Tags » Recollection

dreams of flying and escapism

I just realized that I haven’t had a flying dream, or a falling dream, in quite a long time. A Huffington post article (http://www.huffingtonpost.com/2011/07/13/dreams-about-flying_n_891625.html… 457 more words

Quietly

The afternoon was bright. A wind blew through the low hanging willows, making its stringy branches sway like an aging dancer. The driveway leading to the main building looked like something out of a Thomas Harris novel, its gates foreboding and intricate. 412 more words

General Writing

Recollection-001

私の容姿コンプレックスを形成したのは、私の家族だった。
彫りの深い顔立ちをしている父親に似なかったため、同居の家族に、それを責められ、貶められ続けた。
それは、私が、言葉というものを理解する前から始まっていた。

背が高く、浅黒い肌をした私は、可愛げがないともいわれた。
それは刷り込まれ、実際に私は、可愛げのない子どもになった。
笑わない子どもになった。
友だちなんて作らなかった。
一人で本を読むか、弟の面倒を見るのが、私の遊ぶ時間の過ごし方だった。

発育の良かった私は、小学生の時に、教師から、性的虐待を受けた。
そこで、私は、容姿だけではなく、女性という性へのコンプレックスも、追加された。
それから小学校の卒業まで、私は男装をして、自分の性を否定した。

自分というものに全く自信を持てなくなった時、私はまだ10歳だった。

Recollection

The Sea, The Fog, The Nostalgia.

I came across these old photos that I had taken back in the early 1980′s:

Fog coming down over the fields

The fog, the sea, the nostalgia! 238 more words

Life In General

Never again

There are things in our lives that we often regretted doing, actions that we wished we could erase from our memories. Then there are things that we’ve done that we would rather not do again. 471 more words

Top 10

Tornadoes, Fatigue, and Self-Reflection

*

The feeling is such of the heart as a fractured battery, as if I were some toy robot imbued with sentience, and then even more cruelly, sapience, just as he’d been dropped, jarring a fracture across his lithium power source.  691 more words