Tags » Gizzly

NTT ドコモのクラウド応答時間を最大50%短縮するサーバー管理技術、OpenStack 最新版 Grizzly へ [ #cbajp ]

NTT ドコモは、クラウドサービスの応答時間を最大50%短縮するサーバー管理技術を開発、ソースコードを「OpenStack Foundation」に提供した。このソースコードは、「OpenStack」最新版、「Grizzly」の標準機能として導入された。

http://japan.internet.com/webtech/20130409/4.html

NTT

ドコモ、応答時間最大半減のクラウドサービス新技術[ #cbajp ]

NTTドコモは、4月8日にクラウドサービスに関する新しいサーバ管理技術を発表した。仮想化技術を使用しないことで、応答時間の削減を図っているのが特徴だ。NTTドコモが発表した新しいサーバ管理技術では、クラウドサービスにおける応答時間を最大で半減することが可能になるという。ドコモは、この新技術を応用可能にするため、ソースコードをクラウドサービスを提供する開発団体「OpenStack」に提供し、4月4日に公開したGrizzlyの最新バージョンで利用できる。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1304/08/news103.html

NTT

NTTドコモがベアメタルプロビジョニング機能のソースコード提供:OpenStack新バージョン公開、Hyper-Vもサポート[ #cbajp ]

OpenStack Foundationは4月4日、クラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の新バージョン「OpenStack 2013.1」(コードネーム「Grizzly」)をリリースした。OpenStack 2013.1では、対応するハイパーバイザを拡張し、KVMやXen、VMware ESXに加えHyper-Vをサポートした。さらに、コンピュート機能を提供する「Nova」では、スケーラビリティ向上を支援する「Cell」を追加。地理的に異なる場所にある複数のクラスタ(Cell)を、Nova APIを介して一元的に管理できるようにするという。ほかに、ネットワークモジュールの「Quantum」ではLoad Balancing as a Service(LBaaS)機能を追加したほか、ストレージモジュールの「Swift」でCross-Origin Resource Sharing(CORS)をサポートするなど、拡張性、効率性の向上が図られている。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1304/08/news133.html

NTT

Grizzly

Dear C.S,

 I would like to discuss with you regarding Grizzly problem supplied by you, As per your suggestion we changed grizzly gear box oil, gearbox oil seal but still grizzly gearbox temperature is shooting up to 69°C.In my observation I found that our grizzly front left side spring is set (lost its tension) so grizzly is not vibrating properly. 50 more words

Gizzly