Tags » Experimental Music

CD Review – The Fireman – Electric Arguments – One Little Indian

CD Review – The Fireman – Electric Arguments – One Little Indian 8 out of 10

‘The Fireman’ is a collaborative project featuring British Music legend Paul McCartney, and the producer Youth and… 506 more words

Better Know A Weisslich: Louis d’Heudieres' Laughter Studies

…uh, someone splashing into a pool
uh, someone making bubble sounds
uh, uhmmuhm, applause, crowd clapping
aaa baby, uhm some church bells really kind of slow and long… 342 more words

Better Know A Weisslich

Sciensonic Residency @ The Stone /Day 1

3日ほど前からニューヨークに来ています。

今年は可能性の街NYCで敢えて可能性を絞りこみまくる、のがテーマ…と言うことで
私が世界最高峰のサックス奏者の1人、と追いかけているスコット・ロビンソンが主宰する
Sciensonic Laboratoriesによる1週間のレジデント公演に張り付きます笑

場所は日本でもお馴染みジョン・ゾーンの経営するThe Stone
という訳で、運良くすぐ近くの部屋も借りられて諸々高まります。

The Stone

////////////////////////////////////////////////////

【Day 1】
以下、Twitterからの転載中心にお届けします!

① ScienSonic Laboratories Residency@The Stone、初日から手加減なし!1stはステージいっぱいに広げた大量の持ち替え楽器群から、敢えてC-melody sax1本で「未来に臨む」セット。2ndはデュオでいわば”Nucleus”、”?”のライブパフォーマンスだ。

②曰く「人生で3度めのソロパフォーマンス」である1stセットはシンプルでゆったりしたE音のモチーフから始まり、様々なエピソードを交えるようにして順当に、或いは唐突にE音にかえって行く。大きく反復するその構図が高まりきったところでスタンダード(I’ve Got The)World On A String。最高。 13 more words

Blog

Better Know A Weisslich: Andy Ingamells

There are three films which I really like, all of which have, on paper, terrible premises:

Phone Booth (2002) – Colin Farrell in a phone booth for an hour and a half. 500 more words

Better Know A Weisslich

NIMBUS: FERRAN BESALDUCH - RAFAEL CAÑETE - SARAH CLAMAN - BERNAT PI

ENCONTRES EN L’ESPAI-TEMPS 2016 – ENCUENTROS EN EL ESPACIO-TIEMPO 2016 – ENCOUNTERS IN THE SPACE TIME 2016

SISENA ACCIÓ / SEXTA ACCIÓN / SIXTH ACTION… 703 more words
Gràcia Territori Sonor