Tags » Japankids

夫を励ましサポートするために大切な4つの事

時々気づくことがある。夫が必要としていることや願っていることに、特に気を配っていない自分がいることに。彼は自分自身の人生に満足していると勝手に想定して、どうやったら彼が、私自身の必要を満たしてくれるかだけを考える。彼自身だって、夢や必要としていることがあって、励まして欲しい気持ちがそこにあることを忘れて。

私たちが自分の夫のことを思い、励ますこと、いかにそれを意識する必要があるか、忘れてしまうことはとても簡単なことだと思う。自分自身とは全く異なるこの相手に対して、自分はどうやって励ましサポートすることができるか、完全にわからなくなってしまうことだってあるよね! そして日々の生活に追われて、タスクをこなしていく中で、夫に対して特に気にもかけず、そこに努力を費やすこともせず、ただただ時間だけが流れていってしまったり。だけどここ最近で本当に気づいたことがある。私たちが忘れてはいけない、妻としての役割は常に、私たちの夫を立て上げ、励まし、元気付けるということ!

「妻は夫を理解しサポートします」(コロサイ3:18 MSGから直訳)

私たち自身が夫の良きサポーターになる必要がある。それって、夫をより深く理解していくことで、できるようになる。そして私たちが結婚した男性が持ち合わせる、とても奥が深くて複雑な部分をどうやったら理解できるか、その方法を発見していくことが必要になってくる。 夫を励ましてサポートする方法ってたくさんあると思うけど、その中で私が最近、自分の夫と話していた時に気づいた、いくつかのポイントを伝えるね。

1.感謝することで、夫を励ま

とてもシンプルなことかもしれないけど、普段どれだけ自分の夫に対して、ありがとうって言えているかなって考える。私の生活は、二人の子供のこと、日々やらなくてはいけないことが詰まっていて本当に忙しい。みんなそうだと思う。そうすると、夫にやってもらいたい事リストがどんどん出来上がっていく。と言うより、夫に対して、これまだやってないの!?と詰め寄って文句を言ってしまうことだってある。そして日々が過ぎていって、最後に「ありがとう」って言ったのいつだっけ!?ってなったりする。でも本当に大事なことはもっと簡単で、食器を洗ってくれたり、子供たちをベットから起こしてきてくれたりした時に、ただそれに、ありがとうって伝えたらいいんだよね。例えそれが、半分ぐらいしかできていなかったり、私自身がやって欲しいって思うレベルに達していなかったとしても、文句を言うより、ありがとう!って伝えることが大事。例えそれ自体をちょっと過剰に感じる時だって、自分が感謝を伝えるんだってことを、常に思い続けることが大事。

ありがとうって伝え始めてすぐは、とてもむず痒く感じるかもしれないけど、一度その感謝の気持ちを出し始めたら、それ自体が自然なことになっていく。どうしてそれが重要かって?なぜなら、感謝を示すことは、ただ私たち自身が夫を励ましして助けることだけではなくて、お互いが相手への愛と感謝の思いを湧き上がらせることに繋がっていくから。そして私自身が、夫に感謝を示すことによって、夫の良い所をもっともっと大事にしたいって思えるようになるから!

2.尊敬することで、夫を励ま

私が夫に、どんな風に応援して欲しいって聞くと、彼はいつも尊敬して欲しいって言う。男性ってみんな本当に、自分が尊敬されているかどうかを知りたがっている、と言うことを、私たちは知っておく必要がある。なので。私たちが彼らのことを笑ったり蔑んだりするとき。はたまた、彼らの悪いところを話していたり、彼に対しての不満を女友達と話している時、私たち自分の夫を尊敬してないってことになる。もちろん彼らに直して欲しい良くない部分ってあるはず。でもそれって、私たち自身にも言えること! それを、自分がいる前で言って欲しくないって思うのと同じで、ましてや他の人に話して欲しいなんて思うわけないよね。そうじゃなくて、自分自身がやっていること、人生の中で成し遂げていることを、称賛されたいし、尊敬されたいって思うのは当たり前だよね。

 

私が今も覚えているんだけど、ある時私が友達と夫のエクササイズの手順等について、とにかくなってない、って話をしてたことがあった。私はただ楽しんで話していただけだったんだけど、家に帰り着いて、彼が全く嬉しそうにしていないことに気づいたんだ。彼にとってその話は、全く楽しいものでは無かったということに、私はその時初めて知ることになった。私の夫は普段はとてもリラックスしているタイプで、冗談も良く言う人だけど、私がその話をしていた時の声のトーンは、夫に対して、尊敬を示したものじゃなかったし、しかも私はそれを、他の人の前でやってしまった。私自身が彼のナンバーワンであるべきで、尊敬を示すべきなのにも関わらず、そして彼もその尊敬をすごく求めているにも関わらず、私はそれをしなかった。もちろん、私たちの人生の中で、尊敬している人っていっぱいいると思うけど、自分の夫がナンバーワンであるべき!それって、私たちが結婚したときに抱いた尊敬の思いであって、その思いは常にもっともっと成長していくもの。決して、彼らの間違いを発見するたびに、減っていくものではない。

