効果を生むことがあります。

例えば、1991年の湾岸戦争後の長期の経済封鎖は、イラクを疲弊させ次の暴挙を生み出す背景ともなった。

(イスラム国ISの台頭を例に、様々な戦争の予防策がむしろ危険を増大させてしまったことを注釈1で説明します)

現実に即して見るなら、北朝鮮はなぜ核兵器や長距離ミサイル開発に踏み切ったのだろうか?

経緯から察するに、それは日本や中国が標的ではなく、米国の攻撃を抑止するのが目的と考えられます。

これはイスラエルの核保有に対抗したイランやイラクの核開発、インドとパキスタンの関係と同様です。(核拡散について、注釈2で簡単にみます)

それがこのまま進むと、片棒を担ぐ日本も北朝鮮の標的になる可能性が高まります。

これは当然の成り行きなのですが、問題にならないのが不思議です。

また海に囲まれた細長い日本列島においてミサイル迎撃がほとんど不可能なだけでなく、この防衛システムが整った段階で米国と中国、ソ連を巻き込んだ核ミサイル配備競争になることは間違いない(不可能な理由、注釈3)。

1962年の核戦争危機を招いたキューバ危機は、米国が1959年にソ連に隣接するトルコへのミサイル配備が発端になった。

つまりソ連はキューバへのミサイル配備で抑止力の均衡を図ったのです。

これもよく起こる軍拡競争のパターンですが、危険この上ないものでした。

数年前まで、日本の右派の評論家は口を揃えて、中国は北朝鮮への経済封鎖に協力しないと断言していたが、今はどうだろうか?

常識的に見て、これしか次善策は無かったのだが、嫌中が足枷となり大局を見誤ってしまった。

どちらにしても、平和維持は武器だけで出来るほど単純ではない(米国の銃蔓延が好例)。

だからといってまったく武器が無くても良いとは言えないが。

別の手段と知恵がより重要なのです。

*二つの破局に共通するもの

 

これまでバブル崩壊と戦争勃発のメカニズムを簡単に見て来ました。 50 more words

<japanese language