Tags » Seminar

Notes of Viktor Schroeder’s second informal Cambridge lecture 23-05-2017

Moebius structures on boundaries, II

1. Ptolemaic Moebius structures

Recall that a Moebius structure is Ptolemaic if cross-ratios satisfy the Ptolemaic inequality,

This means that takes its values in the triangle with vertices at the extra points . 417 more words

Seminar

Miniseminar om energi på UiS 8. juni

8. juni inviterer Stavangerregionens Europakontor, i samarbeid med Universitetet i Stavanger (UiS), til miniseminar om EUs energiunion og den såkalte Vinterpakken, som ble lansert 30. 117 more words

Prosjekt Og Læring

Notes of Nicolas Matte Bon’s Cambridge lecture 23-05-2017

Uniformly recurrent subgroups and rigidity of non-free minimal actions

Joint work with A. Le Boudec and T. Tsankov.

1. The Chabauty space of a group… 726 more words

Seminar

Notes of Erik Guentner’s Cambridge lecture 23-05-2017

Affine actions, cohomology and hyperbolicity

When can a group act properly on a Hilbert space or an space? I start from scratch.

1. Affine actions… 428 more words

Seminar

Ciptakan Ruang Kerja Nyaman Di Rumah

Siapa para mommy yang bekerja di rumah?, pasti kita ingin kan memiliki ruang kerja nyaman di rumah yang meningkatkan produktivitas.

Kali ini saya berkesempatan mengikuti kegiatan yang diadakan oleh Productive Mamas “Creating A Happy Home Office” 295 more words

Seminar

Read Nashik Read !

        Reading is an integral activity of our life. Reading is learning, it understanding, it is educating, it is making things easier for us. In a way it is an essence of our life. 454 more words

Education

UML無料セミナー報告:2017年4月26日、5月10日 チェンジビジョン@秋葉原『実装に活かせるモデル図の使い方~知っているのにUMLを使えていない方へ~』

本年も、弊社コンサルタント久保秋によるUML無料セミナーを開催させて頂きましたのでご報告させて頂きます。またご参加頂きました皆様のご好意によりセミナーに関するご感想も紹介させて頂きます。
ありがたいことにセミナーの告知を開始後すぐに定員を大幅に超える方々にご応募頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。
今回ご参加頂けなかった皆様には、8月以降に同様のセミナーを企画しています。応募が締め切られた為参加できなかった皆様、この記事を読んで久保秋のセミナーに興味を持って頂いた皆様は、今後のセミナーでのご参加をお待ちしております。

UMLセミナー開催概要

日時:第1回:2017年4月26日(水)13:30-18:00頃(12名)
第2回:2017年5月10日(水)13:30-18:00頃(15名)
※5月10日分は応募キャンセル待ちの方を対象とした追加開催です。

タイトル

『実装に活かせるモデル図の使い方~知っているのにUMLを使えていない方へ~』
モデルとプログラムコードを結びつける技術が、デキるプログラマの技ではなく、誰もが使えるルールもしくは利用技術であること知り、ワークショップを通して体感して頂けるような構成となっております。


3〜4人一組でグループを作り、LEGO® MINDSTORM®用のプログラムコードをもとに、構造図、振る舞い図を抽出して元のコードを改善するワークショップを体験して頂きます。

モデルは、模造紙とポストイット、ペンを使って作成します。弊社製品astah*は使用しません!これは、astah*の操作を覚えることに時間を割かず、「モデルを考えること」に注力して頂くという意図がある為です。

2、3回休憩を挟みながら、コードと設計モデルを連携させる5つの演習をグループ一丸で取り組んで頂きます。 途中で席を離れ、別グループのモデルを観察しながらのディスカッションが行われたり、休憩中やセミナー終了後にそれぞれの職場での課題やモデル普及に対して意見交換が行われ、2開催とも終始活気溢れるワークショップとなりました。また、演習の終了後には、参加者の皆さまより、モデルに関する様々なご質問を頂きました。

このセミナーに対してのアンケート

セミナー終了後に回答頂いたアンケートを一部公開します。
同じような課題をお持ちの方は是非次回のセミナーへのご参加をお待ちしております。

(その他)
・ステレオタイプがちっとも理解できない。いつも何を書くべきか迷う
・モデリングにチャレンジする若手技術者が育たない(社内教育の参考として受講) 23 more words

Announcement