3.信頼することで、夫をサポートする

母としてやってしまいがちなことって、全部自分でやってしまうってこと。なぜならそっちの方が間違いは無く、全部きちんと出来るって知っているから。もしかすると、自分たちは母だから、一番のやり方を知っているのかもしれないし。でも私たちは結婚生活の中にいて、家族なわけだから、夫とも家事等やるべき事を分担していく必要がある。それって実は、彼らを信頼してすっかり任せきっちゃう、大丈夫上手くいく、って思って任せることだったりする。彼らをもっと信頼する必要があるよね。大きな信頼、例えば、彼は財政的に家族を守ってくれるって信じている、それと同じように、どんな小さなことにおいても、彼らを信頼する必要がある。私自身、時々、夫が何かを始める前に、それをストップさせちゃうことだってある。その時彼は、「なんで信頼してくれないのさ?」って言う。ね、なんでだろう!? 多分だけど、私が思い描いている通りにはいかないだろうなって思って、不安なんだと思う。そしてもちろん、上手く運ばない事だって多々ある、だけどそれこそが結婚っていうものだし、どんなにお互いがミスをしようとも、お互いを信頼しあうことがとても必要だよね。どんな時でも妻は夫を信頼している、それを常に感じていたいって夫は思っているはずだよ! (実は、このポイントが一番大事!って私の夫は言ってくれた。)

 

4.彼の夢をサポートする

私たちは、自分たちの配偶者の夢を応援する後見人である。その夢を押しつぶしちゃう? それとも応援する?私たちの人生を振り返る時、私たちが励まされて応援された夢を後悔することは無いけど、それよりも、潰してしまった夢を後悔することはあるかもしれない!

昔、ひろしが私のところに来て、彼の夢やアイディアを語ってくれたことがあった。もちろん私は彼の話に耳を傾けるわけだけど、その後で、ネガティブなことを並び立てて、それは上手くいくはずないよって言ったことがある。もちろん、彼のアイディアの中にはおかしな物もあって、上手くいかないことだってあったわけだけど。でもそれは、私が決めることじゃない、彼が、彼自身で知る必要があるって事に私はある時気づいた。もし私が彼の夢を押しつぶし続けるとしたら、それは、私が一番居心地が良いと感じる空間の中に彼を閉じ込めて、彼のポテンシャルを存分に生かそうとしてないってこと! だから私も変わろうって決めた。例えもし、夫が持ってきたアイディアが、良いねって思えないものだったとしても、私は彼を励ます者であるべきで、それを遂行できるように立て上げるべきで、決して理屈を並べ立てる者では無いってこと!

もしかすると、それは時として何か自分たちの将来にマークを残すことになるかもしれないし、環境を一変させることになるかもしれない。私の夫が自分のビジネスを始めるってなった時、私は最初、とても良いとは感じられなかった。なぜなら、お金が入ってこない時期が少なからず続くってことも、たくさんの失敗だって出てくるってこともわかっていたから。その時私たちは子供が生まれたばっかりで、安定を切望していたわけだけど、でもそれと同時に、その時の仕事に彼はもうこれ以上留まる必要が無いってわかっていたし、彼の才能をもっと何か大きなこと、神様の為に用いる必要があるってわかってた! だから私がしなきゃいけなかったことって、彼を応援して励まして、大きく飛び立たせることだった! 夕食を食べているときに、もしくは朝のコーヒーを飲んでいるときかもしれない、彼が夢について語るときに、私がどのように応答するかで、その夢が死んでしまうのか生きるかを決定しちゃうんだってこと!どのように応答して振舞うかって、とっても大事!私たちの夫の夢は、私たちの手の中にあるんだよ!

今週どのようにして、あなたは夫を応援して励まし、サポートすることができますか?

#christianfamily

夫に家族に関わってもらう4つの理由

第1子の娘が生まれた時、すごく不安だったと思う、9年間幼稚園の先生としてたくさん子ども達の面倒を見てきたけれど、自分の赤ちゃんをどう世話すればよいか分からず、その小さな彼女を腕に寄せた時びびってしまった。どれだけ多く子育て本を読んでも、次の準備を十分にしてはくれない。

私は自分の感情と戦った;泣きながら病院を後にし、赤ちゃんに授乳するのに何ヶ月も苦労し、ずっと「この子を寝かすともう起きないんじゃないか」と思い、些細な事も普通っぽい事もなんでもネットで調べてた!

多分、多くの新米パパ・ママは同じようなことすると思う、人生での新しいシーズン、すごく最高で同時すごく怖さもある!

このストレスを感じる試練の中で、旦那さんをないがしろにしたりケンカしちゃうのって簡単。

特に女性はホルモンバランスがアップ・ダウンするから、些細な事で旦那さんに文句を言ってた。ずっと昔から望んでいた自分の赤ちゃんを手に入れたことに満足して、夫のニーズは自分の中で一番低い優先順位となってた。でも、すぐに“自分たちは一緒に今このアドベンチャーを通ってるんだ”って気づいた、ママ&パパとして!私たちは、一緒に経験して楽しむ必要がある、タフなことも。

彼に何かをお願いした時、私が思ってた様にしてくれない事が多い、カーラへの対応がちょっと雑だったり、私が望んでいる様に家事をしてくれなかったり。彼は私の様にストレスを感じずリラックスした感じでいる、けれど彼にお願いすることは全て私の望んでいるレベルまで達してない:口論の始まり!

でも、それは私が抱いていた恐れや過保護な感情だった。私は、恐れを克服し神様を信頼する必要があった、神様が私の小さな娘の人生をコントロールする人だって!

