Tags » Keyword » Page 2

0966:性犯罪抑止に関する罰・・・

比較的安心安全といわれている日本・・・件数は少ないとはいえ、ありとあらゆる犯罪が発生している事実は、特に他の地域と変わらない・・・

治安維持には何が効果的か?
こんな事は、それぞれの専門化が検討・研究・実施等をすれば良いのだろうけれども、では素人は無関心で良いのか?というと、実際は、素人も十分に関心を向ける必要があるのかと。
というのも、被害・加害の側になるのは、専門化も素人も関係が無いとは思うからだ。

これは、有名な話ではあるけれども、訪日観光客の驚きの光景の一つに、”街の何気ない日常”が含まれているという。それは、強盗などに関して、比較的弱者と思われる未成年者や、女性等が、一人で出歩いている光景が驚きなのだという。

とある国では、年齢によって、外出時に保護者が付き添っていなければならないという法律?も存在する様だし、例えば、通学時などは、親が送り迎えを義務付けている場所もあるという。また、習慣として、一人で街を歩くという事が滅多に無いという地域もあるという。そんな地域は、出歩いている人は、犯罪者の可能性が高いとまで認識されていたりするらしい・・・。

そんな日常の習慣を生まれながらに身につけている国の人々からしたら、日本の安心安全の風景は、実に驚愕の風景なのだという。
観光地に代表される風光明媚な風景は、どこの国でも同じく美しく、文化的に興味深く、美味しく、オリジナリティーに溢れているのだけれども、日本の安心安全のそれらは、ちょっと他の国には真似出来ない面白さ?があるのだという。(にしても、最近は、ガラガラと崩れてはいる様だけれども)

安心安全を喧伝する事は、いまや日本のお家芸?として認められたとはいえ、その背景には、強烈な法統治?がある程度成功しているからという事なのだろうかと。そこには、犯罪への”罪と罰”的な非常に複雑な機構があって、それらが功を奏している?為に、初めて運営が成立したりするのだろうかと。
しかし、治安に懸念がある国に於いては、地域規模で無くて、国家規模で、それらの機構が破綻しているのだという。

安定的社会生活を営む上でのある程度の相互規定は、その地域独自の物も含めれば、非常に多岐に渡るのだろうけれども、その中でも、犯罪に対する抑止力としての罰の設定に関して、概念?では無く、物理的な体罰に訴えるという傾向が、地域特性として現れていたりする場合がある。

ある国では、刑罰の中に、”鞭打ち”といのがあるのだろうし、強盗に関しては、その犯罪に使われた手?とか、性犯罪に関しては、性犯罪に使われた身体の機能の物理的排除?が行われたりするらしい・・・。
その様なおおよそ法治国家としての議論を避けられない様な罰則体系に関して、とある国では平然と実施されているという事実が、人間の発展系譜に関して、一体何を指し示しているかはわからないけれども、犯罪の予防という点に関して、より効果的な対策があるならば、それはそれで容認されて然るべきなのだろうかと・・・思ったり、思わなかったり・・・。

いや・・・やっぱ、体罰は、抑止力的に、本当に意味あんのかな~?って・・・。

人間性

0964:そばに居てくれるだけで、ありがとう・・・

実際は、悪くは無いんです。むしろ、絶賛に賞賛される筈の態度なんです。

歌や、小説、カウンセリングとかの現場でも散々に美談的に捉えられている、”傍に寄り添う”っていう表現方法なのだけれども、”会話とコミュニケーション”という周辺事情を無為に掘り下げてみると、ちょっとした見解もあっても良いのかも知れないのかと。

というのも、人と人がコミュニケーションするというのは、何も言語的コミュニケーションに限った事ではなくって、ジェスチャーであったり、目配せであったり、絶妙な間であったり、何かしらの配慮であったりと、実にありとあらゆる事が、コミュニケーションという言葉の中に包含されているのだろうかと。

では、会話はどうか・・・ちょっとゴリ押しかも知れないけれども、良い意味でも、悪い意味でも、話の流れと、言語的整合性?が整っていれば、それは会話に含めても良いのでは無かろうかと。
だとすると、コミュニケーションは、人と人の心の交流や交感みたいな物であって、会話っていうのは、むしろ手段に近いのでは無かろうかと。(?)

