Tags » Wajima

山口浩美さん 氷菓文の器

輪島を訪れたときギャラリーで見かけて、すっかり魅了されてしまった、山口浩美さんのうつわ。

漆器、特に蒔絵の施された輪島塗というと、やはり特別な器というイメージがあった。豪華でかしこまった、贅沢なもの。でもその山口さんの漆器は、とてもモダンだった。蒔絵がとてもかわいらしくて、詩的な雰囲気が漂う。それまでそんな漆器を見たことがなかった。でも私にとってはぱっと手を出せる価格ではなかったので、ため息をついて眺めながら、そのときは諦めることに。

しかし帰宅してからもずっと、その器が頭から離れなかった。山口さんが東京の百貨店で個展を予定されているという噂を聞いて、めぼしい百貨店のサイトをたびたびチェック。数カ月越しで、漸く再会することができた。

張り切って初日に出かけたので、嬉しいことに山口さんともお話しすることができた。もうひとつ、とても素敵な盃(高台が付いた小皿)にも惹かれて、大いに迷う。山口さんにも色々とアドバイスして頂き、やはり最初に一目惚れした器に決定。

つたない写真であまり良さが伝わらないかもしれないが…。この器は「氷菓文」という、琥珀羹やパート・ド・フリュイのような砂糖菓子に着想を得た文様だそう。小さな四角形の蒔絵が宝石のようで、光の当たる角度で色や輝きが変わり見飽きることがない。螺鈿の貝材の違いだけではなく、裏に銀箔を貼ったりして、違いが出るようにしているとおっしゃっていた。

山口さんご自身から、器に込めた想いや使い方を教えていただけたのも良かった。後日、山口さんから素敵なお手紙もいただいて感激。

もとはデザートカップとして作られたものだそうなので、朝、ヨーグルトを食べるために毎日のように使っている。すぐに洗って拭きあげる余裕のある日に限るけど。

冒頭の写真は文様にちなんで、名古屋の花桔梗というお菓子屋さんの「シャンパン寒氷」という寒天菓子を合わせてみたもの。仙台の冬限定のお菓子「霜ばしら」を盛ってみたり。

器として使うときも、ただ置いてあるだけでも、目にするたびに幸せな気持ちになれる。そんなふうに思えるものってそうはない。ずっとずっと大事に使っていこうと思う。

Art

輪島「蔦屋漆器店」

ラトリエ・ドゥ・ノトのシェフにご紹介いただいて、「蔦屋漆器店」へ。何か塗り物は買って帰りたいと思っていたので、ワクワク。

モダンで温かみのある、素敵なギャラリー。建具まで漆塗りで、さすがだなあと感服する。

レストランの方たちもおっしゃってた通り、本当に気さくで素敵な奥さま。お店の商品をいろいろと見ながら、使い方も教えてくださった。「おなかはいっぱいでしょうから」とほおずきとお茶を出して下さって(もちろん漆器!)、粋なお心遣いに感激する。さまざまな漆器をふだんの食卓に用いておられる写真もたくさん見せていただいた。お話が楽しくて、ずいぶんと長居してしまったように思う。お椀1つだけしか買えなくて申し訳なかった…。

このお椀は「溜(ため)塗り」の器。赤でもない黒でもない茶でもない、奥行きのある微妙な色合いが気に入って選んだ。使い込むうちにだんだん色が変化するのだという。口径が少し広がっていることで、汁物が飲みやすいところも気に入っている。

今回知ったのが、作家さんのお店で漆器を買うとのちのち修理もしていただけるということ。「全く違う色に塗り直すこともできますよ」とご主人。

毎年冬には東京ドームで行われる催事にも出展されているそうなので、そちらにもうかがいたい。良い漆器を少しずつそろえていけたらいいな。

Tableware

輪島「ラトリエ・ドゥ・ノト」

輪島でおいしいレストランにも行こうと、大阪の「カランドリエ」出身のシェフのお店「ラトリエ・ドゥ・ノト」というフレンチを予約しておいた。これが本当に素晴らしかった! 今回の旅で一番印象的なレストラン。

写真の順番が滅茶苦茶なんだけど、左上と右下が前菜、左下がお魚のメイン、上中央がデザート、右上がお肉の後のソルベ。ほかにお肉料理など写真にないものもいくつか。お肉はソムリエさんの説明が一番おいしそうだった「小鳩のパートフィロ包み」にしたが、良い選択だった。後で聞いたらカランドリエのスペシャリテだそうな。