 妻は、主に従うのと同様に、夫に従いなさい。 23 なぜなら、キリスト様の体である教会がキリスト様にゆだねられているのと同じように、妻は夫にゆだねられているからです。〔キリスト様は教会のために心を配り、その救い主となるために、実にいのちさえも投げ出されたのです。〕

エペソの人手紙 5:22-23 | JLB

聖書では、私たちは夫を理解してサポートする必要がある、そして彼に家族をリードしてもらう環境を作らないといけない。でも、私たちはたまに家庭をコントロールして家族のボスとなりたくなる、家庭内での夫へのリードする役をすごく小さくして。

特に旦那さんが一緒にいてくれない時間が多いと、いないことに対して苦い思いを抱く様になり、もっと遠ざけてしまう。けれど、彼と結婚した事には理由がある、だから彼を理解し旦那さんを家族のリーダーとして私たち家族の人生に関わってもらう必要がある。時には、彼に委ねて彼のやり方でリードしてもらう必要があるかもしれない!

だから、私は夫に積極的に家族と関わってもらう様にした、これらがなぜ赤ちゃんだけに夢中になってはいけない理由であり、夫を遠ざけるほど赤ちゃんに過保護になってはいけない理由、夫にぜひ新しい家族の人生の大きな一部となってもらおう。彼に関わってもらう事で、彼はもっと自分が家族の一員だと感じることができる。

彼は家族にとってとても大切な存在。

私の娘はパパが大好き、面白くて愛おしくて家族みんなを笑わせて楽しませてくれる!ストレスな状況をジョークで家庭を明るくしてくれる!

そして彼は私の真逆!私が最初彼にカーラの世話をさせない様にして全て自分でやっていた時は、今ほど素敵な関係ではなかったと思う。

カーラはパパと一緒に過ごす時間が大好き、そして私にずっとひっついている必要もない。カーラにとってパパが間違えようが大変だろうが関係ない、実際彼女はそういうパパが大好き、だから彼女の前でもありのままのひろしでいてもらってる!

もしかしたらあなたは“夫は家族の中での役割を担いたくない”や“忙しすぎる”っておもっているかもしれない、けれど時には私たち自身が夫に役を担ってもらわないよう追いやっているって気づかない事がある、なぜなら私たちが自分でコントロールしたかったり自分の方が子供のことよく知ってるって感じるから。彼にも家族の生活の一部になってもらうという事は、彼が家にいるときはなるべく彼だけに子供の世話をしてもらう、彼に子供の面倒をお願いする、また世話をしてもらった時は彼を励ます、という事。例えば、「あなたの子供との遊び方が好き!」や「そうやってしつけてくれてありがとう」、「さっき面倒見てくれてありがとう」など、彼に家族の一員として役割を担ってもらっていることに感謝をあらわし、もっと家族に関わってもらおう。時には、私たちは夫のための家庭内の居場所を作ってあげて、家族の中でなくてはならないとっても大事な存在だって上げましてあげる必要がある。

また、私たちが夫に世話をしてくれる事に対して信頼していて、父親として尊敬している事を示してあげることもとっても大切。これらを彼に示してあげることで、彼は本当に父親としての役割をもっと担ってくれる。私たちが彼を遠ざければ遠ざけるほど、彼自身の父親・夫としての自信がなくなってしまう。

彼に関わってもらうことで、あなたがしている家事も助かることになる

もしかしたらあなたは“夫は家族の中での役割を担いたくない”や“忙しすぎる”っておもっているかもしれない、けれど時には私たち自身が夫に役を担ってもらわないよう追いやっているって気づかない事がある、なぜなら私たちが自分でコントロールしたかったり自分の方が子供のことよく知ってるって感じるから。彼にも家族の生活の一部になってもらうという事は、彼が家にいるときはなるべく彼だけに子供の世話をしてもらう、彼に子供の面倒をお願いする、また世話をしてもらった時は彼を励ます、という事。例えば、「あなたの子供との遊び方が好き!」や「そうやってしつけてくれてありがとう」、「さっき面倒見てくれてありがとう」など、彼に家族の一員として役割を担ってもらっていることに感謝をあらわし、もっと家族に関わってもらおう。時には、私たちは夫のための家庭内の居場所を作ってあげて、家族の中でなくてはならないとっても大事な存在だって上げましてあげる必要がある。

また、私たちが夫に世話をしてくれる事に対して信頼していて、父親として尊敬している事を示してあげることもとっても大切。これらを彼に示してあげることで、彼は本当に父親としての役割をもっと担ってくれる。私たちが彼を遠ざければ遠ざけるほど、彼自身の父親・夫としての自信がなくなってしまう。

彼に関わってもらうことで、結婚関係が強くなる

恐れ・しんどいこと・感情的なもの・喜びなどいろいろシェアし、結婚生活をもっと強くさせよう。もし私が夫をブロックすると、簡単に感情的になり、自分にイライラしてしまう。でも結婚というものは分かち合う必要がある。どういう意味かと言うと、私は自分の夫に恐れや良い事について話す、そしてお互いを理解して支えあう。これは、子育てをする中でとっても大事なこと、なぜなら子育てはまったく新しい経験で、今まで生きてきた中で特にクレイジーな経験であって、内側の底上げはするけどお互いの本当の気持ちは分かち合わない、なぜならそれが“子供のために強くならなくちゃ!”というのが夫婦だって思っているから。けれど、アップ・ダウンする感情・今自分が思っている事・今何が起こっているかなどを夫に話したり、逆に夫が抱く家族の役割についての心の内を打ち明けてもらう時間をもとう。

