Tags » Fuji X100

Musik for demente

Udendørs musikinstrumenter skaber livskvalitet hos ældre og demente. Derfor er instrumenterne blevet mere og mere udbredt i de sidste par år – også på Fyn. Billeder fra Dalsbo Plejecenter og Plejecenter Thurøhus. 7 more words

Monochrome

ICARO ,2016 初冬,中目黒,ψψψ

自治体国際化協会が開催したセミナーに参加する為,久し振りに東京へ。佐賀県の事例を聞くことが目的です。

夜は地元では行きたいお店がなくなってしまったイタリア料理のお店に。西麻布のTornaventoが第一希望でしたが,写真撮影が不可の様で断念。第二希望の中目黒のICAROへ。

お店に行く前に,駅の反対側の伊勢五へ。最近教えてもらった新政のお酒を3本ほど購入。地元では見かけることのないお酒ばかり。獺祭や飛露喜が普通に置いてあります。

ICARO はイタリア・アルトアディージェ地方の料理との振れ込みでした。この地方はイタリアの中でも好きな場所で3回訪れています。

そしてコースはなく,アラカルトから選んでいく形を取っています。料理選びの迷う楽しさも与えてくれます。

一皿目は鰻のマリネ・マントヴァ風。鰻をマリネしてから蒸す。それを仕上げたものです。蒸しているので脂っぽさが抜けて,鰻のおいしさだけが残っています。ただ,その脂の乗りを楽しむところもありますので,どうとも言えない一皿でした。

2皿目はICARO風サラダ。烏賊のフリッターが載っています。これがサクサク,中はしっとり。良い出来です。

3皿目は蝦夷鹿の煮込みソース。これは,とても濃厚な味に仕上がっています。それを幅広のパスタ,パッパルデッレがしっかりと受け止めています。これは好きな一皿です。

そして4皿目はスコットランド産のうずらのロースト。だいぶ前になりますが,スコットランドでうずらを食べた時に散弾銃の玉が肉の中に入っていました。そのことを思い出していたら,お店の人から同じことを言われました。スコットランド産ではよくあることなのでしょうか。

これはおいしい一皿でした。うずらのおいしさがしっかりと味わえます。付け合せのポルチーニ,そしてマルサラソースがその味を引き立ててくれます。 36 more words

Fuji X100

Blazingly simple

Keep snapping.  It’s gonna be a long winter.

Now go do that voodoo that you do so well…

Digital Photography

御りょうり屋伊藤,2016 初冬,山形市,☆☆

仕事の打合せを兼ねて御りょうり屋へ。最近,このお店がお気に入りです。

まず初めに一口。今日は生姜でした。

先付けの3品。手前から穴子飯,なます,庄内浜でとれたズワイガニ。

何と言ってもこの穴子飯。穴子がふっくら焼き上がっています。そして程好く脂も乗っています。

もう一口食べたいと伝えたら,ご主人から,「そのくらいで止めとくのが一番おいしいんです。」。

確かにそうです。

そして奥のズワイガニ。蟹は味の個体差が大きいそうです。ただ,この蟹は特においしい蟹だよと太鼓判をおしてくれました。

その通りです。身を蟹味噌で和えたものがとても味わい深いものがありました。

向う付けは平目,平目の縁側,庄内浜のあおり烏賊,そして真鯵です。

平目の縁側は少し炙ってあります。コリコリ加減,そして味が増したような気がします。

あおり烏賊。烏賊と言えば透明感が残った,コリコリする烏賊もよいですが,しっとりとした味の濃い纏わりつくような食感も良い者です。この烏賊好きです。

バチコを使った茶碗蒸し。ご主人の修行先である辻政のスペシャリテだそうです。

焼物は太刀魚。そして付け合せは牛蒡の胡麻合え。

この太刀魚が驚きの1皿。火加減がよいのでしょうか。きちんと火が通っているのですが,全く硬くありません。

身が口の中で解けてしまいそうな,柔らかく,そしてふっくら焼き上がっています。先ほどの穴子と同じですね。

炊き合せは里芋,根菜,椎茸,そして鰆です。そして出汁はすっっぽん。

根菜,特に蕪と人参は嫌いなのですが,えぐみを感じることなくおいしくいただけました。

そして,出汁がいいです。そして,少し根菜の甘味が出ているような,優しいお味でした。

そして,お馴染みの土鍋ご飯。今日もつや姫の新米のようです。

そしてお味噌汁は八丁味噌。

普段は玄米を食べていますので,白米,それも新米はおいしすぎます。

今日は3杯も食べてしまいました。

そして最後の水菓子は紅いも羊羹と富士林檎。

お薄もおいしくいただきました。いつもより味わい深く経ててあるような気がしました。

今日も,ご馳走様でした。先付け,焼物も炊き合せも,いずれも最高の出来。

御りょうり屋伊藤

住所:山形市七日町四丁目10-16

電話:023-635-8010

時間:18:00~23:00

定休:月曜日

山形県内

東京天国 山形支店,2016 秋,山形市,ΨΨΨ

かなり久し振りに訪れた天国。なんと2年振りでした。

ただ,去年も来ようと思ったけど,店主がバイク事故で入院していた模様で果たせませんでした。

逆輸入の刀に乗っている方の様です。

先付けは,紅葉や銀杏の葉に見立てたもので秋らしさを演出しています。

こういったところが,普通の天麩羅屋さんとは異なるところだと思います。

向付けは,鮪,蝦,烏賊。この組み合わせは2年前とほぼ同じですね。

大根の桂剥きで飾っているところも。

そしてこのお店の基本である天麩羅。やはり安心して食べられます。

そしてお椀物が,何と松茸土瓶蒸。

天麩羅屋で土瓶蒸に出合えるとは思いませんでした。

ただ,その前の週に最高の土瓶蒸しに出会っていますので,ちょっと感激は薄かったかな。

お出汁も比べてはいけませんよね。

炊き合せは豚の角煮。十分合格点を付けられる出来です。それなりに,とろとろ感もありましたし。

ご飯はお蕎麦。おそらく,酒井製麺の蒟蒻蕎麦だと思われます。

東京天国 山形支店

住所:山形市七日町3-3-38

電話:023-623-4264

時間:11:30~14:30,17:00~21:00

定休:火曜日

山形県内

A walk at night

Took my little Fujifilm X100 out for a walkabout around my neighborhood.  I had some fun with filters in black and white.

Digital Photography

iL Cotechino ,2016 夏 ,山形市 ,☆

夏の暑い日,みんなが集まり恒例のiL Cotechino へ。

いつもは飲まないのですが,今日は泡が欲しくて。イタリア料理店ですので,ランブルスコの泡で乾杯。

最初はいつものバーニャ・カウダで。夏だからかゴーヤが這入っています。そんなに苦くなくこれはこれで好きかも。

自家製ハムの盛り合わせ。これも毎回出ているので,各自好きなハムができています。

大きめに分けて,各自が好きなハムを多めに。自分は残ったハムをいただきます。

これも最近は毎回出ている,ダル・ペスカトーレのスペシャリテ。

ただ,毎回構成が変っているのかも。今日の出来は,皆が「もう一皿食べたい。」と言っていました。

生ハムとサラミの盛り合わせ。自分は右端のスペックが大好きです。

メラーノのRistorante Kuperlain で初めて食べました。

それとほぼ同等のスペックを地元に居ながらにして食べることができる。嬉しいことです。 6 more words

山形県内