Tags » Electronic » Page 2

Flume Brings Bars And Beats On New EP 'Skin'

Written by Priyanka Bhattacharya

The 25 year-old Australian born producer Harley Edward Streten, commonly known by his stage name ‘Flume’, first started making electronic music at the age of thirteen using production software he got from a cereal box. 387 more words

Music

Electric Vehicles Market Improved Energy Transfer & Better Battery Storage Capacity

This report analyses the Electric Vehicles Market on a global basis with detailed breakdown into various sub-divisions. It provides cross-sectional analysis of the market based on parameters such as product type and geography segments. 398 more words

Semiconductor

Trisomie 21 - Il se noie


Trisomie 21 is a French cold wave group, formed in Lille, France in 1980 by brothers Philippe and Hervé Lomprez.

Alban Nuhiu

Blind Dancers’ EP, Parallel Time, Is The Perfect Cocktail Of Synthpop & Blues For Friday

It’s Friday – and all of the days that preceded it has driven you to the point of drinking. Let’s admit it though; whatever your choice of drink highly depends on the music you play. 229 more words

NEWS

Electronic Press Kit For Tina Turner

Electronic Press Kit also known as Electronic Media kit has emerged as a cost effective and highly effective promotional tool for artistes of all genres. Using it, an artiste can successfully promote and sell his or her work online. 17 more words

Introducing 水曜日のカンパネラ!!

今日のブログで最近好きになってきた音楽について話したいと思います。

皆さんは「水曜日のカンパネラ」を聞いたことがありますか?

水曜日のカンパネラは3人組のエレクトロニカ・ヒップホップ・JPOPの音楽ユニットです。メンバーは、Dir.F(PV監督)、ケンモチ・ヒデフミ(音楽プロデューサー)、とコムアイ(ボーカリスト)ですが、音楽ユニットの活動でコムアイ以外は誰も顔を見せない程の秘密主義です。その結果、ファンはもっと芸術性に集中できるようになる上に、面白い音楽とビジュアルの融合が作られることになります。

今月、水曜日のカンパネラはデビューアルバムをリリースしました。「SUPERMAN」と言われるアルバムはWarner Music Japanで配信されていて、オリコンやiTunesで一般に知られるほど成功しましたが、実は、水曜日のカンパネラは2012年に結成しました。結成時から、YouTubeで音楽をアップしたり色々な音楽祭に出演したりしていました。Warner Music Japanと契約する前、インディー音楽世界の中では既に有名でした。「SUPERMAN」はメジャーレーベルデビューですが、数々のインディーのリリースもありますので、皆さんYouTubeで是非検索してみてください!

水曜日のカンパネラの曲はたくさんのジャンルのミックスです。コムアイの甘いボーカルを基礎として、曲はハウス音楽のシンセサイザーとヒッポホップのリズムにより構成されているのです。ボーカルと音楽を勉強したことのないコムアイのフワフワとした声で、JPOPアイドルだけでなく米国のRnB歌手のマイケル・ジャクソンとドナ・サマーの影響も感じ聴くことができます。水曜日のカンパネラの曲で折衷的な影響のミックスがされているにも関わらず、バンドのイメージと音はいつも一致していると思います。

曲名の殆どには有名な歴史上の人物や架空の人物が名付けられています。詞は、初見ではちょっと論理的じゃなさそうですが、聴けば聴くほどディープな意味が分かるようになってきます!

下記は水曜日のカンパネラのオススメ曲です。時間がありましたら、是非聴いてください!水曜日のカンパネラのエレクトロニカ空想で楽しんでください!

Nanashi no Gombe (2012年)

Mitsuko (2014年)

Medusa (2015年)

Diablo (2015年)

Chupacabra (2016年)

Kamehameha the Great (2017年)

Aladdin (2017年)