彼に関わってもらう事で、自分の時間がよりとれる

彼にしょっちゅう子供の面倒を見てもらっていると、子供をパパを信頼し一緒にいる事が大好きになる、第2子が生まれた時もカーラはずっとパパと一緒にいても嫌がらず楽しんでいた、おかげでマアは生まれたばかりのテッドの世話を見ることができた。また、私自身も休憩が必要、でもパパが両方の子供の面倒を見てくれるので私も1人で友達と遊びに行ったりもできる。

本当に、私たちはただお願いをするだけ!パパは喜んで私に休憩を取らせてくれる!彼は普段私がする大変なママ&主婦業に感謝してくれてる、だから彼はよく休憩をとらせてくれたり夕食作ろうかって聞いてくれる。

私たちは自分で頑張らなきゃって全ての重荷を背負おうとすればずっとそういられる、そうすると結局完燃え尽きてイライラしてしまう、だから、旦那さんに少し助けてってお願いしてみたら!

日本では多くのパパは長時間労働を強いられて中々家族と一緒にいられない、けれど、妻の仕事として、できるだけ夫を家族の輪に加えてあげる、家に中々いないからといって彼に不満を言うんじゃなくて。もしそういうネガティブな気持ちが出てきたら、あなたの夫に話してもっと思いを伝える必要がある!私たちの夫は助っ人であり、家族のリーダー、だからこそ彼にもう少しスペースを与えてあげて、家族に関わってもらおう!

あなたはどのように旦那さんに家族と関わってもらっている?この分野について悩んだ事はある?

#christianfamily

幼児と一緒にファミリータイムを楽しむ40のアイディア!

先週はファミリータイムがどれほど大事でどのように家の中で素晴らしい家庭環境を作り上げていくかについて紹介した。

今週は家族がもっと近くなる実践的なアイディアをシェアしたい。

このキリストのもとで、各器官が結び合わされ、体全体がしっかりと組み合わされて成長し、愛にあふれるようになるのです。」

エペソ人への手紙 4:16 | JCB

この聖書箇所が私にとって理想の家族 – 時間を過ごし、神様の愛の中で助けあい成長する!親が子供たちの成長を助けるように、子供たちも親を成長させてくれる!

だから私たちは家族で時間・実りある時間を過ごす必要がある、そうすることで私たちは成長でき、一緒にいる時間を楽しみ素晴らしい思い出を作っていける!

ファミリータイムの過ごし方のアイデアはたくさんある、きっとあなた自身も持っていると思う。私たちの家庭には2人幼児がいるから、幼児とのファミリータイムの実践的なアイディアをリストアップできると思った。いくつかは家でしたことがある。まだトライしていないものも!

幼児と一緒にファミリータイムを楽しむ39のアイディア!

1.ダンスパーティーをする – ミュージックの音量をあげて!何かを片付ける必要がある時や子供たちが何かやりたくない時、私はこの手を一番する。私たち自身もリラックスできるし一緒に楽しめる!子供たちにいろんな音楽を聴かせてあげられる機会にもなるよ!

2.家族ゲームタイム:私の娘はロットや魚釣りゲーム、スナップ、神経衰弱などが大好き。2才児向けの簡単なゲームはいっぱいあるし、自分でゲームを考えてあげるのもよい!

3.映画「パディントン」に家族みんなが夢中な時はムービーナイトをする!けれど、短い映画やテレビの方が幼児にはオススメかも、長い時間集中するのがまだ難しいから。

4.室内ピクニックで夕飯を食べる

5.一緒夕飯を作る、小さくてもお手伝いはしてもらえる。

6.たこ焼きを一緒に作る – 小さい子供たちはいろんな具を入れることをすごく楽しむ。

7.パズルをする

8.クッキーを一緒に作ったりカップケーキをデコレーションする

8. かくれんぼ – 私の娘はパパとかくれんぼをするのが大好き!(私のインスタストーリーを見て!)

9.ピザを注文する – あなたが料理するのが億劫な時は特によい

10.アイスを食べに行ったり、コンビニでアイスを買って家で食べる

11.水合戦をする

  1. ドレスアップショーをする – 子供たちはパパ・ママの洋服を着てショーするのも大好き!

13.ピザを作る – 子供たちは自分たちの好みのトッピングを作りたがる。

14.歌って、楽器を持ってマーチングする。

  1. – おもちゃのカーレースをする

16.家族写真やビデオを一緒にみる

17.一緒に聖書を読み、何をそこで学んだかシェア。

18.一緒に本を読む

19.ウノやトランプをする

20.フリーズダンスをする – 音楽が鳴ってる時は踊って止まるとストップする。

21.ストーリーを読み聞かせる時、影や手を使って作ったパペットやぬいぐるみを使う。

22.風船で遊ぶ

23.紙飛行機を作って競争する

24.隠れ家を作ってそこでストーリーをシェア

25..一緒にワーシップ(賛美)したり一緒に歌う。

26.タイムカプセルを作って埋める、又は家のどこかに隠す。

27.一緒にディナーを食べながらその日で一番嬉しかったことを話してもらう。

28. レゴブロックの建物大会をひらく。

29.誰が一番高いタワーを建てれるかコンテスト

30.ティーパーティーをする、よしよしできるぬいぐるみと一緒に。

31.テディを隠せゲーム – 私の娘はこのゲーム一日中やってられる!

