Tags » Fuji X100

ハタケカフェ ,2016 夏 ,山形市 ,×××

巷では六次産業とか,耳新しい言葉がはやっているようです。その成功例として聞き及んだのがこのハタケカフェ。

どれだけ上手くいっているのか。試しにいってみることに。

母屋はどう見てもドライブイン。雰囲気がよくないので,奥にあったコンサバトリルームのようなところへ入ってみました。

コンサバトリールームのようなしつらえを期待していました。イングランド訪れた Judges Country House の様に。

若しくは,フランス・ジェルブロアの街の Le Vieux Logis  の様に。

しかし残念ながら,どう考えてもこれはただの温室,ビニールハウスです。椅子もテーブルも粗末だし。

プリンアラモードを頼みました。載っているフルーツが少ないです。そしてフルーツ自体があまりおいしくありません。

白桃は香りも味も薄いです。ブルーベリーはすっぱいだけ。キングデラは甘みが足りません。

プラムもプルーんもみずみずしさがなく。そして瑞々しさのない紅花メロン。

フルーツが売りのお店でこれはないでしょう。

そしてプリンはクレームブリュレ風ですが,プリンアラモードとして組み合わせるには不向きです。

ちょっとだけ料理が上手な素人が作っている。とてもお金を取れる代物ではありません。

あまりのひどさに,早々に引き上げようとしました。しかし,そこにも落とし穴が。

レジに立っても誰も出てきません。奥に入って,お茶を飲みながら,何か食べています。

何回呼んでも出てきません。その内,厨房の人は気がついたようですが,知らない振りをしています。

何回も大きな声で呼んで,やっと出てきました。物を食べ終わったようです。

普通なら,何か一言あるはずです。しかし,無表情で受け取って,無言でレジを売っています。 18 more words

山形県内