Tags » War

War Fanatics

Not very often, a moviegoer in the holy week of Eid, would be spoil for choice, given the captivating winds of Salman’s euphoria that blows from every corner of the town. 699 more words

Medieval War

Paul Watson Promotes Zionist Disinformation About Muslims and Free Speech - Non-Aligned Media

by Brandon martinez
via Non-Aligned Media
Aug 13, 2015

My critique of Paul Joseph Watson’s burgeoning neoconservatism and his Zionist disinformation about Muslims and the real culprits behind the war on free speech.

News

社会と情報 51: 戦った報道 8

< 1.山本権兵衛第、16・22代の内閣総理大臣 >

今日は、国民と報道が続けて腐敗した政権を引きずり降ろした状況を見ます。

そこでは大正デモクラシーが光りを放っていた。

 

勝手ながら10日間ほど、ブログを休ませていただきます。

 

< 2. シーメンス事件の風刺画 >

この時代

明治の終わりから大正にかけて、多くの馴染みのある文学や事典が出版され隆盛を迎えた。

文学作品では夏目漱石「吾輩は猫である」、石川啄木「一握の砂」、芥川龍之介「羅生門」、事典では三省堂「辞林」、丸善「ブリタニカ」、文庫では岩波文庫、新潮文庫などが発刊された。

まさに出版と報道が一体になって政治と社会に物言い、国民はそれを期待した時代だった。

政権はどうなっていたのだろうか

1901年からの内閣を見ると、桂(長州陸軍)、西園寺(公家)、桂、西園寺、桂と元老のお手盛りで首がすげ替えられていた。

前回、紹介した大正政変で桂内閣は総辞職したが、次いで政権を取ったのは山本(薩摩海軍)だった。

それは山本が護憲運動を訴え議会の過半数を制していた政友会を閣僚の椅子を餌に抱き込んだからだった。

これは前任者の陸軍増強から、軍艦建造による海軍増強に代わっただけで、むしろ国庫の圧迫は酷くなり、国民の望んだ減税は遠のくばかりだった。

< 3. 村田保、貴族議員、法制官僚 >

この時、事件が起きた

1914年1月、ロイター電が入った。

<japanese language

Queen Hippolyta - Prized Possession (part one)

As night fell, so did the rain. As thunder boomed across the black sky, so did the merciless pounding of war drums. Akiyama marched, hands tied behind his back and a blindfold wrapped around his eyes, toward the Forbidden Palace. 2,431 more words

Female Muscle

This photo shows a Syrian mother trying to hold her baby above the water

This photo shows a Syrian mother trying to hold her baby above the water, after the boat they were on sank in the Mediterranean.

According to the UN, the vast majority of refugees have fled from Syria, where an estimated 220,000 to more than 300,000 people have been killed during its appalling and escalating war. 310 more words

Wwsnews

Grandad’s WWII Diary - Pompey's Pillar 1943

In my Grandfather’s diary entry on Friday 30 April 1943, when we was on leave in Alexandria, he wrote of visiting Pompey’s Pillar in Alexandria.   94 more words

New Zealand