32.感謝していることについて話し、それについて祈る。

33.一緒にカラオケ

34.くすぐりファイトをする

35.懐中電灯を持ってパパ・ママのベッドに潜り込む

36.一緒にベッドメイキングをする(私の娘は、おいでって呼ぶと布団にコロンってするのが大好き!)

37.一緒にベッドの上でジャンプする

38.夏の夜、近所をお散歩

39.一緒にyoutubeビデオやファミリービデオを作る。

40.子供に何をしたいか聞いて、それを一緒にする。

あなたのアイディアもぜひ聞きたい。上のようなこと、家でしたことある?家でファミリータイムを過ごす時は何する?もし小さい子供がいるなら、どうやって楽しませたりファミリータイムを過ごしてる?ぜひ教えて!あなたのやり方を聞くの楽しみにしてる!

#japankids

心を生きさせる秘訣を保つ4つのステップ

ママとして必要なすべきことに本当によく心をくたくたにさせてしまいがち。洗濯や食器洗い、子どもの鼻を拭いてあげたり、オムツ替えや授乳、食事を与えたり、学校への見送り、料理したり、遊んであげたり、子どものことで対処したり、床掃除、机を拭いたり、お風呂へ入れて読み聞かせをしてベットタイムの日課をこなしたり。また、育児本を読んだり、トライしたい新しいレシピや、家をデコレーションしたり、クラフトをやったりは時間がなくてできない。リストはキリがなく続いてくわ。

私たちはいつもリストを作るけれどやる必要があることも探してて、こんな中心を生き生きさせるための時間を見つけるのってとても難しい。

私たちは確かに子どもたちをケアし全てを尽くして彼らを育てるママだけど、同時に若い女性であり、妻であり、娘であり、友達であり、ずっと大きな夢とビジョンを心に抱く女性でもあるわ!

私たちは忘れてしまった??

聖書の中でも私が好きな箇所の一つは、マリアのことが書かれたところよ。彼女は大きな計画が人生に用意されていた女性だった。彼女の人生は神の子を産もうとする時から変わり始めていたんだけど、そんなびっくりするくらい訳が分からなくて困惑する状況でも、彼女は心にどんな正しいものを納めるかを分かっていたの。心に宝を納めていたのよ。

ルカの福音書2:9(JCB )

マリアはこれらのことを全て心に納めて思い巡らしていました。

これを読むたびいつも自分に問うわ「私は何を心に納めているだろう?」って。日々のネガティブなことやタフなこと?それとも子どもとの素晴らしい時間、または自分や子どもに対しての夢やビジョン?

マリアは心に感情を溜め続けたり彼女を手助けするためにすべきことをしなかった夫に対する悪意やお母さんとしての失敗や罪悪感、人生で達成できなかったこと、この先も達成することはないかもしれないがっかりした気持ちを溜めることがなかった。

彼女はいいことを忘れずにいて、常に夢とビジョンを思い起こし続けたわ。廃れたものとしてどこか隅っこに置くのではなく、情熱をもってそれらを思い出そうとしていたの。

彼女は心に何を納め、納めるべきじゃないかを知っていた、知恵のある女性だった!

 

私は以前、私がやりたいと強く思うことに対して夫がそれをどう促してくれるか、周りの人々を励ましたくて書いたわ(なぜブログを始めたか、前の投稿を見てみてね)。私は幼い頃、よく庭の物置小屋で昆虫の家族のストーリーを書きそれをずっと夢に描いていたの。でもその夢は私が20代になって勉強や仕事で忙しくなってから心の奥底に閉まい、もうきっと実をならすことのない廃れた夢になってしまっていたわ。子どもができてからは夢へのいろんな想いもどこかへ飛んでいき、夢をもつ資格さえないような気がしていたわ。

私は、単に自分の子どもを育てることがママとしての生活だと思っていたわ。仕事をして彼らの世話をする、それが良いママのするべきこと。そういうステレオタイプの考えにはまり、自分の夢なんて忘れてしまっていたの。

でも、本当はママとして子どもに対してだけでなく自分の夢をもち、人生にビジョンを探し求める必要があるわ!

夢やビジョンを求めるとき:

  • 人生を大きく生きることを子どもたちに励ます
  • 自分の人生で満たされているという感覚をもつ時、自分は与え切ったとか情熱が足りないと感じるのではなく、子どもたちや家族にもっと与えていける
  • 神様に近づき、彼が私たちに呼んでることに向かっていく
  • 心を生き生きさせる秘訣をもつたび、情熱でいっぱいになって心が燃えていく

だからあなたに励ましたい、ママになってからでも夢を描くことを諦めないで。子どもがいて自分のゴールは達成できたと感じるのは簡単よ。

でもあなたの人生はそこで終わってはないわ。どんなに小さくても神様はあなたに夢を描き、その中に生き、彼が呼ぶビジョンで心を満たしてほしいと思ってる。

 

だから夢やビジョンが廃れたり忘れ去られず、心を生き生きさせる秘訣を持ち続けるためにあなたを励ましたい4つの方法を載せるわ!

