Tags » Tumpat

パンタイ・スリ・トゥージュー Pantai Sri Tujuh

パンタイ・スリ・トゥージューはプンカラン・クボールの近くだが、プンカラン・クボールからのバスはないようで、もし行くならタクシーになる。

コタバルの市内バスステーションからトゥンパTumpatへ行くバスに乗り、運転手に頼んでパンタイ・スリ・トゥージュー・リゾートの前で降ろしてもらうのが一番安上がりな方法だと思う。

パンタイ・スリ・トゥージューは公営(クランタン州政府?)のビーチリゾートで、一番安いシャレーが現在は税込み106リンギ。

午前11時半頃、コタバルのAzamホテルをチェックアウト。Tunpatに行く43番のバスは待機していた。ただなかなか出発しない。12時10分過ぎにようやく出発。43番のバスはオンボロで小さい。

あちこちを回り、客を乗せたりおろしたりしながら一時間ぐらいかけてTumpatの町まで来る。その辺りでパンタイ・スリ・トゥージューへ行きたいと運転手に言って、運転手のすぐ後ろの席に座っていたが、止まってくれない。

結局、プンカラン・クボールPengkalan Kuborまで来てしまう。運転手は降りろと言い、エンジンをかけたまま何処かへ行ってしまった。

これでは話が違う。プンカラン・クボールへ行くのなら、27番のバスが快適で早い。ぜひともパンタイ・スリ・トゥージューまで行ってもらわなければならない。バスはエンジンをかけたままだから、しばらくすればコタバルへ戻るのだろう。とにかく、運転手を捜しに行く。

運転手がスタスタと歩いて行った方向に行ってみると、Transnationalの小さな事務所があった。入ってみると、礼拝所があり、運転手は礼拝の最中だった。そこにいた人に、自分はパンタイ・スリ・トゥージューへ行きたいのだというと、わかっている、バスの中で5分待て、というので、待つことにした。

30分ぐらいは待たされたが、思ったとおり、同じ道を戻っていき、今度はビーチリゾートの正門(?)前で止まってくれた。

ビーチまではまだしばらく歩かなければならない。シャレーがたくさん立ち並んでいる。数年前の面影はない。午後2時10分ぐらいになって、ようやく管理事務所を見つける。

一番安い部屋が106リンギだったので躊躇した。前に来た時は70リンギくらいだった。リンギも下がっているが円も安くなったのでレートはほとんど変わっていない。二晩だけ泊まることにしてチェックインした。安い部屋は週末は予約で埋まっている。これは数年前と同じ。

政府の施設であるせいか、「警察官立ち寄り所」になっていて、レセプション前のWi-Fiのあるロビーには警官たちが屯していることもある。極めて健全なリゾートだといえる。

浜の近くにあったフードコートはなくなっていた。砂浜は広い方である。ゴミが落ちていてあまりキレイではない。

http://kuantan.tumblr.com/post/127701064728

http://kuantan.tumblr.com/post/127701116253

私が泊まる部屋。

http://kuantan.tumblr.com/post/127701277908

旅行

Wat Machimmaram

Wat Machimmaram, Tumpat, Kelantan, Malaysia.
foto: 9 Jun 2015

Sifat keberagaman di negeri kelantan sudah wujud berdekad lamanya. Berkongsi citra keberagaman didalam satu negeri, saling berbeza agama tidak menjadi masalah bagi rakyat Kelantan. 61 more words