どっちが良い悪いという言葉の語彙を精査しているのでは毛頭無くって、人が人をして、何かしらのやり取りをする際に、ビジネスライク的な印象のキャッチボールと、心象的なキャッチボールを比較した際に、外見は似ているけれども、その結果的な部分に関しては、雲泥の差があったりするのでは無かろうかと。

また、それらを意識すると、しないとでは、もしかしたら、ボタンを掛け違ってしまった様な、一見、正常にみえるけれども、詳細を注視してみると・・・あっ、ちょっと異なっているっていう様な事になって来るのだろうかと。(まあ、微細な思い込みなのかも知れないけれども)

とはいえ、人間の心っていうのは、超精細な部分にまで、実に多様な反応を示す能力があって、だからこそ激しく傷つき、回復しゆくものなのだろうかと思うのだけれども、もし、そららの機微?を考慮する余裕があったのならば、普段より少しだけ意識してみても良いのかと思ってみたりしたり。

:って、何を?
だから、会話とコミュニケーションの違いとか・・・
:どういうこと?
いや・・・上記に説明したつもりなんだけれども・・・。

Keyword

0963:ぎっくり腰と身体反応・・・

痛って・・・

対処法として、安静にする方法と、動かした方が良い場合とが在るらしく、昨今は、可能な限り動かしましょうが、定説となり始めている。

”ぎっくり腰=魔女の一撃”って表現されるらしい。(実に、恐ろしい)

これといって思い当たる節がなかったり、そういえば、無理な体勢を取ってしまったり・・・。
いずれにしても、それこそ想定外に襲ってくる”ぎっくり腰”。これってのは、罹患してみないと説明が出来ない類の状況であって、また外傷と異なり、第三者には実に伝わり難い症状だったりする。

しかしである。本人にとっては、実に”冷や汗”ものの、一大事であり、呼吸も困難になる程の痛みだったりもする。当然、まったく動けない・・・。急に、襲ってくるのである。

過去に数回経験がある場合は、何とか比較的冷静で居られるのかも知れないけれども、初めての場合は、もう何がなんだか分からないし、混乱してしまうのみなのだろかと思う。

<対処法あれこれ>
※すべて自己責任で。
回復過程で、自然治癒の一環なのか、腰周りがガチガチに硬直している場合がある。これって、怪我の回復の過程と似ているのかしら?何かの保護成分が分泌されていたりするのも・・・。なので、マッサージ的な事で、解消して良いのものかどうだかを判断し兼ねる場合がある。

・安静にする。
・痛みに慣れて来たら、実にゆっくりと腰を起こしてみる→多少の痛みを感じる程度の反らす気味まで。(ぎっくり腰になったら、大抵腰を曲げた状態で過ごしていると思われる)その時、可動領域が極端に狭くなっているとは思うけれども、ゆっくりとなら、結構反らす事が出来なくも無い場合がある。注意:実にゆっくりと。骨折したら一大事なので、程ほどに。
・前後左右に反らす事が可能なら、一日に数回程度、その簡易的な体操?を試みる。パートナーがいれば、付き合ってもらう。(※反らした時点で動けなくなる場合もある為)

Q:コルセットは必要か?
A:医師に相談・・・

コルセット。三種の神器的に、これまでは、すぐに装着していたけれども、どうやら回復(自然治癒)が遅れる傾向にあるっぽい。
素人判断は実に危険なので、お金と時間にゆとりがある人は、すぐさまシータクで、最寄のクリニックへ。

回復したら、日頃のメンテナンスとして、減量と筋力の回復を意識する。

Keyword

Rube Goldberg Keyword Analysis Part 1

The matter of simplicity in analytics begs the question, what is simplicity? Is simplicity the act of writing simple code that is easy to read and performs a task in a simple manner? 1,429 more words

ACL

0962:DVは自傷行為かも・・・

詳細は専門書を参照してちょ・・・。

とはいえ、家庭内暴力に関しては、加害者と被害者という明確な区別が可能であるからして、それを”自傷行為”(一人称?)と表現されても、何の事やら・・・っていう見解の方が多いのかも知れないけれども。

例えば、家庭内暴力(最近増加傾向?)の事例として、何故に一緒に暮らす家族等に危害を加えるかについてだけれども、最有力な説得力としては、他責的な理由による、不平・不満・不安の捌け口としての共依存的な何か・・・と想像し得るのかも知れない。
しかし、それらの説得力が、必ずしも、全ての事例に当て嵌まるとは言い切れ無いという場合もあるのかも知れないのかと。

例えば、その家族という存在が、本人の身体感覚としては、本人の身体感覚と同一視していた場合、他人ではあるけれども、自傷の感覚に近いという、ちょっと分かり難い事になっている場合も在るのでは無かろうかと。

いわゆる自傷行為は、本人の身体を傷つける事に他ならないのだけれども、上記の様な同一視が起きている場合は、例え、肉体的には離れていても、家族の構成者に攻撃を仕掛けるという事は、その行為の根底に同一視が認められる場合は、本人が自覚しているかは分からないけれども、自身を傷つけているという自傷行為とも言えなくも無いっていうのかも知れないと、ふと思ったりもしたり・・・。

で、予防策と、対処法は?
分からないけれども・・・。(えぇ~)

カウンセリング的な

After we are words and come to pass

Memorize 60000 words of Paradise Lost.
Face evil head on, a storm on black sky.

We justify possible ways of God to men.
We find romantic ways of black storms. 32 more words

Keyword

Orange

Orange dusk is cow dust returning.
Sunsets oversee our all-time dying.
Their orange is the monk awaiting
By the snow  white hills, in niches.

Everything must break to be dust. 13 more words

Keyword