ジャーナル

神様はあなたの夢について何て語っているかしら?まずは神様の言葉を求めて聖書を読み、将来に何を語ってくれてるかを書き出して行動に移すの。

 

夢を大きく描く

自分はこうであるべきだ、ステレオタイプのママでいるべき、人がこう言うから、達成できるかどうか分からない、などで自分にリミットをかけないで。夢を模索し心に大事に置いている全てのものを、思い出し書き出して心にしっかり握り締めてほしいの。ビジョンや夢も書き出して、いつか将来振り返った時その中で生きてる自分を見れるようにもね。

 

自分が周りから励まされるために時間をとる

時に家族やいつも一緒に過ごす友達を離れて、自分のためにちょっと時間をとって休み、一人でまたは違う世代の人たちや自分の人生と違うステージにいる人たちと時間を過ごして彼らから学ぶ姿勢をもつのはいいことよ。私は自分より若かったり、違うことをしている友達から、もっと大きく素晴らしいことを想像するように励まされるわ。

 

自分の夫やあなたと親しい友達にこれらをシェアして

ビジョンを誰かにシェアしたり話したりする時、一人でその情熱を燃えさせず、夢のままじゃなくて燃え上がらせていくためにステップを踏んでいけるわ。その人はあなたが夢を達成できるように刺激をくれて、進む道どのステップにおいても励ましてくれるからよ。

あなたの夢はあなたが生きるために そこにあるわ!

ぜひ教えて、あなたの夢は何?自分の心を生き生きさせる秘訣を作ったことはある?

#japankids

励ましを受け取るママになる

信じる、信じないに関わらず全てのママは時に小さな励ましが必要なもの。家族を養うために毎日一生懸命働き彼らに必要なものを与える。彼らを楽しませたり、料理や掃除をしたり、全てを尽くしてベストなママでいようとする。でもそこから見返りがないことだってあるわ。私が子どもの頃、自分の母親は何も必要としていないって思っていたけれど、今自分がママになって小さな励ましは必要だって気づいたの。

私たちは自然と家族に与えて与えて与えるっていう風に犠牲を払うけど、自分も本当に必要なものをしっかり求めるのは大切なの!

心を引き上げてもらったり

「よく頑張っているね」って言われたり

毎日の生活で励まされたり

尊敬してもらえたり

私たちはそういう励ましが必要。励ましを受け取ることや、ほしいと思うのは悪いことじゃないわ。だから受け取る準備が必要で、またどこでそれらをもらうか、正しい場所にいることも大切なの。自分の心が励ましでいっぱいになると今度は自分も与える側になっていけるからよ!
励ましは自分を引き上げてくれて、良くなかった朝があっても素晴らしい午後を迎えることができるの。リフレッシュもされるし励ましは私たちの魂を健康に保ってくれるわ!
言うなら一杯のコーヒーより強い!

日々周りの人を励まして過ごせるのと同じくらい、自分も励ましを受け取る必要があるの。自分の子どもたちからいつも励まされるって訳じゃないし、旦那さんは奥さんに励ますのを忘れてしまったり、必要じゃないと思う時があるかもしれない。すると何だか心が乾いた状態になって遂には一人で「私ってかわいそう!」モードになってしまう。でも誰かから励まされるのをただ座って待ってちゃいけないわ。励ましをもらえる場所に行く必要があるの。それを求めることにアクティブになるってことよ。

 私が励ましを求めるためにいく2つの場所;

聖書

フェイスブックやインスタグラムを開いてちょっと休憩するのって簡単よね。リフレッシュにニュースやグーグルを見たり。でもそれらの中にはネガティブなものもたくさんあって、なぜか休憩前よりイライラしていたり不機嫌になることも。だから私は落ち込んだ時や疲れた時、最初にいくのは神様で彼の言葉がある聖書を読んで、彼の言葉に語ってもらって自分はよく頑張ってるって励ましをもらうの。

詩篇19:7(gwtからの直訳) 主の教えは完全で、心を新しくしてくれる

聖書は命を与える言葉に溢れていて、神様は聖書を通して私に語ってくれる。私たちを励まして喜びで満たし、心を新しくして日々励ましでいっぱいにしたいって思ってくれてるのよ。だって神様は私たちを無条件に愛してくれているから。

私も毎日少しでも読んでリフレッシュされて心が新しくされると、自分の子どもたちや夫、周りの人へ与え返すことができるわ。「全部与え尽くしちゃった!」って不機嫌なママにならなくてすむの!

正しい人々 

私たちが励ましを受け取れるもう一つ、それは周りの人々から。私たちは自分を引き上げてくれる正しい人々をもつ必要があるわ!

人生で自分と同じ問題を抱える人々を多くもってしまいがちだけれど、それは自分のネガティブな部分に語るネガティブな声になりうるの。でもそれらの声は私たちを励ましたり引き上げてくれたり、前に進むのを助けてくれるものではないわ。だから時に、周りにどんな人がいて励ましてくれる人か考えて、そういう人々の中に身を置くことが必要なの。

励ましをもらえる素晴らしいもう一つの場所は教会。そこには私を引き上げ人生に語ってくれる人々で溢れてるわ。私が人生に情熱と目的もって生き、一人の人間として成長できるように励ましてくれる、見かけだけじゃない本物の人間関係がある。ただのいい言葉じゃなくて私がより良くなっていくための言葉で励ましをくれるわ。そういう人々からこそ、私は励ましを受け取りたいって思うわ。

神様が他の人の人生に起こしてくれていることを見て聞く時、私も励まされるわ。神様は意味があってあなたの人生に人々を置いているのよ!神様や人々からの「いつもよく頑張っているね」っていう言葉だけでも、前へ進むモチベーションになるの。

