Tags » Katie

Walk through walls

There’s no way to describe how a moment changes

Don’t let go of me

Inspirations

Last Supper, Last Song #2

https://fgswonline.files.wordpress.com/2017/03/ambrosia-biggest-part-of-me-lyrics1.mp3
Music by Ambrosia “Biggest Part of Me”

音楽でも聴きながら。

 

地球での仕事を終え、空へと自分の魂を送る時のBGMを選ぶのもまた「最後の晩餐」同様究極の選択。さて2017年3月25日現在、あなたは何を選ぶ?

 

遡ること大学3年の春。付き合い始めて半年の恋人テイは、よく晴れた日曜の朝に私を呼び出すことが多く、週末の朝はたいていセントラルパークの散歩から始まった。

9時少し前。セントラルパーク・ウェストを下っていくと、パークの入口でテイが左の肘に買い物袋を提げSunday paperを読んでいるのが見えた。新聞で顔が隠れていてもすぐに分かったのは、彼の履いていたティールグリーンのブリーチを私が気に入っていたからだ。

「遅れたね、おはよう」
「元気?オレも今来たとこだよ」

新聞をたたむと彼は買い物袋の中を見せて「ブレクファスト」と笑った。りんご2つとスナップル(瓶入りのフレーバード・アイスティー)のピーチティー2本がこの日の二人の朝食となった。

パークには動物園やカルーセルなどのアトラクションがあるほか池でボートを漕ぐこともできるが、私たちが好んでしていたのは橋巡り。セントラルパークには30以上の美しい橋やアーチがあり、おしゃべりをしながらそれらを渡ったり下をくぐったりするだけでも楽しめる。最も美しい橋のひとつ、1862年に造られたBow Bridgeの欄干には気品があり、ぼんやり眺めていると、日傘を差したドレスの貴婦人や馬車に乗る紳士、100年以上も昔の風景が浮かび上がるようだ。映画の撮影などにも登場する。


 

テイと私はりんごを片手に時折シャクッとかじりながら橋を渡り、2時間も歩いただろうか、疲れた頃、近くの芝生に腰を下ろした。

学校の話などしていると、すぐそばでピクニックをしているカップルのラジオからこの曲が流れてきた。

You’re the biggest part of me… 62 more words

Featured

National Puppy Day

“Remember, it’s not how I look on the outside, but how I feel on the inside that matters” – My desperate attempts, while smiling, to remain aloof when we got our puppy… 155 more words

Last Supper, Last Song #1

人として、この美しき地球で最後に口にするもの、
選べるとしたらあなたは何を思い浮かべますか。

もう10年も前、ある男性誌(既に廃刊)に、東京・ニューヨーク・ロンドン・パリ・ミラノで活躍するビジネス・エグゼクティブをひとりずつピックアップした小さなコーナーがあった。

行きつけの店や好きな時計のブランド、今乗っている車、描いている夢などを回答させるもので、見る人によっては共感を得にくいスタイリッシュな固有名詞がコーナースペース狭しと並んでいた。それだけなら選ばれた人のスタイルや雑誌自体のクオリティが想像できてしまうため毎月読もうなどとは思わなかったろうが、ひとつだけ、私の購読理由となったのが5問中最後のクエッション。

「最後の晩餐は何がいい?」

編集部がこの質問を投げかけた意図はいくつも考えられるが、おそらく5つほどの質問の中で最もパーソナルで正直に答えたくなるものではなかったか。

回答をひとつひとつ見てみると、世界中を飛び回り知識・経験・自信を身につけた彼等とは言え慣れ親しんだ食べものを選んでいたあたりは人間くさくて誰しも好感を持ったはずだ。

東京。ごはん・お味噌汁・納豆、お漬物など日本男児を誇りたくなる答えが多かった。「最後は極上の米」には思わず「そうかこれも捨て難い」。

パリジャンは食にも美しさが感じられる。生牡蠣を冷えたシャンパンで味わうとか、最後はりんごのプディング、とか。ロンドンボーイも子供の頃から食卓に上っていたであろうフィッシュ&チップスやビーンズ・オン・トーストなど選ぶところが愛らしい。

ファミリーを大切にするミラノの男性は、こちらも納得、お母さん、おばあちゃんの作るイタリア料理を挙げ、ニューヨーカーは、ああやっぱり、な「ステーキ」が大半を占めた。

地域性もさることながら暮らしぶりや育ってきた環境、また男性らしさ ― 大袈裟に言うと別れ際の男の美学たるものを垣間見ることができたようで、毎月大いに楽しませてもらった。最後の晩餐は決して悲しげなものなどではなく、彼等にとって、また私たちにとって「好き」と「思い出」を集約した、人生のフィナーレを飾る、まさにパーティーメニューであると言えよう。

けれどこのコーナーで最も気に入ったのは、選ばれた食べものの数々よりも彼等の答えが実に明快だという点だった。

性別に限らず、価値観や美意識をしっかりと持っている人は誰かを目標に掲げるでもなく日々を懸命に生きる自分の中から理想の人間像を創り出している。
まだるっこしいことを言ったが要は「ブレてない」。

「最後の晩餐」は彼等の、そんな本質を引き出そうとしたクエッションだったのではと思ったりする。「最後の最後」という究極の選択をスパッと言い切るかっこよさを、編集部は想定していたのではないだろうか。

常に潔く、清々しく自分らしさを表現できる己でありたいものだ。

「最後の晩餐」に出会ってからしばらく経ったある日、ツイッターで尋ねてみた。

「The Last Supper、あなたなら何を選ぶ?」

読者のターゲットが絞られた雑誌とは違い世界中のあらゆる職業を持つ人たちからの回答には、駄菓子屋に溢れる見たこともないお菓子を集めたような楽しさがあった。5つ星の高級ホテルで出会うメニューから家庭で生まれた創作料理、アメリカが誇るピーナッツバター&ジェリー(サンドウィッチ)まで。

そして私。
「20XX年現在、揚げたてのクリスピーなフレンチフライ。理由などない。365日好きなのだ」 7 more words

Featured

Check out "Mess" from Grace Notes!

Check out the following poem from Haynes’ book “Grace Notes”:

Mess

I met you at the corner of indecision

What a lovely night you bring unto me. 217 more words

Poetry

Katie's Yoga

Katie has been teaching yoga full-time since 1997. She currently offers private yoga classes for groups or individuals.  Students who take private yoga classes benefit by learning at their own pace, in a private and comfortable setting and having questions answered. 229 more words

Katie