Tags » Eugenics » Page 2

Genotopia

“By and large, experimental science explains the world in terms of mechanisms, more or less eternal and independent of time and context. Historical reasoning explains the world through the three C’s: context, contingency, and cause-and-effect through time. 117 more words

Online 'parent support group' shows kids being pushed into drugs and surgery

4thWaveNow has tweeted posts from a group of parents who trans their children. As can be seen, they are encouraging each other to ignore any signs that their child is happy with their genitals, and exhibit a creepy obsession with their child’s body and with any signs of encroaching puberty.  230 more words

Children

As They Continue to Pacify Us With Their Poisons

With each new day, the common individual pulls themselves out from a restless night of sleep, due in part to the EMF’s dancing about their home via Wifi, cell phones, laptops and other modern conveniences probably hatched in Gehenna. 961 more words

Home

5 in 10: Matthew Lee Anderson

Last week the fellows enjoyed another class with Matthew Lee Anderson. Matt is a research associate at Baylor’s Institute for the Studies of Religion, and recently received his D.Phil. 249 more words

Theological Study

Are undocumented migrants vaccinated?

With measels, mumps, and ruebela on the rise it’s obvious that mandatory vaccinations need to happen, right?

I mean it’s obvious that the anti vaxxers have to have vaccines forced upon them in order for everybody to be healthy and immune from dieseses for a happier world. 285 more words

京都ダウン症児を育てる親の会(トライアングル

【拡散してください】

石地かおるも署名しました。

京都ダウン症児を育てる親の会(トライアングル)

自立生活センター アークスペクトラム 他

主催

ゲノム編集や出生前診断による、命の選別について反対の署名活動を行っています。

以下の声明文にご賛同くださり、団体または個人でのご署名をお願いいたします。

お知り合いに知らせて、賛同者を募ってください。

署名は下記の佐々木さんにメールで送ってください。

「受精胚へのゲノム編集と出生前診断に関する声明文」への署名と書いて、名前や団体名を送るだけです。

⬇⬇⬇

『3月17日、受精胚へのゲノム編集と出生前診断に関する声明文の集会を経て、声明文を賛同者名簿とともに、各マスコミ及び厚生労働省へ送りたいと考えています。』

〈署名の宛先〉

佐々木和子さん

kazuko-s@white.plala.or.jp

受精胚へのゲノム編集と出生前診断に関する声明文

私たちは、受精胚へのゲノム編集及び、出生前診断に反対する市民団体です。

国は、ヒト受精胚を用いたゲノム編集研究を容認し、今年4月から研究を始めます。

ヒト受精胚へのゲノム編集とは、命の始まりへ人間が直接介入する、ということです。

一度ゲノム編集を行えば、二度ともとには戻せません。遺伝子操作の影響は、世代を超えて引き継がれます。このような行為は地球が育んできた多様な命への冒涜であり、とんでもなく傲慢な行為で、許されるはずがないと私たちは考えます。

国の指針は、当面、生殖補助医療の向上を目的とする基礎研究に限定し、胚は子宮に戻さないとしています。しかし、早晩、遺伝病「治療」のためだとしてゲノム編集を施した受精卵を子宮に戻すことが求められ、さらには、望ましい資質や高い能力をもつ「人間改造」への道を開く可能性があります。特に、中国広東省の南方科技大学の賀建奎(フォージエンクイ)准教授らの研究チームが、ゲノム編集技術を受精胚に用い、双子の女児を誕生させた事実が、中国当局によって確認された現在、その危険性は、さらに現実のものとなってきています。

また、胚へのゲノム編集は、出生前診断を行い障害のある胚(胎児)は廃棄(中絶)することが前提とされている点も大きな問題です。

昨年、日本産科婦人科学会は、新型出生前診断を臨床研究から一般診療へ切り替える方針を決定し、1年間の検討の後、今年1月、実施施設拡大を決定しました。 906 more words

Disability