このように励ましをもらうにはたくさんの方法があるわ。だから励ましを求め受け取れる場所に行く、そんなママになることをあなたに励ましたいの。

なぜなら

あなたの子どもたちにとって最高なママになれるし

家族や周りにとって

あなたはとっても意味のある

大切な存在

今まさに子どもたちに素晴らしい人生のストーリーを残してる

子どもたちは彼らの知る最も素晴らしい女性としてあなたを尊敬してるわ

例え言葉にできなくても、彼らは心の中で「愛してるよ」って言ってる

一番美しくて、尊敬している、一緒にいて楽しい、クリエイティブで、ケアしてくれる、他の誰でもない素晴らしいママとしてあなたを見てる

彼らは言葉で伝えられなくても、いつも100%を捧げるあなたに感謝してる

あなたは完璧じゃないけれど彼らから見てあなたは完璧

あなたのコミュニティーはあなたを必要としていて

友達や家族もあなたが必要

神様はあなたをとっても愛していて、イエスもあなたを心から想ってる

あなたはこんなに大切なのよ!

世界を動かすほどの大きなことをしてる場所にいても

勇気をもって走っている道も

また影ながらやっていることが

誰の目に見えなくても

誰も讃えてはくれなくても

神様はあなたを見ていて誇りに思ってる

あなたが関わる全ての人にとってあなたは遺産なのよ

受け取ること、忘れないで

励まされること、受け取りにいくこと

#japankids

あなたはただの妻じゃない! あなたの「グレーテスト・ショーマン」を影で支える女性となる4つの秘訣

先日「グレーテスト・ショーマン」という映画を観た。すごく良かった、むしろ良すぎた!もともとミュージカルは好きだけど、この映画は特に共感した、なぜなら私の家族と同様に主人公がビジネスを始めていたから。

この映画を観ながら、妻としての役について考えさせられた。

まだ観ていない人のためにネタバレはなるべく控えるね。これはPT.バーナムという男性のストーリー、彼は貧しい家庭育ちだけど裕福な女性と恋に落ち結婚し、サーカスを経営するようになる。それは彼がずっと夢見てきたことだった、歌まで一緒に歌って!その長い人生の旅路の中で、彼の奥さんはいつも自分の夫をサポートし、励まし、1番のチアリーダーとなっていた。

彼女は「A Million Dreams」という歌を映画の始めに歌っている:

“大きくても小さくても、あなたの計画の一部にさせて

あなたは正しいかもしれないし、間違っているかもしれない

けれど、あなたが見ている世界を私も一緒に見る”

 

この歌詞が大好き、彼女は夫と一緒に夢を見ていた、彼を信じ、彼自身が夢を実現させることを望んでた!もしこの曲をまだ聴いていなければ、ここからぜひ聴いてみて!

彼女は文句を言わず、彼にどうして欲しいか伝えて彼をコントロールもしなかった。また、彼女は妻として安定しており、彼の夢・夢見てきた人生を一緒に歩んだ。こんな妻になりたいって素直に思った!

以前夫をどうやって励ましサポートするかについてブログで紹介した時、夫の夢もサポートすることも書いた。でも、この映画を観てて「自分は夫の夢に寄り添ってる?」「私の不安定さや恐れが彼を邪魔してないかな?」と考えさせられた。

要は、妻は夫を作り、妻のおかげで夫は成功を勝ち取ることができる!これは、私たち妻も素晴らしくて一緒に夢を歩いてあげなくちゃいけない!“素晴らしい男性の後ろには必ず素晴らしい妻がいる”ってよく言われる!夫には最高な奥さんが必要なの!もし私たちに不安定さや恐れ(彼が失敗する事に対して)があると、彼の足を引っ張ることになっちゃう。

私の夫は2年前から自分の会社を立ち上げて頑張ってる、その間彼のやっている事に我慢できなくなった時期もあった、その時は不満言いがちだったし妻として不安定な部分もあった、それは私が乗り越えないといけない部分だった。

今は彼のビジネスも軌道に乗り始めたおかげで収入もあり成功してる、彼は「ローラがいなかったら絶対出来なかったよ」とよく言ってくれる。

その時は気づかないかもしれないけど、彼が成功のチャンスを掴むために頑張ってる時期は、私たち妻にとってもすごく大事な時

なぜなら、私たちはただの妻じゃないから!

私たちは夫の成功の「(かなめ)となる存在、彼を完全バックアップする役目だから!私たちは夫のサポーター。最初に神様が夫のサポーターとして女性を作ったように。だから、私たち妻は夫を献身的に持ち上げ、彼の夢が成功するためについていく存在。

箴言31章に理想的な妻の像が書かれている。ほとんどは彼女がどれほど素晴らしいかについて書かれているけど、1節だけ彼女の夫について書かれている。

「夫は人々に信頼される町の指導者の一人です。」(箴言 31:23 JCB)

ここにはどれだけ夫が成功したか書かれてあり、妻なしじゃ成し得なかった成功だから彼女も褒めている。妻は夫を力づける存在。表舞台には出ないけど、彼女(または彼女の性格)が後ろについているから、夫はまわりから尊敬される。私たち妻こそ、夫がベストを出せる秘訣!

