Tags » Episode 12

No smoking hotel -Episode 12-

There was no charm in the room.

Space of about 3 Tatamis, and just a small table.
A desk next to the window made the room smaller. 422 more words

English

時間旅行の世紀 その12

殺風景な部屋だった。

3畳ほどのスペースに、ちゃぶ台があるだけの部屋。
それをさらに狭くしてるのが、窓際の勉強机だった。

机の上を見れば、彼が、何かを勉強している学生さん?であることが想像できる。

そのことは、あえて訊かずに本題に入った。

どうやら、例のヤクザ者との関係は、一緒に上京した少年つながりだったようだ。

オカザキという、その少年は、もともと優しい性格だったが、東京に出てきてから、すっかり変わってしまったらしい。
彼は、オカザキ君を助けるために、浅草へ行き、そこでヤクザ者と揉めることになったとの事だ。

「浅草だったのか・・・」

理由は依然として不明であるが・・・
東欧のホテルの地下へ続く階段の向こうに、昭和の時代の浅草があったということか。

それは面白い。もしも、帰れるアテがあるなら・・・

彼は、岡崎という少年に絵の才能があったことなど話していたが、僕は「その前に自己紹介しろよ」と思いながら、聞いていた。

「で、その岡崎って奴は信用できんのか?このアパートの場所も知ってるんだろ?」

僕の問いかけには答えず、彼は、たいして多くない荷物をまとめ始めた。

何とか荷物を大きなボストンバック一つにまとめると、唐突に頼んできた。
「これ、持ってくれ」

「ふざけんな。自分の荷物くらい、自分で持てよ」

「すまんが、ワシは、あの机を運ぶから」

訊くと、窓際の勉強机は初秋の頃、田舎の父親が贈ってきたものだから・・・と照れくさそうに答えた。

柄にもなく・・・と思ったが、案外、この男は悪い奴じゃないのかもな。

部屋を出る前に、彼は一言「ありがとうございました」と置き手紙をして、ドアを閉めた。

「静かに。他の部屋の人、寝てるから」

念のため、東京駅ではなく、品川駅から始発に乗ろうということになり、僕らは真夜中の湾岸エリアを歩き続けた。

「もう26日か・・・今年のクリスマスも終わりだな」

そう彼が呟くと、僕は、21世紀の遠い国から来たことを思い出した。不安と怒りが入り混じった感情が交差したが、別に彼を責めたって、どうにかなるわけでもない。

品川駅から、僕らは、東海道線ではなく、横須賀線に乗った。

横須賀で降りると、とりあえず、海沿いの民宿に泊まることにした。

机を抱えた彼を見て、宿の主人は不可解な顔をしていたが、特に文句を言う様子はなかった。
それどころか、チェックアウトまで、机を預かってくれると言ってくれた。

「おもてなし」の心か・・・
この数年間、1年の半分近くを海外で過ごしていた僕には、心に染み入る気遣いだ。

Japanese

The Amberly Chronicles Episode Twelve: The Request Part Two.

You can read previous episodes of The Amberly Chronicles HERE.

Previously in The Amberly Chronicles…
I stare at the screen with such intensity that my eyes sting. 1,316 more words

Ya

It's time for another bumper episode for the S2 finale!

Another final episode comes around and things just never seem to change. The Greeks move out in order to stay in business – similarly, Avon agrees to the co-op with Prop Joe in order to do the same. 69 more words

Episodes

Tokio Hotel TV 2015 || Episode 12 - Boys Will Be Boys

Are you ready for laugh until tears?

As usual my comment below the video:

“Ok, after have watched this episode twice: one all alone and one with my parents, have laughed as I rarely do arriving to tears, and if this happens it means it’s something really funny for me, I can leave you my comment here below and I hope you laugh until tears too for what I’m going to write. 577 more words

Tokio Hotel

Review: Absolute Duo [Episode 12]: Absolute Duo

And so here we are at the final episode of absolute duo. Let’s see what awaits for Toru and the scooby gang. With K going berserk on us. 927 more words

Anime