Tags » Test Drives

Top Gear 05-07: Ford Mustang

今回リチャードが試乗するのは、かつて BBC に寄せたコラムで「自分の両手よりも愛してる」と表現したことがあるほど大好きなマッスルカー Ford Mustang の新型。かなりゴロッとした重そうなルックスですが、走りはどんな感じなのでしょうか。

ロードムービー風のレビューが似合いそう、というわけで、英国内で最長の直線道路 A15 を走ることに。でも、リチャードにはひとつ気がかりなことが。それは… アメリカのクルマが苦手な急カーブ。これはもう Top Gear のお約束ですが、毎回それを指摘するリチャードが面白くてついつい「プフッ」と笑ってしまいます。

以前 Dodge Charger のレビューでもリチャードが言っていたように、若くして潔く散った Charger などのマッスルカーとは違って Mustang は現代まで生き残ったけれど、近年はカリスマ性のあるブランド名だけで売れてきたという一面を否定することは難しいようです。

今回のモデルは、搭載エンジンの割には馬力が小さい、時速100kmまでの加速が遅い、リアにライブアクスルを採用したために後輪の動きが悪い… などの欠点があるものの、かつての Mustang に宿っていた精神を取り戻したかのようなドラマチックな存在感、マッスルカーらしい見ごたえのある走りやノイズといった魅力もあり、リチャードは「走れば走るほどに魅せられるクルマ」と評しました。

Test Drives

Top Gear 05-05: Morgan Aero 8 GTN

今回リチャードが試乗するのは Morgan Aero 8 GTN。1940年代からタイムスリップしてきたかのような古風な外観からは想像もつかないほどパワフルな走りを見せるスポーツカーです。

BMW 4.6L V8 エンジンを搭載。車重 1トン当たり 330 馬力という数字は Ferrari 575 や Porsche 911 GT3 をも上回るもの。

内装に使われた木材や金属はすべて本物。安っぽいプラスチックを嫌うリチャードにはぴったり。

さらなる魅力は V8エンジンが生み出す力強いノイズ。リチャードは「何日も耳に残って僕を笑顔にしてくれそうだ」と大興奮の様子です。

雨でずぶ濡れになったトラックの上を自由自在に走り回るリチャード。このクルマの魅力をすっかり堪能できたようです。

このレビューを初めて見た日はちょっと疲れていたせいか、真ん中が凹んだ独特のルックスに衝撃を受けてポカーンとしてしまい、せっかくのリチャードの解説がほとんど耳に入ってこなかったのは内緒です。

Test Drives

The New Range Rover Velar R-Dynamic HSE D300 - Pt1

Back in March of this year, Jaguar Land Rover unveiled its latest addition to an ever-expanding SUV range. The new Range Rover Velar. Named after the original name of the Range Rover Classic prototype, the Velar is now the fourth member of the Range Rover family, sitting nicely between the shorter wheel-based Evoque and the “baby Range Rover” RR Sport. 853 more words

Top Gear 05-04: Pagani Zonda Roadster

今回、リチャードは憧れの存在であるスーパーカー Pagani Zonda のロードスターに試乗します。南仏からアルプスの麓までを駆け抜けながらのレビューは、期待・興奮・陶酔・緊張… さまざまな感情が詰まった傑作になりました。

ソフトトップのクルマ (いわゆるオープンカー) は、剛性不足をカバーするための補強材が多く使われるため、ベースを同じくするハードトップと比べると 100kg 近くも重くなると同時にパフォーマンスも低下するのが一般的。ところが Pagani Zonda Roadster はハードトップから 30kg しか増量しておらず、例えば Lamborghini Murcielago Roadsterと比べた場合には 300kg 近くも軽量に仕上がっている、と早速リチャードが興奮した様子で解説。

そして、ダイレクトに耳に伝わる V12 エンジンの豪快な音もリチャードを魅了します。トンネルで思う存分アクセルを踏み込んで音色に酔いしれるリチャードが「家を売って、このクルマを買って、トンネルの中で暮らしたい」「ダークサイドへようこそ!」と口走る場面は永久保存版。ありとあらゆるクルマに乗ってきたリチャードに「人生観が変わって、新しい人間になりそうだ」とまで言わせる Zonda の底知れぬパワーを想像すると鳥肌が立ちます。 16 more words

Test Drives

As One Door Closes...

It’s been a while since I posted anything new on the site, and I can only apologise for the radio silence. One reason for this is because I have been away for a bit visiting my parents over in Spain for a little much-needed R and R. 574 more words

Top Gear 05-02: Ford Focus

過去6年にわたってハッチバック市場を制してきた (2004年放送当時) Ford Focus の新型が発売直前ということで、もともと Focus 好きを公言しているリチャードが今回も楽しそうにレビューしてくれます。

「コレ新車なんだ」とわざわざ説明しなければならないほど地味で単調な外観はさておき、インテリアにはこだわりと魅力が感じられます。上質感のあるプラスチックを使用したダッシュボード、しっかりした感触を持つレバーやボタン… 内装にやかましいリチャードも納得の表情です。

三人座っても余裕を感じられそうな広い後部座席、他社のハッチバックでは考えられないほどの収納力を持つ大きなトランクも Focus に魅力を添えます。

Focus の十八番であるシャープな操作性には一層の磨きがかかり 「Vauxhall Astra や Volkswagen Golf は足元にも及ばないよ」 と非常に高い評価を下したリチャード。旧型よりも洗練されて大人っぽく進化しつつ、今までと何ら変わらない走る楽しさを保つことに成功した Focus は、家族向けハッチバックとして最高の一台と言えそうです。

「ありふれた日常の朝、いつもの駅までいつもの道を運転するのに、これほど笑顔にさせてくれるクルマはないね」と賛辞を贈り、優しい表情で試乗するリチャードがとても素敵でした。

Test Drives

Top Gear 04-10: Chevrolet Corvette

今回リチャードが試乗したのは、米国産スポーツカーの頂点に位置する Chevrolet Corvette。欧州にはリチャードが愛して止まない Porsche 911 という強力なライバルがいますが、さて Corvette の評価はいかに?

Test Drives