あなたの「グレーテスト・ショーマン」を影で支える女性となる4つの秘訣

安定した女性となること

安定した女性は神様に愛されていることを知ってる。私たちの価値はどれほど夫に愛されているとか私たちが愛しているかじゃない。私たちの価値は、神様が私たちのことをどう言っているか。

また、夫にしがみつくことも簡単だと思う。夫に「夕飯時には帰って来てほしい」ってお願いしたくなることもある、私たち夫婦は毎晩いろいろな話や相談をする。手を握りあって、いつも一緒にいて。一緒にいることもとても良いことだけど、時にはそれを我慢しないといけない時期もある

もしベストフレンドであり半身である夫と一緒にいることでしか自分が完全になれないなら、私たちは不安定になりやすくなってしまい、個々で達成できることに蓋をしてしまう。ずっと夫にくっついている妻を持つ男性は、妻に手間をかけすぎて自分自身のパフォーマンスに十分な時間を割けなくなってしまう

もし私たちが自らのニーズを常に満たすために夫を求め続けると、がっかりすることになる、だってそれはムリだから。彼は人間。だから、私たちは神様によって満たされる必要がある。

安定した女性は、神様以外のものは軽く握っている。全てのものは神様からのものだから、自分がもってるものに固執する必要はないから。

時には私たちは夫を行かせてあげ、彼に「この為に自分はこの世に生まれてきた」って思えるような事をしてもらう必要がある。そして、自分自身・神様との関係・神様が自分を作ってくれた目的に対して安定してること。

コントロールするのではなく、知恵を持って話す

私たちが夫にして欲しい事を伝えて彼ををコントロールするのってけっこう簡単。男性は口論が苦手な人が多い、だからちょっと涙を流してお願いしたら女性はすぐ口論に勝ち、自分が望んでる方向へ状況を持っていける、夫のリアクションが読めるからこそ、彼をコントロールしてる事に気づいていない人が多いけど。

特に夫が何か新しいシーズンに差し掛かって上り始めた時、恐れや不安が頭をよぎることもある。最終的に、思ってもみなかった事を言ってしまい状況を方向転換させちゃうことも。

でも、それは彼への愛情表現でも尊敬を表すものでもない。少しの間は自分が欲しいものが手に入ると思う。けれど、彼が神様に呼ばれてやろうとしている事に力添えする事にはならない。

時には私たちは話を聞き、口を開く前に考える必要がある。試練の時には相手と話す前に神様の知恵をしっかりもらって。神様からの知恵は、夫をコントロールするためではなく、お互いが学んでいけるために必要なものとなるから。

何度か、私は自分の旦那さんに学んで欲しいって思うことがあった、けれど神様は「学ぶのはまずあなたの方」と教えてくれた。夫が成長しないといけないエリアに関しては私が心配する必要ない、だってそれは神様の仕事だから!

彼に自分のカバンを全て放り投げないで 

私たちはイライラし、文句・不満もでる。けれど、それを毎晩夫が帰ってきてから彼にぶつける必要はない、その日がどれだけしんどくて感謝の気持ちが持てなかったとしても。あなた自身が“不満ボックス”みたいな状態にならないで。

時には自分たちの言葉に注意しないといけない、どれくらい&どの様に話すか。

夫が帰ってくることがウザいって思っているかのように夕飯の支度をきちんとしなかったり、夫がその日にあった出来事とかを話してくれてる時にちゃんと聞いてあげなかったり。

私が不満を言い過ぎた時はわかる、ひろし(私の夫)はそうなると私の不満を無視しだすから。また、彼に不満のメッセージを送っても返信してくれないから。彼はそんなもの聞きたくない、だってそれは彼を立て上げるための言葉じゃない、逆に彼の重荷になっちゃう!だから、そういう信号があった時は自分の言葉を見直してる。

時には、私たちはただ良い聞き手になる必要もある。そうすれば、不満の量をコントロールできるし、夫を言葉で立て上げれる奥さんとなれ

 一緒にリスクを取り、同じゴールを持つ

結婚して何年も経った夫婦によく聞く、からからに乾いた結婚生活をイメージする必要なない。夫婦で共通の目的を持つことで、あなたの結婚生活を生きたものにできる。

一緒にゴールを探し、個人/夫婦としてどんな事をやり遂げたいか話しあう、そうすると例え個人的なゴールが違っててもお互いを励ませる。例えば、私がパッションもってやっているブログ投稿をひろしがシェアしてくれるとすごく励まされる、同様に私が彼の主催するイベントをfacebookでシェアすると彼も励まされる。私たちはお互いの夢に対しても夫婦の夢に対しても、お互いにサポートしあってる。

リスクを取るカップルにもなって!時々、彼はあなたが賛同できないアイディアを持ってくるかも。また、リスクが高すぎるって感じたり。

でも、まずはやってみてどうなるか試してみようよ。もしいつも妻が夫のアイディアに蓋をしちゃうような存在だと、彼は次のステップへ進めない。だから、リスクを前向きに取れて、もっと与えて、人生の冒険を夫と一緒に楽しみ、もっといろんな人に関わってもらい、夫と一緒に「死ぬまでにやりたい事リスト」を完成させ、大きな事を一緒にしていこう。あなたが結婚生活の中で作りあげた箱に収まらないで、神様の計画のために生きよう!

これらは私も今成長過程にいる、あなたは旦那さんをどう持ち上げてる?妻としてどう成長してる?あなたの意見、ぜひ聞かせて!

#japankids