前菜からデザートまで手が込んだ料理ばかりで、どのお皿も非の打ち所がなく心から大満足! 食べるのに夢中で写真が良くないのだけど、盛り付けも器も本当にきれい。お肉料理のときに出てきた龍泉刃物のステーキナイフには見惚れてしまった。

そしてありえないくらいのコストパフォーマンス。輪島だからこそだなあ。

ソムリエさんがとても楽しい方で、ワインも自然派を中心にいろいろグラスで出して下さった。若いのにシェフについて大阪から単身輪島に出てきたそうで、関西人同士話に花が咲く。でもこのソムリエさん、そのうちフランスに修業に行かれるらしい。優秀そうだもの、先が楽しみですね。

デザートに使っておられた塗り物の大皿が見事でまた見惚れていると、「蔦屋さんという塗師さんのものですよ」と教えてくださった。「お店もすぐ近くでとても素敵なので、行ってみられたら」とあれよあれよという間にシェフ自ら蔦屋さんにお電話して下さった。博物館に行こうと思っていたのだけど、せっかくなので予定変更することに。

Travel

輪島 序

金沢から足を伸ばして、1泊だけ輪島へ。

いまのところ、金沢からはバスが第一選択になるよう。かつては電車もあったらしいけど、もう廃線になったそうなので。

輪島行きのバスはそう頻繁に出ているわけではないし、何より席を予約できないので、早めに金沢駅へ行ってバス停近くのスタバで待機。結果的にはそんなに混んでもいなかったのだけど。

4枚綴りの回数券が売っていたので、往復の2人分をこれでまかなう。

金沢から輪島までは約2時間! 途中きれいな海が見えるので、退屈はしなかった。

これは途中の休憩場所近くの「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」。砂浜を車で走れる日本唯一のビーチなのだそうな。(止まっているように見えるけど車が走ってます)

そもそも今回の金沢旅の計画中、1泊だけどこか近場へ行ってみようということになり、昔「あまから手帖」で見た民宿を目当てに輪島に行くことにしたのだった。料理自慢の民宿ということで選んだのだけど、ボリュームはともかく味はやっぱり宿の料理という感じ。しかし器が全部漆器だったのと、いしるの貝焼きやこんかいわし(いわしの糠漬け)など郷土料理がいろいろ食べられたのは良かった。

そしてNHKの「よみがえる超絶技巧 輪島塗・貝桶プロジェクトの2年」を観て、「石川県輪島漆芸美術館」で実物を観賞するのをとても楽しみにしていたのだけど…。展示では貝桶は閉じられていたので、一番観たかった貝桶の内側が観られず…。これは本当にショックだった。でも輪島塗のプロセスについて学べたのは良かったかもしれない。(と自分を慰めている。)

輪島はさすがに金沢のように混んではいなかった。外国人観光客も見かけない。完全なる車社会で、お店や博物館に歩いて行けるかどうかを地元の方に尋ねると「都会の人やったら歩けるかもしれんねえ」というお答えが何度か返ってきた。ちょっとした移動も車で行かれるそうな。

のんびりしていて、人が優しくて、海がきれい。また行きたいな。今度は飛行機で。

(輪島で見た老ねこちゃん)

Travel

金沢・輪島旅

もうすぐ金沢・輪島旅行。金沢は、関西にいたころはちょくちょく行っていたけれど、ずいぶん久しぶり。輪島へは初めてなので、とても楽しみ。

いつも旅行が決まったら、いろいろな本や雑誌、ネットで情報収集。今回買ったのはこの3冊。

農文協の「聞き書」シリーズは、大正の終わりから昭和の始めにかけての各地の食生活を現地の主婦に取材して聞き書きしたもの。季節ごとの行事やそのときに食べる料理、特産の食材、うつわなどが地域ごとにまとめてあって、食を通してその土地の暮らしがわかってとても面白い。このシリーズのことは最近知ったのだけれど、各都道府県別に出ているようだから、これから旅をするごとに少しずつ集めていこうと思う。

あとは輪島で漆器を入手したいなと思って、漆器の入門書と、おしゃれ金沢ガイド。身軽に出かけられるよう、気になるお店はどんどんEvernoteなどに保存しておかないと。

北陸新幹線も初めて。しかし横浜からだと新幹線は微妙に不便…。

Kanazawa

Where to Eat on the Upper East Side

ny.eater.com – Robert Sietsema

ver the last decade, we’ve been hearing persistent rumors of real estate refugees fleeing places like the East Village, Williamsburg, Park Slope, and even Bushwick for the Upper East Side, where the rents have lagged behind those in flashier neighborhoods. 1,873 more words

Restaurants