Tags » Keyword » Page 2

New Internet Income 2.0--Lesson #12: Staying Current With The Search Engines

We continue with our revised course with Internet Income 2.0, Lesson #12: Staying Current With The Search Engines. Course author, George Little, discusses how to stay current with updates and other recent announcements from search engines and why staying up to date on search engine technology is essential to your online business success. 83 more words

Affiliate Center

KeywordTapp Software Review – Best Keyword Software To Grab Thousands Of Real Buyer Keywords From Google, Bing, Yahoo, Youtube, Ebay, ClickBank and Amazon Marketplace databases

KeywordTapp Software – Best Keyword  Software To Grab Thousands Of Real Buyer Keywords From Google, Bing, Yahoo, Youtube, Ebay, ClickBank and Amazon Marketplace databases

KeywordTapp… 1,138 more words

JVZOO

Rush Hour Keyword Research Review How To Research Buyer Keywords - YouTube


Rush Hour Keyword Research Review will show you how to research and find buyer keywords. http://seopressor.info/rushhourtraffic Keyword research is the most …
http://youtu.be/qBFeIk60fpY

Maximizing Keyword Search


Need tips on how to maximize keyword search? Learn 10 tips from this site! Visit the page!
http://valleysocialmedia.com/top-10-keyword-research-tips/

0585:ハラスメントとか

あらゆる場面で、様々なハラスメントが行われている訳だけれど、一体何を目指しているのかなって。

ざっくり括ると、差別という事なのかと思うけれども、そういった類の物は、往々にして甲乙双方にメリットは無いのではなかろうかと。割りに合わないんじゃなかろうかと。(詳細はしらんけど)

最近は、派遣労働の場面での事例とかが盛んに取り上げられている訳だけれど、そこに従事しているのは人間であって、人間である以上、様々な諸事情が折り重なっている訳で、そこにこそ、いわゆる醍醐味的な物が含まれている様な気がするのだけれど、それっていうのは、やはり現場に遭遇しなければ分からない物なのだろうか・・・。

人間の諸事情を解決してゆくのが、お仕事の重要な目標だとしたら、当然従業員の諸事情も解決してゆくのが、事業者や社会のあるべき姿の様な気がする。それを留保したままで、数字だけを追い求めるのであれば、それはプログラムに任せれば良いだけであって、人間の従事する環境には無いのではなかろうかと。

チームとしての効率を考えた際に、一人の非効率は全体に波及する訳だけれど、それっていうのも事業の業績を長い眼で見ると、そこには必ず山あり谷ありであるはずで、せっかく奇跡的なマッチングにより従事した従業員を、些細な不具合で窓際に追いやってしまうのは、一体何の為の仕事をしているのだろうかと不思議でならない。(理想論か・・・)そうなってしまっては、双方にとっての不幸が重なるだけではなかろうかと。

誰もかれもが理想的に優秀では無いのは間違いないのだから、それを寛容的に擁護するぐらいの懐の深さがあっても良さそうなものだけれども、場所によっては、まったくそれらとは正反対の現実があったりするらしい。

体調が良い時も悪い時もある訳で、個々人の事情にいちいち対処していける訳ではないのは、誰もが認める事だとは思うけれども、やはりそこには人の大切な人生が掛かっている訳なので、あとちょっとだけゆとりを含んでも良かろうなものかと思ったりもする。

でも、やはり無遅刻無欠席無欠勤で優秀な人材が重宝されるのは間違いないのだけれど、本当に現場を混乱させるだけの場合を除き、人の営みに類するものは、どうにか全体でカバーし合える方策を配慮しても良いと思う。そんな取り組みを続けていくうちに、グラフでは現れないけれど、その企業の価値というか、QOL的なものがあがってくれば、短期的な業績だけではなく、長期的な体力を確保する事につながる様な気もしないでもない。実は、これも業績と共に重要な要素なのではなかろうかと。

バックアップシステムを常態に於いて用意しておいて、不測の事態に何とか対応してゆく備えを、個人の感性から、事業所、社会全体にまで保つことはどうやったら実現するのか。
そんな取り組みを続けることで、無関心からくる様々な不必要な障害を払拭する事が出来るのでは無かろうかと思ったりしたり。

続く・・・。

プロフェッショナル

Jaringan Kata Hashtag #Indonesia di Flickr

Kalau kita melihat hashtag #Indonesia, kira kira keyword apa yang terhubung dengan hashtag tersebut. Dalam konteks galeri foto online, maka foto foto yang diupload dan diberikan hashtag #Indonesia biasanya disertai dengan hashtag keyword keyword lainnya. 150 more words

Teknologi

0582:胸腺(Thymus)の不思議(いい加減)

いや、よく知らんけど・・・。

どうやら、成長に伴って、脂肪に変わっていく組織らしい・・・。
何だかシーズン助っ人選手みたいだなって。(ん?)

その何が不思議っていうか、その相互の連携は驚愕の一言に尽きるって事。
受精して、細胞分裂して、様々な進化の歴史を経て、人体に成長するみたいなのだけれど、身体を構成している組織に無駄な部分は、一切無いって事なので、各方面の重要な組織達のどれをとっても身体の成長には不可欠って事らしい。そして実際その通りなのだけれど(盲腸だって必要らしい?)、だから、身体の組織の一部始終を、一生共に生きていくっていう認識だったのだけれど、この胸腺という組織は、その人の一生と運命を共にする訳ではなく、役目を終えたら傍観(沈黙)しているという様な態度らしい。

そんな組織が成長過程では必要不可欠で、散々サポートしたら、その後は知らん振りっていうのも、何だか厳しい師匠みたいな感じで、大変お世話になりましたっていうか、感謝しても良いかもって。(内臓の組織に感謝するっていう珍しい感覚)
あ、そういえば、性徴期とかも、必要な時期だけホルモン的な何かが分泌されるらしいのだけれど、その何だか時限の活動っていう、そんな器用な事って、どうなって実現しているのかなって。ゴーの指令とスットプの指令って、どうやってわかってんのかなって。本当に、人体って言うのは驚きの統合システムだなって。

その性徴期のシステムの場合は、何だか、人体成長のの最後の大きな障壁っていうか、イベントっていうか、力業っていうイメージがあるんだけれど、胸腺の場合は、それを過ぎても活動していて、結構後になってから、傍観に入るらしい。しかも、なんとなく存在はしているけれど、他の器官に比べてエネルギーも求めないし、しかも体質もまったく変えちゃうっていうんだから、もう忍者か!って。
そう言えば、その他の変化も色々あるらしい・・・。
たとえば、更年期障害とか、閉経とか・・・。男性に特有のは・・・。禿げるとか・・・?(ぐぬぬ)

とにかく、さらっと聞きかじった内容なのだけれど、とても驚いたから備忘録。

一応、気をつけているつもり(Healthcare)