Tags » Opencompute

「ネットワーク界にLinux革命を起こす」米Cumulusの共同創業者 [ #cbajp ]

ネットワーク機器用のLinux OSを開発・提供する米Cumulus Networksが日本市場にも本格的に進出する。伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と販売代理店契約を結び、2014年2月13日から製品販売を開始した。Cumulusは、米Facebookが提唱するOpen Compute Project(OCP)や、OSS(Open Source Software、オープンソース・ソフトウェア)のクラウド構築用ソフトの「OpenStack」のコミュニティなどにも参加する。

http://it.impressbm.co.jp/e/2014/02/14/5527

Data Center

Linaro が OCP に参加 : それにより Linux on ARM in DC が加速していく! [ #cbajp ]

Linaro はオフィシャル・メンバーとして Open Compute Project (OCP) に参加し、このファンデーションに対して LAVA LMP (Linaro Multi-purpose probe) をコントリビュートする。Linaro(ARM® アーキテクチャのためのオープンソース・ソフトウェアを開発する非営利エンジニアリング組織)は、Open Compute Project(OCP)に参加することを、今日、発表した。この OCPとは、2011年に Facebook が立ち上げたイニシアチブであり、データセンターに関するテクノロジーを向上させ、環境への影響を軽減するものである。

https://wp.me/pwo1E-6Uh

Data Center

Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ! [ #cbajp ]

Summary: Status Updates と Wall Posts を Graph Search に取り込むという Facebook の判断は、ユーザーよっては素晴らしいことであり、また、不気味なものになるとも言えるが、テクノロジーの面から見ると、「 取るに足らない判断 」という類のものでは決してない。 実際のところ、この機能は、データベース·インフラに大きな負担をかけるのだ。Facebook の Graph Search 機能では、正しいデータを素早く見つ出すというサービスが必要となるが、それらのデータは、すでに兆の単位で数えるポストと 700 T Bytes 収容する、データベースから抽出されるものとなる。

https://wp.me/pwo1E-6U3

Storage

Quanta と OCP : Server/Storage/Switch/Rack などがデビュー! [ #cbajp ]

Open Compute Project (OCP) の先進的なデザイン・コンセプトに基づき、Quanta Computer は長年にわたり 、Facebook や Rackspace のためにサーバーを構築してきた。そして、今日、Quanta QCT は、幅広い顧客層に対して提供が可能な、Open Compute ハードウェア・プロダクツのラインナップを立ち上げた。Quanta QCT(Quanta Cloud Technology の略)は、Tairan ベースの Quanta Computer における、米国ビジネス・ユニットであり、Rackgo X ブランドの下で、OCPに対応するサーバー/ストレージ/ネットワークなどのギアを販売している。 6 more words

Data Center

OCP の Rack Solution : Quanta QCT が Intel Dev Forum で発表! [ #cbajp ]

今週に San Francisco で開催される、Intel Developer Forum(IDF’13)の参加者は、最近になって Quanta QCT から発表された、Open Compute(OCP)におけるラックとマイクロ・サーバーという、新しいソリューションのデモを見ることができる。 それらのプロタクトは、コンピューティング/ストレー/スイッチといった、その他のソリューションと協調するものとなる。 そして、一連のソリューションは、HPC(High Performance Computing)および、クラウド対応データセンター、ハイパースケールなデータセンターという、顧客が望むセグメントのニーズに合わせて、同社が特別にデザインしたものとなっている。

https://wp.me/pwo1E-6Eb

Data Center

「クラウド時代に合ったハードを」、サーバー新仕様策定進む [ #cbajp ]

サーバーなどハードウエアの設計図や仕様のオープンソース化を推進する団体、米オープン・コンピュート・プロジェクト(OCP)が2013年5月27日、東京都内で開発者向けのイベント「Open Compute Project Engineering Workshop」を開催した(写真1)。OCPを主導する米フェイスブックのエンジニアなどが来日し、サーバーラックの新仕様などを説明した。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2802G_Y3A520C1000000/

OpenCompute

Intel の Open Compote にかける意気込みがスゴイ : 100G Photonics で Disaggregate だ! [ #cbajp ]

Intel は、より効率よいアーキテクチャにより、従来型のサーバー・ラックをリプレースしようとしている。それは、個々のコンポーネントとして、CPU および、ストレージ、電源、ネットワークなどのリソースを分離し、 必要に応じて差し替えが可能になるというものだ。電力と冷却の供給は、各サーバーごとに個別の電源を持つという方式に替えて、それぞれの CPU 間で共有されることになる。つまり、サーバーおよび、メモリ、ネットワーク、ストレージといったリソースは、すべてがディスアグリゲートされ、また、ラックを縦断するかたちで共有されるだろう。

https://wp.me/pwo1E-697

Data Center