Tags » My Works

Polytonality?

One goal I set for myself for my new motets was to develop some form of approach to pitch material.

In Si el clima, I generally focussed on controlling the long-range trajectory of lines, but did not have any structural approach to the specific pitch or intervallic content. 984 more words

Music

FNSドリームカバー歌謡祭

2015年7月26日フジテレビ27時間テレビの中で行われた、「FNSドリームカバー歌謡祭」という番組にアレンジとピアノで参加しました。懐かしいテレビ番組主題歌やコミカルソングを一流アーティストが本気でカバーするという企画でしたので、編曲にもかなり気合が入りました。

曲目は以下の通りです。

「嘆きのボイン」:May J.
「ミラクルショッピング」:槇原敬之
「ああ人生に涙あり(水戸黄門)」:華原朋美
「銭形平次」:森山直太朗
「THE TAKECHANマン(タケちゃんマンの歌)」:秋川雅史
「およげたいやきくん」:クリスハート
「ゲゲゲの鬼太郎」:持田香織 with 武田真治(サックス)
「にっぽん昔ばなし」:Toshi
「ドリフの大爆笑」:和田アキ子
「チェインギャング」:中居正広 with 草彅剛(ギター)

このうち森山直太朗さんの「銭形平次」以外の楽曲について、アレンジとピアノを担当いたしました。(「銭形平次」は古川昌義さんの素晴らしいギターにお任せいたしました。)どの曲もかなり大胆に作り変えるアレンジでしたので、かなり難しかったですが、最終的にはどの曲も大変うまくまとまり、バンドの皆さんの素晴らしい演奏と、アーティストの皆さんの素晴らしいパフォーマンスで、楽しい番組に仕上がったのではないかと思っております。May J.さんが歌われた「嘆きのボイン」は、番組終了後の反響が大きかったようで、私も大変嬉しく思います。写真は生放送終了後に森山直太朗さんの「銭形平次」でギターを弾いてくれた古川昌義氏と、バンドの方でギターを担当してくれた山崎淳氏と。二人とも20年以上のお付き合いとなる、素晴らしいギタリストです。そして私を含め3人ともソリッドフォースの所属ミュージシャンです。

Music

Need Someone

Dustin stared at his phone on the table. The text message was still open.

Dustin: Hey, I heard you’re in town

Parker: Yes, why?

Dustin: Can you meet me at Bobby’s? 837 more words

Writing

चिनियाँ ब्राण्डेड स्मार्टफोनको बढ्दो ख्याती

केही वर्ष अघिसम्म उत्कृष्ट र सबैभन्दा धेरै बिक्ने दशमा कुनै पनि चिनियाँ स्मार्टफोनको नाम आउँदैनथ्यो । अहिले उत्कृष्ट ५ मध्ये ३ वटा चिनियाँ स्मार्टफोन नै छन् ।

My Works

थ्रीडी क्रेज

टुडीमा रमाइरहेको पुस्तालाई क्यामेरा, टेलिभिजन, मोबाइल फोन र सिनेमा हलको थ्रीडी सुविधाले मनोरञ्जनको नयाँ स्वाद पस्किरहेको छ ।

My Works

Baby Doll (A New Draft of An Old Piece of Coursework I Did A While Ago)

He sat opposite her at the dinner table, smiling and regaling her about his day. She smiled at him. “Tea?” She asked. She had a sweet voice that was unaffected by an accent. 1,204 more words

My Works

Christmas Away From Home

Darren dropped the small marker that came with the calendar. The sound echoed in his ears and his eyes widened as he saw the date on the calendar ‘December 25′. 683 more words

Writing