Tags » Harry Belafonte

6月19日はジューンティーンス独立記念日 Juneteenth Independence Day


Juneteenth Independence Day

6月19日はジューンティーンスという、黒人にとっての独立記念日です。リンカーン大統領が発令した奴隷解放宣言によって、これまで奴隷だった黒人たちはみんな「自由」になったのです。

奴隷解放令が施行されたのは1863年1月ですが、なぜかテキサス州にそのニュースが伝わったのは、2年半もあとの1965年、6月19日だったのです。

その理由は定かではありませんが、この日をもって正式に奴隷たちが解放されたというおめでたい日というので、ジューン・ナインティーンスを省略して「ジューンティーンス」というお祝いをするようになったそうです。祝日とはいえ、学校や仕事がお休みになるわけではなく、テキサスなど、ごく一部で、「有給を取って休んでもよい」とされているようです。

黒人の間でもあまり知られていない祭日でしたが、ドナルド・トランプ政権になってからは、「ブラック・ライヴス・マタ―(黒人人権尊重)」の気運が高まり、注目されるようになりました。

マーティン・ルーサー・キング牧師が亡くなってから50周年ということもあり、ニューヨークでは、キング牧師と共に黒人公民権運動の活動家として名高い、ハリー・ベラフォンテを迎えて大きなイベントが開催されます。参加無料。以下、詳細です。

「第4回ジューンティーンス祭典」

日時:6月19日 7:30pm

場所:リバーサイド教会490 Riverside Dr., New York, NY 10027

無料:Free and open to all! 6 more words

Don't Stop The Carnival: Calypso In The Sixties and The Birth of Soca

With his 1956 album ‘Calypso’, Harry Belafonte had achieved for Calypso what Elvis Presley had achieved for Rhythm and Blues. Harry Belafonte had brought Calypso music, in somewhat of a watered down form, to a mass audience. 1,420 more words

Calypso

Jules Nasso speaks about Netflix martial arts action ‘Darc’ [Interview]

Recently released on Netflix, the movie “Darc,” by Hollywood giant Jules Nasso, has martial arts meshing with human trafficking. “Darc” is Nasso’s return to the martial arts and action film genre as producer and director. 121 more words

Lifestyle

“Betty: They Say I’m Different” Premiere at Red Bull Music Festival in NY

by Jon Pareles via nytimes.com For a few short years in the 1970s, no one made funk as raw as Betty Davis did. She sang bluntly about sex on her own terms, demanding satisfaction with feral yowls a… 24 more words

Featured

Farewell, Bra' Hugh

The world lost one of it’s greatest musical ambassadors of Pan Africanism the day it lost Hugh Masekela, known as “Bra Hugh” in South Africa and much of the world. 1,515 more words

Appreciation

Red Bull Music Festival Is Bringing '90s Nostalgia To 2018 New York

In today’s ‘90s-obsessed pop culture climate, it’s only right that festivals and events have begun to show more love to the icons of the decade that gave us Tupac, … 580 more words

Home Page